話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

追憶のピアニスト

望月海里

最終章


あれから25年。
私は、ジャズシンガーになった。今ではジャズバーの経営もしている。それなりにCDも出し、後輩の育成もしている。

あの楽譜は、私の卒業証書に挟んである。
久しぶりに、CDを買ってみた。

“西村真一、NY凱旋 Piano Live CD”
初期の作品を中心に演奏収録。Bonus Trackに幻の曲収録。

私は曲名を見て泣いた。

「At Shrine」「Bicycle ride」「Cofee Break」「innocent Girl」「Voice」「Secret Date」「The Girl Who  Sing Georgia 」「Can’t buy my soul」
*Bonus Truck「Thousand Waves〜千代の輝き〜」

「追憶のピアニスト」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く