話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

テイマーと錬金術の職業で冒険したい!

青空鰹

カイリの爽やかな朝&お着替え?

 「ん〜……ん?」

 何だか、柔らかくて暖かい。もしかして、先に眠ったルルが側に来てくれてるのかもぉ……しれないかなぁ〜……。

 ルルの温もりを感じる為に、背中の方に手を回して背中を撫でてあげたが、ここで違和感を感じる。

 ……あれ? ルルの身体がスベスベしている様な気がするぅ。それに、これは狼の毛というよりも肌だよなぁ?

 「ウニャァ〜……擽ったいニャァ〜」

 ウニャァ〜? しかも、喋った! 一体どういうことなんだ?

 目を開けて見てみると、人の肌が視界一杯に広がっていた!

 「え? ……ファッ!?」

 慌てて起きると、俺を抱き締めていた半裸の女性も身体を起こした。

 「ン〜〜〜〜〜〜…………よく寝た。おはよう、カイリちゃん」

 「あ、はい……おはようございます」

 じゃなくてっ ︎ よく寝たって何? それに誰この人はっ ︎

 戸惑っている中、その女性は抱き付いてベッドに押し倒して来た。

 「時間もあるから、もう一眠りしよぉ〜っと」

 もう一眠りって、ちょっと! 俺も巻き込まないでくれよぉ ︎

 「ちょっ、退いて下さい! てか何処を触ってるんですかぁ!」

 「カイリちゃん、小っちゃいね。でもハリがあるから、これはこれでぇ〜……」

 「小っちゃくて悪かったなぁっ ︎ てか自己紹介もしてないのに、寝ないでくれよぉっ ︎」

 うおおおおおおっ ︎ 引き剥がそうとしているんだけど、ステータスの差のせいか全く離れる様子がねぇ!

 しかも彼女は俺の様子を楽しんでいるのか、耳をピクピク動かしたり、尻尾をゆらゆら動かしてる。そんな中、ルルが起きてこっちを見つめて来た。

 「……キャンッ!」

 「ん。ああ……おはよう。ルル」

 挨拶を聞いたルルは、そのまま俺の顔の側までやって来てペロペロと舐め始める。

 「ワプッ ︎ 俺を助けるよりも、この状況に便乗するんかぁ!」

 「キャンッ ︎」

 ……え? 何を楽しそうに混って二度寝しようとしているんだ? 早う助けいっ ︎

 そんな事を思っていたら、出入口のドアからガチャリと言った音が聴こえて来た。

 「おはようございます。カイリ様、ルル様……それとマナ」

 「お、おはようございます」

 「おはよう、メイド長」

 この人、マナって名前なんだ。てか、マナさんの名前呼ぶ時にドスが効いていた様な気がするのは、俺の気のせいか?

 「マナ、淫らな格好していないでメイド服に着替えて来なさい」

 「ええ〜……私昨日の事で疲れているから、もう少し寝たいなぁ〜……」

 「何を仰っているのですか。庭の手入れはすぐに終わったのでしょ。なら、疲れてはいませんよね?」

 「後処理の方に時間が掛かったの。ゴミを何処に捨てたらいいのかぁ〜。とかさぁ〜」

 庭の手入れ? 確かに、庭の手入れは大変そうだけど、ゴミの処理とかはそんなに苦じゃないと思うぞ。だって捨てるのは枝と葉っぱぐらいだと思うし。

 などと思っていたら、サシャさんの顔が怖くなったので、身体が震え上がって思考が止まってしまった。

 「キュゥ〜ン……」

 どうやらルルもサシャさんの顔に恐怖を感じたらしく、ベッドの向こう側へと隠れてしまった。

 ホントに俺のことを助ける気がないねぇ、キミは!

 「……そうですか。マナ、アナタは今日一日眠っても構いません」

 「ホントッ ︎ やったぁ ︎」

 「ですが、カイリ様は起きるそうで、お着替えをしなくてはなりません。なので自室へ行って下さい」

 「カイリのお着替え! 私も手伝うっ ︎」

 何ですか、その笑顔は? もしかして、俺に何かやろうとしてないよな?

 「ダメです。その格好でカイリ様のお召し物を、お取り替えさせる訳にはいきません」

 まぁ確かに。マナさんに俺の服を着替えさせるのと何を……って、ちょっと待って!

 「服を着替えさせるって、俺の服をですか ︎」

 「はい。その通りですが。何か問題でも?」

 私、変なことを言ってますか? って顔で見つめんなよ! おかしいことだらけなんだからさぁっ ︎

 「服を持って来てくれれば、俺の方でやりますから!」

 「もう持って来ておりますよ」

 「……へ?」

 よく見ると、サシャさんの後ろに居たメイド達が、何種類かの服を持っていた。

 「それと、服と靴と下着のサイズはカイリ様に合わせえているので、安心して下さい。」

 服と靴と下着のサイズって……オイオイオイオイッ ︎

 「何でサイズが合ったのを用意出来るの?」

 「カイリ様が眠っておられる間に、サイズを測らせて頂きました」

 「服自体は商会で取り扱ってるものだから、そこからカイリに合いそうなものを選んで持って来たんだと思う」

 ああ〜なるほどぉ〜。俺が眠っている間にそんなことをしてたんですかぁ〜……へぇ〜…………。

 「と言う訳で、時間も勿体ないので、お着替えを致しましょう」

 サシャさんが指をパチンッ ︎ と鳴らした瞬間、後ろにいたメイド達が俺を取り囲んだ。

 「えっ ︎ ちょっとぉ ︎」

 メイド達の目が怪しく輝いて怖いんですけどぉ! しかも、半裸姿のマナさんにホールドされているから、逃げようにも逃げられないっ ︎

 「さぁ皆さん、カイリ様のお着替えをしてあげて下さい。無論ご主人様達が食堂で待っているので、手短に選んで下さい」

 「「「「「畏まりました」」」」」

 「ちょっ、まっ ︎ ギァアアアアアアアアアアアアッ! ︎」

 メイド達に襲われような形で服を着替えることになった。ルルはと言うと、俺がプチファッションショーをしている間、サシャさんの部下に抱き上げられて撫でられていた……裏切り者めぇ ︎

 「これ……いいかも」

 15着ほど着させられて、俺が気に入った服は白がメインカラーの魔道士みたいな感じだけれども、所々軽戦士っぽさがある半袖の服で何故か下がミニスカートのもの。それと皮のブーツ。

 「魔道剣士の服ですか」

 「魔道剣士? 何ですか、その職業は?」

 「魔道剣士は、自身の武器や防具に属性付与を施して戦うのが基本的な戦術で、普通の属性付与よりも強い属性付与能力を兼ねそろえています。その代わり、魔法による遠距離攻撃が出来ないのが難点になります」

 完全近距離特化の戦士ってことか。

 「服も決まった事だから、ご主人様の元へ行こう!」

 「そうですね。と言いたいところですが。マナ、アナタは服を着替えて来なさい」

 「わ、分かった! 分かったから、そんな目をしないでよぉ!」

 「じゃあ……早く着替えて来て下さいね」

 「うん!」

 うん! って、それはメイドが言う返事じゃないよな。

 俺がそう思っている中、マナさんは逃げる様にして部屋を出て行ってしまった。

 「……さて、我々も食堂へ向かいましょう」

 「え、あ……はい」

 何か言いたげな顔だけど、気にしないでおこう。それとルル、サシャさんの腕の中で助けて欲しそうな顔をしているけど、俺は助けないからね。

 「キュゥ〜ン」

 そんな鳴き方したってダメ! え? 何でかって? それはルルが先に、俺のことを見捨てたからに決まってるじゃないか!

 その後も、「キュゥ〜ン……キュゥ〜ン……」と鳴くルルサシャさんの腕の中で鳴くルルと共に、食堂へと向かった。

 「おお、ようやく来たか」

 「あらぁ〜! とても素敵な姿になったじゃないの!」

 「あ、はい。この服、本当に貰っても大丈夫なんですか?」

 今更、着たんだから金を払え! とか言って詐欺まがいなことをしないよな?

 「安心してちょうだい。これもお礼の一つなんだから」

 「そうさ。ミレイの言う通り、キミの為に用意した服なのだから、遠慮なく着てくれ」

 「はぁ……ありがとうございます」

 俺の言葉にバルグさんは喜んだ顔で頷いた。

 「ところで、このポーションについて聞きたいことがあるんだが……食事をしながら話そうじゃないか」

 そう言った後、テーブルの上に昨日の夜に作ったポーションを置いた。

 「あ、はい」

 何だろう……嫌な予感がする。

 そう思いつつも、席に座る俺であった。

「テイマーと錬金術の職業で冒険したい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く