話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者として神からもらった武器が傘だった俺は一人追い出された。えっ?なにこの傘軽く見積もって最高じゃん

ノベルバユーザー521142

どうやら俺の生活魔法は規格外なようです。

 知らない天井だ。 
 いや、そもそも天井を作っていないことに気がついた。
 天井も作らなければいけないが。

 部屋の中からでも空がすごくキレイに見える。
 空に飛ぶ魔物は今までもあまり見たことがないので襲われることは少ないだろう。

 今までこっちにきて星空を眺めたことはなかったがお風呂に入ってからゆっくりと星空を眺めるのもいいかもしれない。
 俺がお風呂場に行き熱鉱石を設置してポーションを風呂にいれる。
 これがあれば翌日には疲れが残らない。

 傘を使ってドバドバといれているとイブキがお風呂にやってくる。

「イブキ、ちょっと待っててな。もうすぐお風呂に水ポーションはれるから。そしたら夕食後にはお風呂入れるからね」

 あれ? イブキがまたしてもすごい顔しながらこっちを見ている。

「イブキどうした?」
 そこからイブキと楽しい楽しいジェスチャーゲームがはじまった。

 イブキは一生懸命何かを説明しようとしている。
 丸い……なんだ。おけ?

 違う。
 もしかして井戸?
 おっ正解か。それで……。

 井戸……水……ニコバア?
 それから挌闘するごと十数分。

 井戸から水をお風呂に入れていたんじゃないのかと聞きたかったらしい。

「あれ? イブキ俺が魔法使えるの知らなかったっけ?」
 イブキは大きく頷く。

 またジェスチャーで話をしようとしてきたが、
「イブキって文字は書けるの?」

 ジェスチャーゲームはゲームで楽しいがまだお風呂と夕食タイムが残っている。
 イブキはあっ……という顔をして部屋の中から堅木の杖を持ってきて何事もなかったかのように地面に文字を書いて質問をしてきた。

『テル様は水と土魔法が使えるんですか?』
 イブキは真剣な顔で俺を見てくる。
 そんなに見つめられたら照れてしまう

「いや違うよ。水と土、それに石、風、火を使えるよ。っていっても生活魔法だけどね」
 イブキが俺の顔をさらに見つめてくる。俺の顔に何かついているのか?

 もしかして毛穴が……いや汚れてる?

『テル様、生活魔法だなんて謙遜しないでください。普通の生活魔法はもっと威力が弱いですしこんな土壁作ったりお風呂いっぱいに水をいれられません。魔力が欠乏して倒れてしまいます』

「えっ……? 嘘でしょ 」
 どうやら俺の生活魔法は規格外なようだ。
 村で見せびらかすよう使わなくてよかった。

『それに普通の人は生活魔法を使えても多くても1つか2つです。3つ以上使える者は王宮魔導士へ試験の挑戦権がもらえると言われています』

「本当に?」
 イブキの目が魚が死んだような目になっている。
 これはまずい。どうにかして俺の威信を復活させなければ。
 いや、もともと俺に威信なんてあったか?

『テル様はどこでお生まれになったのですか?』
 勇者として召喚されたことを言うか一瞬迷ったが傘の勇者なんて言ったところで信用してもらえないだろうと思い誤魔化しておくことにした。

「名もない田舎の村育ちだから常識がなくてさ。色々迷惑かけるかもしれないけどよろしくな」
 イブキも聞かれたくないのを察したのかそのあとは雑談をして深くは追及してこなかった。

 確かに魔法を使っても疲れないので不思議な感じはあったが、もっとこの世界のことについて知る必要があるようだ。

 ニクスは俺たちの雑談に飽きたのか途中で大きなあくびをしながら先にお風呂に入りにいっていた。
 風呂好きな鳥って……。

「勇者として神からもらった武器が傘だった俺は一人追い出された。えっ?なにこの傘軽く見積もって最高じゃん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く