話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界最強チート生活

時雨古鷹

洗礼

 俺は新たに生まれ変わった。まだ文字は読めないが言葉は理解できるようになっていた。生まれてはじめの頃は全く違う言語に聞こえたんだけどね。今は3歳だ。
 3歳になったら洗礼といわれるステータスの授与が行われる。そして今日が俺が待ち望んだ洗礼の日だ。
 ちなみに俺の名前はレオン•アルセードといってアルセード辺境伯家の三男だ。兄の名前はまだあったこともないので、残念ながら名前をまだ知らない。
 父上の名前はアルス•アルセード、母上の名前はマリン•アルセードという。父上は赤茶色の髪の毛で顔立ちもよい。しかも父上は領民から慕われている。善政を行い領民達も苦しまずにすんでいるのだ。もともと父上は冒険者だったという。当時まだ王子だった国王を危機から救ったとして貴族になった。その後も冒険家業で功績をあげつづけ辺境伯まで上り詰めた王国で最も有名な貴族だ。冒険者ランクも王国に数少ないSランク冒険者で二つ名は【疾風のレオン】と呼ばれる。今は引退しているが冒険者達は父上を目標として日々研鑽を積んでいるのだ。
 母上も当時冒険者として父上と同じパーティーを組んでいたという。父上が貴族になると結婚し冒険者を引退した。

「レオン、準備できたか?」

 そう部屋の外から父上の声が聞こえてくる。俺は急いで着替え外に出た。普通はメイドの仕事なのだが、今日は俺がメイドより早く起きたこともあり1人で着替えた。

「父上、まちましたか?」

「待ってはいないが、まあ早くいった方がいい。もう行くぞ」

 そう言いながら馬車に乗り込む父上のあとをおった。母上は今王都の屋敷にいるのでいない。
 俺は馬車の中でステータスのことを聞いてみた。

「父上、ステータスってどんな感じなのですか?」

 父上は少し悩みながらも答えた。

「ステータスっていうのはな、称号や神様から貰った加護、自分の習得しているスキルや魔法、あとは自分の魔力や体力、レベルなんかを見れるものだ。ちなみにスキルや魔法にはランクがついていてランクごとに魔法の威力やスキル能力が変わる。ランクはGからSまである。ちなみにレベルの上限は100だ。でも未だに100までいった人は1人もいない」

 俺はそう言うことを聞きながら協会に向かってた。十五分くらいで協会が見えてきた。

「ようこそおいでくださいました。アルセード郷」

 俺たちを出迎えたのは神父の格好をした父上よりも年上と思われる中年の男性だった。
 父上は少し頷いて話し始めた。

「神父殿、此度は我が息子、レオンが3歳になったのでステータスの貰いにきた。お願いできるか?」

 神父はニコニコ笑顔を絶やさずに俺に指示をした。

「畏まりました。それではレオン様、この像の前で片膝をついてください」

 俺は言われたとおりに片膝をつくと視界が真っ白に染まったと思ったら懐かしい声が聞こえてきた。

「久しぶりじゃのぉ、誠也君」

 そこには酒を飲んでいるゼノムがいた。俺が頭を下げると、よいよい、といって俺を座らせた。するとそこに

「お久しぶりですね。レオン君、ずっと見守っていましたよ」

 そんなことをいいながらサイムスと他の3柱が来た。サイムスだけが俺に用らしい。俺が挨拶する間もなく話し始めた。

「早速本題と行きましょうか。ステータスには、2ページ目があります。それは裏ステータスと呼ばれる物です。見れるのは自身の攻撃力や防御力、素早さ、賢さ、運、人脈などが表示されています。裏ステータスの見方なのですが、ステータスを開いた状態で裏ステータスと、唱えたら出てきます。次に見方なのですが、攻撃力と防御力、素早さは分かりますね。賢さとは簡単に言うと馬鹿なのか平凡なのかあるいは天才なのかはたまた神童となるのか。要するに頭の良さのことをいいます。運というのは、高いほどレアドロップ率が上がりレアモンスターとの接触率も上がります。そして人脈なのですが人脈が高いほど国のトップなど有力な人物との交流を持ちやすくなります。最後にレオン君だけにつけた機能を話しましょうか。ステータスを開いているときに、神様と通話と唱えたら私達がステータス画面に浮き上がって話をすることができます。必要なら3Dでもできます。攻略に行き詰まった時などに気軽に電話してくれていいですからね。話すことは以上です。それでは、またお会いしましょう」

 そして俺は教会に戻ってきた。

「異世界最強チート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く