話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

テイマーと錬金術の職業で冒険したい!

青空鰹

これで一気に目的地に行けるぞ! やったねルル‼︎

 ハンターウルフをマジック・マグナムで倒した俺は、足元で嬉しそうに尻尾を振っているルルを高らかに持ち上げた。

 「やったよルル! 初戦闘にしてモンスターを倒せた ︎」

 「キャンッ!」

 ルルも、 おめでとう! と言う感じに吠えた……きっと、そうだよな。いや、そうに決まってる!

 レベルが上がりました! ステータスの確認をして下さい。

 「おっ ︎」

 レベルが上がっただって? とにかくステータスを確認してみようか!

 「キャンッ ︎」

 「ん?」

 ルルが後ろの方を気にしているので、釣られるような形でそっちに顔を向けると、先ほど走り去って行った馬車がこっちにやって来た。そして、手綱を掴んで取っているぽっちゃり系おじさんが話し掛けて来た。

 「キミ、大丈夫? 怪我してないかいっ?」

 「大丈夫ですよ。この通り、怪我一つありません」

 「そう。それはよかった……ところで、何でキミは下着姿なんだい?」

 「ああ〜……それはそのぉ〜…………」

 脳内プラン1. 実は俺、異世界から転生したんです。と経緯込みで正直に語る。

 ……いや、それだと「何を言ってるんだ、この人は?」って言われるか、もしくは変な事に利用されかねないので却下!

 脳内プラン2.記憶喪失を装う。

 ……絶対バレるって ︎ しかも、怪しい人かもしれないと思われる可能性が高いから却下!
 なので、俺が出した答えはこれだ!

 「えっとぉ〜。それはですねぇ〜…………着れない状態になってしまったので、この様な格好になってしまいましたぁ」

 「そうなのですかぁ……ん? どうして着れない状態になったのですか?」

 「恥ずかしい出来事なのですが、焚き火の近くで濡れた服を乾かしていたら、服に燃え移ったんです。後、川にお金と荷物も落としてしまいました。武器と本は身に付けていたので、何とか出来たのですがぁ……残念です」

 「ああ〜なるほど。それは災難でしたねぇ」

 俺が出した答え。言えない部分を包み隠しながら、言えるところは言う。

 「よかったら、私が街まで送って差し上げましょうか?」

 「いいんですか?」

 「いえいえ、助けて頂いたお礼です。どうぞ乗って下さい」

 わぁ〜い、やったぁ! これで安全な街へ行けるぅ ︎ てかマップに映っていた場所、村だと思ってたよぉ! あ、そういえば……。

 「あの、商人さん。この魔物どうしますか? このまま処分します?」

 先程倒したハンターウルフを指さして言った。

 「えっとぉ……ハンターウルフの毛皮や牙は素材として売れるので、我々としては、持って帰りたいのです」

 ほうほう、毛皮や牙は売れるのか。金策になるから覚えておこう。てか今お金が欲しいから、持って帰りたい!

 「2体分のスペースはぁ〜……うん、ありそうですね。乗っけちゃいましょう!」

 ハンターウルフの死体を馬車に乗せてから出発をした。と言いたいところだけど、乗る前に布団を渡して来て、「目のやり場に困るので、それで隠して下さい!」と言われたので、馬車に乗る前に布団で身体を隠しました。

 うん。完全男の感覚で彼と接していたよ。そういえば、重要な事を忘れていたよ。
 てか俺、何も考えずに馬車に乗っちゃったけど、大丈夫なのかぁ?

 「……あっ ︎ そういえば、まだ自己紹介をしていませんでしたね。私の名前は、 バルグ・ネルマ 。ネルマ商会の会長をしています」

 「俺の名前は……って商会の会長ぉっ ︎」

 商会の会長が、どうしてこんなところにいるんだ? って、名前を言う前に聞いたら失礼だよな。

 「え、えっとぉ〜……俺は カイリ って言います。この子は従魔の ルル ……です」

 「キャンッ!」

 よろしく! と言う感じで、バルグに向かって吠える。

 「従魔? もしかして職業は、テイマーなのですか?」

 「はい。後もう1つは錬金術師なんです」

 「ダブルクラス持ちっ ︎」

 え? ダブルクラス? ダブルクラスって何ですか、チュートリアルさん。

 ダブルクラスとは。
 本来は1人のつき1職しか持てない職業を2つ持てる貴重な人の事を指します。
 ダブルクラス持ちのメリットは、職業を2つ持っているので、それぞれの職業を能力を兼ね揃えており、両方の職業のスキル技も扱えるところです。
 デメリットとしては、2つの職業を持つ分、レベルが上がり難くなっております。
 余談ですが、ダブルクラスの他に3つ職業を有しているトリプルクラスもいます。

 ……なるほど。だからこんなに驚くのか。

 「ダブルクラスと言っても、テイマーと錬金術師なので、みんなガッカリした顔をするんですよねぇ〜」

 この言い方で合ってるよな?

 「ああ〜、言われてみればそうですねぇ……ん? でも、魔物が破裂音と共に倒れていた気がぁ……いや、倒していましたね。どうやって倒したんですか?」

 銃の事を話したら、面倒くさい事になりそうな気がする!

 「そ、それは秘密です! ところでバルグさんは、何でハンターウルフに追われていたんですか?」

 「私ですか? お恥ずかしい話なのですが、護衛に雇っていた冒険者達がハンターウルフの姿を見た瞬間に逃げだしてしまい、あの状況になってしまったのです」

 「マジかっ ︎」

 話を聞いていたルルも、驚いた表情させている。てか、言葉を理解出来るんだね。今知ったよ。

 「マジも何も、商人の私が一人こんなところを彷徨うろつくのは、自殺行為に等しい行動ですよ」

 「ま、まぁ確かに」

 「今回の件は、商業ギルド経由で抗議と被害額の請求をするつもりです。もちろん、カイリ様にはお礼として、お金をお渡し致しますね」

 「あ、はい……ありがとうございます」

 ニッコリと微笑んでいるけど、身体から怒気を感じるぞ。

 その後は街の名前やら、他愛もない話をしながら馬車揺られていた。そうそう。ルルがフェンリルの子供と説明したら、凄く驚いていた。

 「見えて来ましたよ。あれがバーリアスです」

 「あれが……」

 元々は戦争で使われていた要塞とあって、外の城壁が高い上に頑丈そうな作りになっているし、何よりも塀の周りに作られた川の幅が広いので、容易に攻められそうにないのが見て分かる。
 因みに、全部バルグさんが教えてくれました!

 「今日は検問に人が並んで無いので、楽に入れそうですね」

 「並んで無いって、並んでいるのが普通なんですか?」

 「ええ。ここは3つの国との中間地点なので、混んでいる日の方が多いんですよ」

 故郷で言うところのシルクロードの中間地点って考えれば、いいのかもしれない。

 そんな事を思っていたら、検問所の兵士が1人が俺達の方に駆け寄って来た。

 「おい、バルグ! お前生きていたのか?」

 「……ハァ? 生きてた。って、どういう事?」

 「私に聞かれても困ります! それに、こうなった事態を一番知りたいのは、私なんですからぁ!」

 ですよねぇ〜!

 「え? いやだって……お前の護衛をしていた冒険者達が帰って来て、“強い魔物が出来て、俺達の身代わりになる為にバルグが残った。”って話をしたからぁ……」

 「何を言ってるんですかっ ︎ 私は彼らに見捨てられたのですよっ ︎」

 その言葉を聞いた門番達は、険しい顔になった。

 「見捨てられた? それはどういう事だ?」

 「実はですね……」

 ここに来るまでの経緯をバルグが説明をした。門番も何か思い当たるところがあったのだろうか、アゴに手を当て、ブツブツと何かを呟いていた。

 「……つまり、アイツらはでっち上げの話を俺達にしたって訳だな?」

 「はい。その通りです」

 「ハァ〜……アイツらを見掛けたら、こっちの方で身柄を拘束して冒険者ギルドへ連れて行くとしよう。
 それで、問題はそっちの嬢ちゃんの方だ」

 「俺ですか?」

 何処に問題があるって言うんだ?

 「素っ裸で彷徨いていたのは分かるが、身分を確認出来るもんは無いんだろう?」

 「あ、はい」

 「盗賊とか犯罪者とか思っていねぇが、身分を提示出来ない者に関しては、規則でステータスの確認をしなくちゃいけねぇんだ。その犬と一緒に見ても問題ないか?」

 「キャンッ ︎ キャンッ ︎」

 ステータスの確認必要なんだ。てか、ルルは何で怒った様な吠え方をしているんだ?

 「構いませんよ。ステータス!」

 そう言ってステータス画面を開き、門番に提示した。

 「どれどれ……なっ ︎ これはっ?」

 「どうかなさい……えっ ︎」

 バルグと門番は驚いた表情で固まってしまった。

 あれ? もしかしてぇ〜……俺、何かやらかした?

 カイリは額に汗を滲ませながら、自分の安易な行いを後悔をしていたのだった。

「テイマーと錬金術の職業で冒険したい!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く