話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者として神からもらった武器が傘だった俺は一人追い出された。えっ?なにこの傘軽く見積もって最高じゃん

ノベルバユーザー521142

卵から産まれたのは……とても綺麗な赤とオレンジ色をした

 家に戻ってからイブキに今日の依頼のことを話をした。
 初めての海藻拾いだったが意外と楽しくできたことなどイブキは楽しそうに話しを聞いてくれているを話していると、あの拾った卵のことを思い出しイブキにみせてみた。

「これってなんの卵かわかる?」

 イブキは受け取るといきなり振って中身を確認しようとする。

「イブキ! 振るのはちょっと待って! なかにまだ生きている子がいたら可哀想だから」
 イブキは一瞬キョトンとしたしていたが、卵を一通り触ってから首を横に振り、何の卵かわからないアピールをしてテーブルの上におく。

 そりゃそうか。触っただけでわかるはずがない。
 イブキはテーブルの上で卵を置きフライパンを指さす。

「食べられると思う? いつ頃生まれたものかわからないから生で食べるのは危険だと思うんだよな。でも、この赤とオレンジの色はいつかイブキにも見せてあげたいって思うくらいすごく綺麗なんだ。だから飾っておいてもいいかなって思う」

 イブキは卵を机の上でゆっくり転がしている。
 しばらくすると、イブキが転がしていないのに卵が少し動いている。

「イブキ! 卵が動いている! なかになにかいるみたいだよ!」
 卵はゆっくりと動いていたが、やがて一部が割れ黄色いくちばしのようなものが見えてくる。

「おぉー!」
 よかった。爬虫類系だったらどうしようかと思ったが、どうやら鳥系のようだ。
 こういう場合無理にこちらが手をだした方がいいのだろうか。
 いや、この子は今自分の力でこの世界にでてこようとしているのだから今は応援してあげるべきだろう。

「頑張れ」

 イブキも両手を前で拳を握り応援している。
 それからしばらくして、黄色いくちばしだけでなく赤い羽毛が見えてきた。

 どうやら赤い鳥のようだ。
 それから二人で応援すること約1時間。やっと卵からでてきたのは赤とオレンジ色が綺麗なひな鳥だった。

 俺がずっとひな鳥を見つめていると、ひな鳥と目があう。
 なんて可愛い鳥なんだ。
 瞳がウルウルしていて見る者を惹きつける魅力がある。

 ずーっと見ているとひな鳥が俺にダッシュして飛びついてくる。
 慌てて受け止めると、ぬいぐるみのように羽毛がふわふわで柔らかい感触がある。
 これは手触りがすごく気持ちいい。

「ピヨヨ」

 触られるのがうれしいのか目を細めながら指にじゃれついてくる。
 生まれてすぐに触っても大丈夫なのか? 
 不安になるが積極的にすり寄ってくるのでずっとなでてやる。

 可愛い奴だ。ここペット可の物件だろうか。大家さんに怒られたりしない?
 そんなことを一瞬気にするが暴れたりはしないので大丈夫だろう。

 イブキの方を見るとイブキも触りたいようだったのでイブキの手のひらにのせると驚きと嬉しさととでフリーズして固まっている。俺とひな鳥を見比べている。

「イブキ可愛いだろ?」」

 イブキは頷きながらも、ひな鳥をテーブルに置くと悲しそうな顔をしながら調理道具を指さす。

 ひな鳥もビックりしたように俺の顔を見てくる。
「いや、食べないよ」
 稼ぎが悪いからって、そんな生まれたてのひな鳥を食べるなんてことはない。

 イブキは大げさに胸をなでおろすしぐさをする。
 確かに一時期は食べられるかなんて思いもしたが、さすがに生まれてきたものが可愛すぎてこの子を食べるなんてできない。

 食べ物とかはどうしたらいいのかわからないが、とりあえずポーションでもあげておくか。 ポーションさんは万能だからな。きっと成長にもいいに違いない。

 本格的な食事は明日キムバァに聞いてみればいい。

 その日、ひな鳥用にタオルで巣を作ってやったが起きた時にはなぜか俺の髪の毛の中で寝ていた。潰したら危ないからな。寝る時は気を付けないといけないようだ。

「勇者として神からもらった武器が傘だった俺は一人追い出された。えっ?なにこの傘軽く見積もって最高じゃん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く