話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

テイマーと錬金術の職業で冒険したい!

青空鰹

レアアイテムゲット! (※ファニーちゃんのおかげです‼︎)

 新たに仲間になった妖精のファニーちゃんと共に、レベル上げをすることになったのだけれども……。

 「カイリ、そっちにキバネズミが行ったから倒して!」

 「は、はい!」

 「ルル様、いい感じにダメージを与えたのでカイリ様のところへ追い込みましょう!」

 「キャンッ!」

 「えっ ︎ ちょちょちょっ、ちょっと待って!」

 2匹同時に相手するなんて出来ないって!

 カイリの思いも虚しく、追い込まれたキバネズミ達がカイリに向かって走る。

 「ぁあ〜、もうっ ︎」

 そう言いながら手に持っているマジックリボルバーを構えて、キバネズミ達を撃ち倒していく。

 フゥ〜……さっきのウルフと違って距離が近かったから、ヒヤヒヤしたぁ〜。

 「カイリ様、お見事です!」

 「この感じだったら、下の階に降りても大丈夫そうね!」

 「イヤイヤイヤッ ︎ 今の戦闘ヒヤヒヤしていたよ、俺!」

 「でも一発で倒してたじゃないの」

 そうだけどさぁ〜……。

 「後衛の俺に近距離戦闘させようとするのは、どうかと思うんですけどぉ〜……」

 「近付く前に倒していたじゃないの」

 「それに危険と判断していたら、我々が倒しておりましたよ。そうですよね? ルル様、プル太郎様?」

 「キャンッ ︎」

 プルンッ ︎

 ルル達も「うん!」とサシャさんに返事した。

 ムゥ〜……こんなにステータスが低のだったら、戦闘職の方を取っていればよかったかも。

 「……ところで、ファニーちゃんは何処?」

 「さっきまでアナタの側に居たよね」

 「ああ…うん」

 常に俺を守るように側にいたが、気が付いたらどっかに行ってしまっていた。

 「もしかして、弱い俺に呆れて……」

 「キャンッ ︎」

 「そんなことないっ ︎」と言いたそうに吠えるルル。ホント、ええ子やわぁ〜。

 「〜〜〜♪」

 「ん? ファニーちゃん!」

 鈴のような声に反応して振り向いてみたら、何とご機嫌な様子のファニーちゃんがいた。

 「何処に行ってたんだ? 急に居なくなったから、みんな心配してたんだぞ」

 「〜〜〜♪ 〜〜〜〜〜〜♪」

 「ゴメンなさい」と言いたそうな声を出した後、俺に何かを差し出して来た。

 「ん? これは……種?」

 「〜〜〜♪」

 「スゴイでしょ!」と言いたそうな顔で話し掛けて来るが、話の大半が何を言っているのか分からないので困惑してしまう。

 もしかして、この種何か意味があるのか?

 「それはっ ︎ 体力の種!」

 「サシャさん、知ってるんですか?」

 「知ってるも何も! その種を飲めば体力の基礎が上がる優れものなのよ ︎」

 ああ、ポ○モンで言うところのタウ◯ンとかリゾ◯ウムとかか。

 「基礎をあげる種かぁ〜……体力を上げるのなら前衛のルルに使おうか」

 「キャンッ!」

  ルルも欲しいのか口を開けていた。なので体力の種をルルの口元へと運んで行くのだが……。

 「待って下さいカイリ様!」

 何故かサシャさんに腕を掴まれて止められてしまった。

 「サシャさん、この種欲しいんですか?」

 まぁステータスは高い方がいいに決まってるし、何よりもルルと同じで敵の近くで戦うから体力を上げておきたいんだろうな。

 「欲しいとか要らないとかそう言う問題じゃないんです! その種がどれだけ希少なものなのか、理解しておられるんですか ︎」

 「希少?」

 もしかしてこの種1つで大きく変化するのか? これを使えばどれぐらいステータスが上がるか、教えてチュートリアルさぁん ︎

 説明。
 ステータスの基礎を上げる種は1〜3程度しか上がりません。そして各テータスに10個までしか使えないので注意して使用して下さい。
 余談ですが、ステータスの基礎を上げられるアイテムは製造不可。なので種を見つけて飲み込んだ方がいいです。

 1〜3程度かぁ〜。しかもステータスの基礎を上げるアイテムがこれしかないなんて…………いや、考えてみたらそうだよな。ステータスの基礎を上げられるアイテムを作れたら、ゲーム性崩壊しているって言えるよな。

 「カイリ様、私の話を聞いてましたか?」

 「えっ ︎ ああっ! ゴメンなさい ︎ ちょっと考えごとをしてて聞いてませんでした!」

 「考えごと……」

 ヤバイ! 無表情のサシャさんが怖いっ ︎

 俺がそう思っていると、サニーさんが近くに来た。

 「いい、カイリ。この種はね、見つけようとしても中々見つけることが出来ないのよ」

 「それは分かりますよ。ただ、みんなが慌てて止める意味が分からないんです」

 「……これ一粒で500万レザするからよ」

 「……ハァ?」

 500万レザ? えっとぉ……俺がこの間行って来た狩りで4000レザも稼いだからぁ…………ぁぁぁああああああああああああッ ︎ ︎?

 「滅茶苦茶スゴイものを持って来てるぅっ ︎」

 たった1〜3ぐらいしか基礎が上がらない種が500万レザ ︎ 破格じゃん ︎ ︎

 「オークションに出せば、もっと上がる可能性がありますね」

 「そうねぇ〜……これ、バルグに渡して売って貰った方がいいと思うわ」

 「えっ ︎ ステータス上がるのに使わないの?」

 「イヤイヤイヤイヤッ ︎ お金の元を売らずにいられるの?」

 「2つあるのならともかく、これ1つしかないんですよ?」

 「ウグッ ︎」

 2人が言っていることも正論だ。でもステータスが上がる種がまた見つかる保証は何処にもないんだよなぁ。

 「〜〜〜♪」

 「えっ ︎」

 「また見つければいいじゃん」だって?

 「貴重な種を簡単を見つけられるのか?」

 「〜〜〜♪」

 「見つけられるよぉ〜」と言いたそうな声を出すと、俺の元から離れて草むらの中へと入って行き、すぐに戻って来た。

 「〜〜〜♪」

 「え? これも同じものだよね? って……」

 ファニーちゃんが渡して来た種を試しに鑑定して見てみると、素早さの種と説明が出て来た。

 スゲェッ ︎ 別物だけどスゲェ物を見つけたよっ ︎

 「こっ、今度は素早さが上がる種を見つけたみたいなんですけど……ルルに使っていいよね?」

 「えっ ︎ マジなの?」

 「マジで言ってるんですけどぉ!」

 つーか、ファニーちゃんにどうやって見つけているのか聞きたいぐらいだっ ︎

 「ハァ〜……流石に2つも基礎を上げるアイテムを持っていると怪しまれるので、そちらの方はルル様に使ってもよろしいですよ」

 「ちょっとぉ!」

 「サニー様、この種が2つもバルグ商会に所持していることを知ったら、色んなところから目を付けられると思いませんか?」

 「……あっ ︎」

 気が付いた様子のサニーさんに対して、サシャさんは続けて話をする。

 「もし悪い方々に目を付けられてしまったら、カイリ様の処遇がどうなるのか……」

 「ッ ︎」

 とても悪い想像をしているのか、サニーさんの顔を青ざめさせる。

 「なので偶然見つけたと言うことにする為に、片方はルル様に使いましょう」

 「……そうね。カイリ、素早さの種をルルちゃんに使ってあげて」

 「あ、はい! ルル、これ飲んで」

 「キャンッ!」

 ルルは「分かった!」と言いたそうな鳴き声を上げると、差し出した種を飲み込んだ。

 「キャンッ!」

 「飲み込んだよぉ! 褒めて褒めて!」と言いたそうな顔で俺の元にやって来たので、頭を撫でて褒めてあげた。

 何かお薬を上手に飲めた子を褒めている感じがする。……そんなことよりもだ。
もしかしたらファニーちゃんの運が30あるのと、採取スキルがLV5なのが原因がもしれないな。

 「ファニーちゃん、俺も錬金術師だからさ。錬金術の素材になりそうなものを見つけたら、教えてちょうだい」

 「〜〜〜♪」

 ファニーちゃんは「分かったよ!」と言いたそうな声を上げると、辺りをキョロキョロし始めた。

 「一応言っておくけど、レベル上げの次いででいいからね」

 「〜〜〜♪」

 ファニーちゃんは気が付いた様子を見せた後、「ゴメン」と謝って来た。ホント、この子達はええ子やぁ〜!

「テイマーと錬金術の職業で冒険したい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く