話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

テイマーと錬金術の職業で冒険したい!

青空鰹

強化錬成の実験!

 マーヤさんがお客から受け取った弓の弦を張り直している作業を見つめていると、誰かが俺の頬を突いて来たのでそっちに顔を向けてみたら、ファニーちゃんが俺の顔の前で話したそうにしていた。

 「どうしたの?」

 「〜〜〜♪」

 「え? あれ試せない? …あれってもしかしてぇ……」

 ファニーちゃんが指をさした方向を見てみると、樽にボロそうな武器がいくつも入っていた。

 「うわぁ〜……見るからに中古品って感じがするなぁ〜」

 近付いてよく見てみると、武器を入れている樽に中古品と書かれた看板が飾ってあって、どの武器も使ってますよ感を出している。

 「そちらの中古品ですが刃は整えております。なので買ってすぐに使えるのですがぁ……他の箇所はそのままなので、ご購入される方に取り替えた方がいいですよ。とお伝えしております」

 ああ〜…確かに。剣に付けているつかつばが擦れてたり傷付いてたりしているなぁ〜。
 それでも通常で買えば2000レザぐらいの値段の剣が、中古の最安値で500レザで買えるのは悪くないと思う。……中古品だから壊れないって保証がないと思うけどさ。

 「でもそのことを気にせず買ってくれる人がいることだよな?」

 てかマーヤさんが弦の調整を終えてこっち来てるし。しかもルル達と戯れてた冒険者達も帰っちゃってた。

 「はい。新人の冒険者の方や鍛治の出来る方などが買われていきますよ」

 やっぱりそういった人達が買っていくのかぁ〜……。

 そんなことを思っていたら、ファニーちゃんが俺の髪を引っ張って来た。

 「どうしたんだ?」

 「〜〜〜♪」

 「れんせい……錬成? もしかして、新しいスキルを試す為に買っていこう。って言いたいのか?」

 「〜〜〜♪」

 カイリの言葉にファニーは「その通り!」と言いたそうな声を出した!

 「ああ〜、そういうことか!」

 新品を買って錬成を試すのも有りだ。でも失敗したら取り返しのつかないことになりかねない。だからその保険と試しとして中古品を買って錬成をやってみようってことね。

 「そうだな。買ってやってみるのも有りかもしれないな。とりあえず試しだから、安いヤツを買って試してみようか」

 プルンッ ︎

 プル太郎が「これは?」と言いたそうな感じで震えて触手を伸ばしていた。なのでその触手をさしているものを見てみると、刃の部分が研がれているが刀身に錆びが目立っていて鍔が傷だらけ、おまけにグリップ部分もボロッボロで毛羽立っていた。

 誰がどう見ても使えそうと思えない剣だな。

 「いや……流石にそこまでのはちょっとぉ……ねぇ?」

 50レザって値段は魅力的だけど錬成したら売るつもりだから、売り戻し拒否されるのが目に見えてるって!

 「キャンッ ︎」

 ルルが「別にいいじゃん! 試しだし!」と言いたそうな感じで吠えた。

 「う〜ん……」

 確かに試すだけだからな。

 「わかった! マーヤさん。これを下さい!」

 「えっ ︎ 本当に買うのですか?」

 「こんなオンボロを?」とも言いたそうな顔をしている。

 「まぁ言いたいことはわかりますよ。錬金術の練習用に買わせて下さい」

 「錬金術の練習用? ……カイリさんって、テイマーじゃないんですか?」

 「テイマーと錬金術師の2つの職を持ってるんですよ。それであの剣で錬金術」

 「なるほど! そういうことでしたか! 50レザになります!」

 「いらない物がやっと売れて清々した」と言いたそうな顔でマーヤさんが俺に手を差し伸べて来た。
 本当に売れなくて困ってたんだな。

 「……はい50レザ」

 「はい。確かに50レザ頂きました」

 カイリはお金と引き換えにオンボロ剣を受け取ると、ルル達を見つめる。

 「じゃあ早速試してみようか!」

 「キャンッ ︎」

 プルンッ ︎

 「〜〜〜♪」

 ルル達が「はぁ〜い!」賛同する声を聞いた後、キバネズミの牙を出してお店のカウンターに並べる。

 「ええっ ︎ ここでやられるのはちょっと……って、あれ? 錬金術に必要な道具は? …カイリさん? 聞いてますか? カイリさん?」

 カイリはそんなことを言っているマーヤを無視して、カイリは剣に手をかざす。

 「上手くいきますように……【錬成】!」

 錬成スキルを発動させ、剣が光に包まれる様子を見たマーヤは驚きの表情を浮かべる。

 「ええ〜っ ︎ これは一体何なんですかぁ ︎ 一体何が起こってるんですかぁ! ︎」

 カイリは目の前の光景に驚いているマーヤを無視して、魔力を注ぎ込むことだけに集中する。そして数十秒後には放っていた光が消えた。

 ……出来た!

 カウンターの上には素材に使ったキバネズミの牙が無くなり、真新しい1本の剣だけが置いてあった。

 「おおっ! これはスゲェッ ︎」

 剣に錆びが無くなってるし、鍔の傷が跡形も無くなってるし! しかも柄も擦れて毛羽立っていたのが新品のようになってるし! いいこと尽くしじゃんっ ︎  一応鑑定目で確認しておこう。

 カイリはそう思うと出来たばかりの剣を手に取り、鑑定目を使いステータスを確認する。

ーーーーーーーーーー

 名前 鉄の剣
 種類 長剣

ステータス
攻撃力 9(+2)

 スキルスロット
 ◯

 説明
 鉄を加工して作られた剣

 ーーーーーーーーーー

 ……うん。シンプルだ。とてもシンプルでどう反応していいのか、正直言ってわからん。でもスキルスロットって何だ?  教えてチュートリアルさん ︎

 説明。
 スキルスロットは道具に対して◯の数だけスキルを付与することが可能です。
 一例を上げれば【炎Lv1】のスキルを付与すれば剣から炎が出ます。
 【力Lv1】のスキルを付与すれば攻撃力が上がります。
 スキルの付いた素材を錬成すればスロットに入ります。そしてスキルの付け替えも可能ですが、錬成強化が10回超えた場合能力自体は上がらないので注意して下さい。

 なるほど。じゃあスキルの付け替えしたら、前に付けていたスキルが使えなくなるって認知でいいんだな。

 説明。
 付け替えをおこなったら、以前使用していたスキルは使用出来ません。なので同じスキルを持った素材を見つけて錬成して下さい。

 まだ何も言ってないのにチュートリアルさんが答えた! でも認知が合っててよかった!

 「しかし……問題が出たなぁ〜」

 「キャンッ ︎」

 ルルが「どうしたの?」と聞くのでカイリは顔を向けて話し始める。

 「いやぁ……ね。スキルスロットの付与も出来るみたいなんだけど、10回強化が出来るから10回強化をやり切ってからスキルスロットの付与をやった方がいいのか。それともいい素材を見つけたら、迷わず付与した方がいいのかなぁ? 何て思ってたりしてるんだ」

 スキル付与と一緒に強化出来ることは魅力的だ。でも強化値が低い素材だったら、強化途中で付与しようと思うか?
 下手したら、スキル付与と強化値+1の素材がある可能性があると思わないか?
 そんなのを10やり切ってないのに錬成したらと思うと、後悔するとしか思えない。仮に戻したいって思っても元に戻せないかもしれないし。

 「……キャンッ ︎」

 ルルが「その時に考えればいいじゃん!」と言いたそうに吠えた。

 「……そうだな。その時に考えればいいか」

 カイリはそう言うとルルの頭を撫でた。

 プルンッ ︎

 「……え? 使う? …もしかして、この剣を使わないのか聞いてるのか?」

 プルンッ ︎

 「ああ〜…………」

 そうだよな。ルルは狼だから使えそうにないし、プル太郎に至っては、掴めそうだけどスキルがないから使えない。
 ファニーちゃんに至っては剣とのサイズ差があり過ぎて使えないもんな。

 「俺は銃が主体だから持ってても意味がないよな。いっそのこと売るかなぁ〜?」

 「「買いますっ ︎」」

 もの凄い形相で言って来るベルス達にカイリはとても驚いた表情を浮かべるのであった。

 てかベルスさん。いつの間にここに来たんだ?

 そしてそう思うカイリであった。

「テイマーと錬金術の職業で冒険したい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く