話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

異世界最強チート生活

時雨古鷹

神界

 目を開けると俺は、真っ白な空間に1人…いや6人いた。四角いテーブルで1対5で椅子が置いてあり俺は面接会場を思い出した。

「ようやく気がついたか。まずは座って何か飲み物でもどうじゃ」

 俺は真ん中のお爺さんに言われたとおりに椅子に腰掛けた。するとテーブルの中からミルクティーが入ったコーヒーカップが出てきた。それを飲み一息ついたところで俺の目の前に座っているお爺さんが立ち上がった。

「そういえば自己紹介がまだじゃったな。儂は世界を創った創成神ゼノムじゃ」

 俺は口をあんぐり開けて驚いた。まさかの神様だったのだ。
 見るとゼノムは長い真っ白な鬚をはやしなんというか中国やの武人みたいな姿だ。馬に乗ったら物凄い様になっているだろう。

「次は私ね。私は魔法神レイム。魔法を司る神よ」

 レイムは美しいエメラルドグリーンの髪に深い青色の瞳をしているとても美しい神だった。ふと足下を見ると少しだが浮いていた

「次は俺だな。俺は武神ゼン。剣術や体術などを司る神だ」

 ゼンは筋肉だるまだった。髪の色は紺色で顔もそこそこいい。多分顔だけだったらモテるだろう。

「次は僕ですね。僕は知神サイムスです。叡智を司る神です」

 おお、これはなんとも素晴らしい。サイムスは髪の色は美しい青銀で瞳の色も水色、さらには眼鏡をかけていた。とても賢そうなイケメンだ。

「最後は私ですね。私は大地神ガイアと申します。大地を司る神ですね」

 ガイアは茶髪で他の神よりも小柄だった。多分ロリコンに見せたらないて喜ぶだろう。俺はロリコンではないけど。
 まっ俺も一様自己紹介するか。

「初めまして。皆様は知っていると思いますが俺は陽炎誠也といいます。雷によって死にました」

 そう自己紹介をした。するとサイムスが苦笑しながら言った。

「誠也君、僕達は神ですからわざわざ自己紹介をしなくとも分かってますよ。でも自己紹介ありがとうございます」

 そうか神様だから名前はもろともいろいろ知っているのか。まっ、いいか。
 これがラノベとかだったらこの場面で転生させてもらえるんだよなー。まあそんなことを考えても現実では到底考えられないし、キリスト教とか仏教とかでは確か裁判が行われるのかな?あー、まだ生きていたらこれを急いで小説にしたのに。
 そんなことを考えているとガイアが予想外のことを言った。

「お主が考えておる裁判とやらではないぞ?お主には転生してもらうつもりじゃ」

 それを聞いた俺はうれしさのあまり叫んだ。早速転生がしたかったので早くと言ったところ…

「まあまて。お前には少し転生先の世界を勉強してもらわないとだな」

「それもそうね。今回の転生には意味があるんだもの」

 そうレイムとゼンが言ってきた。俺は渋々この神界で1ヶ月の間、勉強することになった。1ヶ月の間俺の面倒を見てくれるのはサイムスだ。他の4柱は仕事に戻っていった。次に会うのは2週間後だそうだ。

「さあ始めましょう。その前に僕の加護だけ今は与えときますね」

 そう言うとサイムスは俺の頭をなでた。その瞬間俺の頭の中のストレージ容量が増えた。

「まずその世界のことを話しましょうか。その世界は剣と魔法の世界になります。7つの大陸からできそれぞれに国があります。ただ1つの大陸は魔物の巣窟というより魔王が治めている魔族の国があります。そして………」

 そこからもたっぷり教え込まれた。そして1ヶ月が過ぎていった。

「最後に儂らからのプレゼントをさずけようかの」

 そう言いながらサイムス以外の神様から頭をまた撫でられた。そして転生をする輪に入った。そしてガイアが送り出しの言葉をかけられた。

「今の時点で教えられることは全て教えました。私達はこれからも貴方を見守っています。また会えるのを楽しみにまっております。貴方に素晴らしい祝福があらんことを」

 そして俺の意識は再び落ちた。
 

「異世界最強チート生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く