話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

テイマーと錬金術の職業で冒険したい!

青空鰹

ダンジョンへ行く許可を貰おう!

 錬金術ギルドを出て、マナさん達と共にバルグさんがいる邸宅へとやって来たのだがぁ……。

 「それは許可しない!」

 来るな! と言いた気なマナさんに対して、サシャさんは余裕な表情でマナさんに話し掛ける。

 「いいじゃないですか。私が1人増えたところで何も変わら……いえ、戦力が増えて安全になりますよ。カイリさんもそう思いませんか?」

 「えっ ︎ まぁ、そのぉ〜……」

 サシャさんの目は「はい」と答えなさいと言う目で見ていて、マナさんの方を見つめれば「そんなことはない」と伝えろと言う目で見つめている。いや目で訴え掛けている!

 「カイリさん」

 「カイリィ……」

 「キュゥ〜ン」

 2人はそう言って顔を近付けて来る。今更ながらどうしてこうなったのかを説明すると、ガルマさんがいる邸宅へと戻って来たのまではよかったが、バルグさんが不在だったのでミレイにマナさんとサニーさんと共にダンジョンに行く話をしたら、サシャさんが行くと言い出したのだ。
 あとルル! 何で2人に混じって顔を近付けているんだよっ ︎ 遊び半分でやっちゃ駄目だからなっ ︎

 「私も行く ︎ ……と言いたいところなんだけど、お腹にアイリちゃんがいるから断念しなきゃいけないわ」

 そう言って愛おしそうにお腹を摩るミレイさんを見て、大切にしているんだなぁ〜。と思った。

 「奥様、私が同行する許可を頂けないでしょうか?」

 「ん〜……ダンジョンの1階から2階ぐらいなら、マナとサニーだけいれば問題ないと思うわ。
 でも、サボることの多いマナが何をしでかすか分からないし、今日もサボっていたから……罰としてマナの代わりとしてサシャに行かせるわ」

 「エエエエエエッ ︎ ︎」

 マナさんがとてもイヤそうな顔をしている。

 「ミレイ様、ありがとうございます」

 「うん。分かってると思うけど、カイリちゃんにダンジョンの歩き方をしっかり教えるのよ」

 「分かりました!」

 「それで、予定はいつなの? それに何処のダンジョンに潜るの?」

 「ミタ森の前にあるダンジョンに行くつもりだったのにぃ〜 ︎」

 笑顔ままマナさんに聞くミレイさんに対して、マナさんは泣きそうな目で答える。

 「ミタ森?」

 「カイリ。もしかしてミタ森場所を知らないの?」

 「え? まぁ……はい」

 それと、「私を連れて行って!」って目で訴え掛けるな! サボった罰なんだから、甘んじて受けろっ ︎

 「ミタ森は門を出て左側に見える森よ。その前に遺跡があって中はダンジョンなっているのよ」

 「遺跡!」

 これまたど定番な感じだなぁ!

 「あれ? もしかして、カイリは遺跡に興味があるの? ……グスンッ」

 「え? まぁ、ちょっと昔興味があってね」

 「……そうなの。まぁ危険な場所に代わりはないけど、出て来るモンスター自体がそんなに強くないから、気兼ねに行っても問題はないわよ」

 「サニーさん、気兼ねって言ってもカイリちゃんはまだレベルが1桁なんだから。アイリちゃんもそう思うよねぇ〜?」

 何故お腹の子に聞くんだ? あとマナさん、涙ぐんでもダンジョンに連れて行けないからな。

 「ああ〜そうだったわね。でも私達がいれば1〜2階の敵ぐらいなら簡単に倒せるわよね?」

 「……うん」

 サニーさんがそう言うと、マナさんはか細い声で頷いた。……ってぇ!

 「ルル、プル太郎。何でお前達も頷いているんだよ。もしかして、ダンジョンに潜ったことがあるのか?」

 俺がそう聞くとルルは顔を逸らしてミレイさんの元に行き、膝の上に乗った。それに対してルルはサニーさんの足元で構って欲しそうにしている。

 あっ ︎ アイツら逃げやがった ︎

 「とにかく、明日行くのは決定ね……プル太郎ちゃん、プニプニしていて可愛いわぁ〜…………」

 プル太郎も撫でられて嬉しいのか、身体をくねらせて嬉しさを表現している。

 プル太郎……お前はいつから浮気者になったんだ?

 ルルの方に顔を向けて見てみると、サシャさんやサニーさんに可愛がられていた。

 「ルルの浮気者! 今日は一緒に寝てあげないからなぁ ︎」

 「クゥッ ︎」

 ルルは「えっ ︎」と驚いた表情をさせると、俺の元に駆け寄って来た!

 「キュ〜ン! キュ〜〜〜ンッ ︎」

 まるで「ゴメンなさい! 許してぇぇぇっ ︎」と言いたそうな鳴き声を上げながら寄り掛かって来るので、ルルの頭を撫でてあげる。

 「……ゴメン言い過ぎた。一緒に寝てあげるから泣きそうな声をあげないでくれ」

 俺の言葉を聞いたルルは嬉しそうな表情になると、膝の上に飛び乗り、尻尾をブンブン振って俺の顔を仕切りにペロペロと舐め始めた。

 ……うん、やっぱり嬉しそうにしているルルは可愛いなぁ。てか、身体能力が上がっている気がするけど、もしかしてレベルが上がったお陰なのか?

 「ルルって、本当に主人が好きなのね」

 「それにあの誇り高きフェンリルの幼体が甘えているんですよ。私達は奇跡でも見ている気がします」

 「可愛いわねぇ〜……やっぱりアイリちゃんが生まれたら、ワンワンを飼ってあげようかしら?」

 「明暗ですね」

 何か微笑ましい話が聞こえて来るけど、気にしないでおこうか。ところでルル、そろそろ顔を舐めるのを止めようか。

 「さて、サシャ達の道具は私の方で揃えてあげるわ」

 「いいんですか、ミレイ様?」

 「ええ、これも必要経費の1つだからね。サニーはどうするのかしら?」

 「私は自分のを用意してあるから、揃えて貰う必要はないわ」

 「あらそう。プル太郎ちゃん達は何か用意して欲しい物とかなぁい?」

 プルンッ ︎

 「キャンッ!」

 「……カイリちゃん。プル太郎ちゃん達が何言ってるか分かる?」

 「多分、平気って言ってると思う」

 って言うか、俺を含めてルル達も何を用意すればいいのか分からない。

 「なるほど。ルルちゃん、プル太郎ちゃん、カイリちゃんのことを守ってあげてね」

 「キャンッ!」

 プルンッ!

 うん俺がルル達のご主人の筈なのに、ミレイさんがご主人になっているのは俺の気のせいかな?

 そんなことを思っていたら、プル太郎が俺の元に戻って来た。

 「もしかして、構って欲しいのか?」

 プルンッ!

 あらまぁ〜。

 「ルルと同じ甘えん坊なヤツめぇ〜!」

 そう言って身体を撫でてあげると嬉しそうな反応を見せる。

 「ねぇサシャ。何か羨ましいって思えるのは、私だけ?」

 「私も羨ましいと思っていますよ。ですが我々はテイマーの職ではありませんし、何よりもカイリ様のように従魔に慕われるか分かりませんよ」

 「それ以前に、フェンリルとかを従魔に出来るかが問題じゃない?」

 「……そうですね」

 俺とは別のところで話し合いが行われているよ。

 「キャンッ ︎ キャンッ ︎ キャンッ ︎」

 今度はルルが「プル太郎ばかりズルイ! 構って欲しいよぉっ ︎」と俺に向かって吠えて来たので、ルルを抱っこして撫でてあげたら肩部分をガジガジ噛んで来た。

 ああ、これがいわゆる甘噛みってヤツかぁ〜……可愛らしくて胸がキュンキュンするぅ〜っ ︎ ……でも。

 「ルル、服が痛んで汚れちゃうから噛むのを止めちょうだい」

 「キャンッ!」

 ルルは「分かった!」と言いたそうな吠え方をすると、甘噛みを止めて俺の顔を見つめて来る。

 「素直に言うことを聞くなんて、本当にいい子だよ!」

 「……ねぇ、これが俗に言う親バカってヤツなのかしら?」

 「そうですね」

 「でも幸せそうだから羨ましいなぁ〜」

 「私も、アイリちゃんの為にワンワンを飼ってあげたいなぁ〜」

 皆さんそれぞれ何か言っているけど、俺は全く気にしない!

 そんなことを思っていたら、マナさんが俺の後ろにやって来ると抱き付いて来た。

 「私も構って欲しいなぁ〜!」

 「マナさん、何を言ってるんですか?」

 「だって従魔達ばっかり相手して貰っててズルイじゃん。だからカイリ、私の頭を撫で撫でして欲しいなぁ〜」

 「そ、そう? なら撫でるよ」

 そう言ってからマナさんの頭を撫でてあげたら、とても嬉しそうな顔をしていた。

 「キャンッ! キャンッ!」

 今度はルルが「もっと撫でてよっ ︎」と怒った感じで吠えて来たので、頭を撫でてあげたら嬉しそうな顔をさせていた。

 ……もしかして、マナさんの策略なのか?あとマナさん! 耳元で「ダンジョン連れて行って」って囁かないでくれ! 俺にはどうすることも出来ないんだからさぁ ︎

 両方の頭を撫でながら、そう思ってしまうカイリであった。

「テイマーと錬金術の職業で冒険したい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く