話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生

青空鰹

第9話

 グエルさんが助けて欲しそうな顔で見つめてくるが、俺は自業自得と思いながら、トレーニングに再開する事にした。
 後ろから、 待ってくれぇ! と言う声が聞こえて来た気がするが、無視しよう! うんっ!! そんなこんなでトレーニングを終えて帰って来た。

 ん? なんだか、家の中が騒がしいなぁ。誰か来たのか?

 そんな事を思いながら家の中へ入ると、青ざめた顔でミュリーナさんが俺の元へ来た。

 「エルライナ! ちょうど良かったわ!!」

 「ちょうど良かったって、それよりもどうしたんですか? そんなに顔を青ざめさせて?」

 「アイーニャ様とネルソン様。それに魔国の大使がここに来たのよ!」

 「魔国の大使・・・・・・」

 それってもしかして、オウカさんの事か?

 「バルデック公爵様達ならともかく、大使まで相手するのは流石に生きた心地がしないから、なんとか出来る?」

 要するに、俺が三人の相手をしてくれって事だよな。それになんでオウカさんが俺の家に来ているんだ? 魔国は遠かったはずだろう?

 「・・・・・・まぁ良いや。家に上がっているのなら、顔を見せないといけないしね」

 そしてなによりも、見せなかったら報復が怖いしな。

 「エルライナァ〜。やっぱりアナタは良い人だわぁ〜!」

 そう言ってくれるのは有り難いけど、どさくさに紛れて俺の胸を揉むのは止めて欲しい。

 そんな事を思いながら、家の中へと入って行く。

 「ただいま戻りましたぁ!」

 「お帰り、思っていた時間よりか、早く帰って来たわね」

 そう言って出迎えてくれたのはオウカさんで、リズリナさんとエイミーさんはその後ろにいた。

 「お久しぶりです。オウカさん」

 「あら? どうしてここにいるんですか? って聞かれると思っていたんだけどぉ・・・・・・もしかして、私がこっちに来てるの知ってたの?」

 「玄関先で、ミュリーナさんが魔国の大使が来ている。って聞いたから、もしかしてオウカさんじゃないか? って」

 「ああ〜なるほどねぇ」

 「そんな事よりも、どうしてオウカさんが私の家にいるんですか?」

 俺がそう聞くと、その質問を待ってました! 言わんばかりに近づいて来た。

 「魔人の本拠地を攻めるのに対して、予定と作戦の打ち合わせをしていたのよ! 後は、ミハルのお仕置き」

 ミハルちゃんのお仕置き?

 わけが分からない。と言った様な顔をしていると、オウカさんがニッコリした顔で話し始めた。

 「だってあの子、定期的に手紙を寄こす様に注意したのに、全然寄こさなかったのよ。理由を聞いたら、時間がなかったぁ〜。とか、書く事がなかったぁ〜。って言うから、思わずお尻ペンペンをしちゃったわ」

 オウカさんにお尻を叩かれるミハルちゃん・・・・・・想像出来ないな。

 「それに、ここに来たのにもアナタへの挨拶の他に理由があるのよ」

 「他の理由ですか?」

 「ええ。私達の国で働いている影達が、敵の情報を持って来てくれたのよ」

 「敵の情報!」

 それは是非とも欲しい!

 「でもねぇ〜。ほいそれと話すと厄介な事になっちゃうからねぇ〜。教えるかどうか悩んでいたところなのよ」

 悩んでいるって、おいおいおいおいっ!

 「味方への情報共有は必要な事だと、私は思っていますが?」

 「私自身もそう思っているわ。だけど、どこに内通者がいるのか分からないでしょ?」

 「確かにそうかもしれませんが、私は・・・・・・」

 「アナタを含めたここにいる人達は、内通者ではないってのは分かっているわ。でも、どこで誰が聞いているのか分からないから、ここに来たのよ」

 それじゃまるで、俺の家が密会の場所みたくなってるじゃないか。

 「そういう事だから、リビングに行きましょう」

 「あ、はい」

 オウカさんに促される様にして、リビングへと行く。

 「やっと帰って来たねぇ!」

 「アイーニャ。トレーニングなんだから、遅いのは当たり前じゃないか。それに、なにも言わずに来たのは私達の方なのだから、文句を言うのは筋違いじゃないか?」

 「まぁそうだけどさ。ところで、周りには怪しい人物はいなかったかい?」

 「は、はい! 今のところは怪しい人物は見当たりませんでした!」

 ミュリーナさんの声が上擦っている。顔の表情からも緊張してるのが分かる。

 「そう。なら本題に入るのさ」

 「そうですね。本題に入りましょうか」

 オウカさんはそう言うと、袖から巻物を取り出して広げた。

 オウカさんが巻物を広げる姿は、いつ見ても様になるんだよなぁ。

 「我々の隠密部隊の調べによりますと、魔人は二人だけの様です」

 「二人? 本当にたったの二人だけなのかい?」

 「はい。恐らくエルライナが魔人を次々に倒したお陰だと思いますよ」

 え? 俺のお陰?

 「私、そんなに魔人を倒していましたっけ?」

 「ハァ? 何を言ってるのさ! アンタ以外に誰がいるって言うのさ!」

 いや、だってねぇ。ドーゼム以外は後一歩ってところで邪魔が入っていたし。

 「まぁまぁ落ち着いてくださいアイーニャ様。本人がそう仰っているのですから、そう言う事にしておきましょう」

 「・・・・・・分かったのさ。話の続きをするのさ」

 そう言いつつも、どこか納得のいかないって顔をしているアイーニャ様に、申し訳ない気持ちになってしまった。

 「話の続きなのですが、魔人達は城に籠り、なにかをしているみたいです」

 「そのなにかとは、なんなんだい?」

 「そこまでの情報は記載されてないので分かりませんが、なにかをするつもりの様です」

 「一体なにをするつもりなのか、調べないのですか?」

 「・・・・・・そこまですると相手に気づかれそうなので、断念しているみたいです」

 オウカさんのその言葉を聞いたバルデック公爵は、悩ましい顔をしていた。

 その人達の判断は間違っていないと思う。だって、本拠地を攻めようとしている時にヘマをしてバレたりでもしたら、計画が全て水の泡なんだから。

 「・・・・・・話は分かったのさ。そいつらには、引き続き偵察をして貰う事にした方が良さそうなのさ」

 「ご理解して頂き、ありがとうございます」

 「他に変化。と言うよりも、目立った動きはあった?」

 「目立った動きは一つ。定期的に馬車が出入りしている事ぐらいです」

 「馬車? なんで馬車が古城をでいるするのさ?」

 「我々の諜報員のしらべによりますと・・・・・・」

 オウカさん。今更ながら思ったのですが、その巻物って何メートルぐらいあるんですか? 前の文章が床の上で折り重なってますけど!

 「・・・・・・あった! 恐らく食料と備品。それに闇の魔石らしいです」

 「闇の魔石?」

 「はい。闇の魔石です」

 「確か闇の魔石の使い道は、召喚魔法の時と、闇系魔法を使う時ぐらいでしたよね?」

 そこら辺は向こうの方で聞いたから、覚えている。

 「そうね。研究員も亡くなってしまっているのに、なんで集めているのかしら?」

 「ひょっとしたら、強い魔物を呼んで従えるつもりなのかも」

 強い魔物を従えるか。

 「う〜ん・・・・・・それは違うと思います」

 「どうして?」

 「いくら切羽詰まった状況でも、強い魔物を一匹従えただけで状況を覆せると思いますか?
 私だったら強い魔物を一匹出すよりも、沢山の魔物を従えさせた方が良いと考えます」

 戦争は強い兵器を保有しているのはもちろんの事だが、戦車もしくは戦闘ヘリが1機しかなく、蟻や蜂みたいな大群の様な兵士を相手にしたら負けるだろう。

 「そうだとしたら、大量の魔物を従えるのが相手の目的?」

 「断言は出来ませんが、そうかもしれませんね」

 「だとしたら、出発を早めた方が良いかもしれませんね」

 その後も、バルデック夫妻とオウカ様と共に、会議をしていたのであった。

「クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く