話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界最強チート生活

時雨古鷹

国王が危篤?

「すごいなー」

 俺は、はじめての王都に感嘆した。日本の東京ほどではないが高い建物が多い。しかも全て木材と土で作られているのだ。

「王女殿下ぁ!!大変にございます!陛下が危篤状態にあります!!急ぎ城へお戻りを」

 急に誰が走ってきた。城の兵士だろう。それより国王が危篤状態ということをきいたリザとソフィはフリーズしていた。
 兵士の声を聞いたアレスが馬車から降りその兵士に詳しく事情を聞いた。

「私はアレス・フォン・アルセードだ。詳しく聞かせてくれないか?」

「はい。事の始まりは一昨日の朝でした。いつものように朝食を食べた陛下は業務をこなしていました。しかし突然倒れたのです。私が急ぎ寝室まで陛下をお運びしつきっきりで世話をいたしました。その日の午後に薬師に診てもらったところ、何かしらの毒が陛下の体に入っていることが分かりキュアポーションを飲ませましたが…いっこうに悪くなっているばかりで……」

「犯人は突き止められたのか?」

 話を聞いたアレスは誰が仕込んだものかをたずねたが犯人は分かっていないとのこと。
 とりあえず俺たちも城まで行くことになり俺は陛下の寝室まで来ていた。

「レオン、そういえばあの回復魔法をかけて見たらどうだ。もしかしたら直せるかもしれん」

 アレスが思い出したように提案してくるがパーフェクトヒールだと回復ができない可能性がある。だから俺は創造魔法で魔法を創った。

「創造魔法!…我神に求む、その者を侵している余計なものを浄化したまえ【ゴッドオブヒール】」

 するとあたり一面が美しい青色に染まった。光がおさまった時には国王陛下は顔色がよくなっていた…

「異世界最強チート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く