話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生

青空鰹

第8話

 どうしてこうなった?

 先ほどまで吐いて気を失っていた大輝くんだったが、気絶から目覚めるとすぐに美羽さん達に正座させられた上に、罵倒されているのだ。

 「全く、吐くならトイレに行きなさいよっ!」

 「そうよ! ここでぶち撒けたら、誰が掃除すると思ってるのよっ!!」

 「途中で抜けるって選択肢は、なかったのかしら?」

 「大輝・・・・・・臭い」

 「はい・・・・・はい。申し訳ありませんでした」

 大輝くんはそう言うが、頭痛を感じながらも頭を下げている。

 「みんなその辺にしてあげたら、大輝くんツラそうだよ」

 それにまた吐いたら賜ったものじゃないから、早くトイレに行かせた方が良いと思うし。

 「でも、エルライナのお家を汚そうとしていたしぃ」

 「それはそれ。これはこれ。大輝くん、まだ気持ち悪い?」

 「・・・・・・はい」

 「ならトイレに行って来なさい。そして全部出し終わったと思ったら、私のところに戻って来て。二日酔いの薬をあげるから」

 「すみません・・・・・・エルライナさん」

 彼はそう言うと、千鳥足でリビングを出て行ってしまった。

 「ハァ〜・・・・・・相変わらず、エルライナは人に優しいね」

 「あの状態は優しいとか言う話じゃないですよ。むしろ心配しない方が、おかしいレベルです」

 そう言った瞬間、大輝くんの嗚咽がリビングまで聴こえて来た。

 「・・・・・・グエルさんは大輝くんに、どれだけお酒を飲ませたんですかね?」

 「分かんないけど、あれは相当飲んでいると思うわよ」

 「確かグエル団長は、五から六件ぐらいはハシゴ酒をするからぁ〜、軽く見積もって・・・・・・エールを二十杯以上飲んでるんじゃないかなぁ?」

 酔い潰れるどころか、致死量じゃないかぁ?

 そんな事を思っていたら、大輝くんがリビングに戻って来た。

 「臭っ!?」

 うん。それは思っても言うもんじゃないと思いますよ。ミュリーナさん。

 「どう、少しは落ち着いた?」

 「・・・・・・はい。だいぶ落ち着きました」

 「胃酸と一緒に吐いている様なものだから、口を濯いで来た方が良いよ。それと、はい、これが二日酔いのお薬ね」

 「わざわざ用意してくださって、ありがとうございます」

 彼はそう言うと、千鳥足で台所の方へと向かった。

 「大輝、可哀想」

 「ねぇ伊織。本当にそう思ってる?」

 美羽さんの問いかけに、伊織ちゃんは顔を逸らした。

 ま、まぁ伊織ちゃん自身、大輝くんの事が好きなんだから言えるんだよねぇ・・・・・・うん!

 「ところで、確かエルライナはお酒を飲まないのよね?」

 「ああ。まぁ、はい」

 「それなのに、なんで二日酔いの薬を持っていたの?」

 「ああ〜、偶になんですけど、酔ったアイーニャ様が私のお家にくる時があるので、常備しておく事にしたんです」

 家に上がり込んで、一室で寝た事もあったからなぁ〜。その度に使用人が俺のところに来て平謝りをしていたっけ。

 「へぇ〜、それじゃあ、酔った時ここを使わせて貰おうか!」

 「私も!」

 「それは止めてください」

 そんな事をしたら、溜まったもんじゃないって!

 「冗談よ、冗談! だからそんな恐い顔をしないで!」

 いいや、本気だったんじゃないか?

 睨んでいたら、伊織ちゃんが側にやって来た。

 「今度からは、エルライナのお家を利用しよう」

 「そうね! そうすれが宿賃が浮くし!」

 「ダメだからね」

 しかも、お願い! って顔を近づけもダメなものはダメなのぉっ!!

 そんな事を思っていたら、大輝くんが台所から戻って来た。

 「どうも・・・・・・エルライナさんのお陰で少しスッキリしましたぁ〜」

 先ほどよりは顔色が良い大輝くんを見て、ホッと胸を撫で下ろした。

 この表情なら、また吐く事はなさそうだ。

 「ところで、大輝くんに伝えておかなきゃいけない事があるんだ」

 「伝えておかなきゃいけない事? なんでしょうか?」

 「六日後の早朝に、魔人の根城へ攻める事が決定したよ」

 「本当ですかっ!?」

 「うん。話によると、現地集合だから出発は五日後の早朝に南門前に集合」

 「その時に私達も一緒に行くから、早起きしなきゃダメよ」

 美羽さんの言葉が突き刺さった様な反応を見せる大輝くん。

 「分かってるよ。美羽」

 「その前に、二日酔いを治すのが先」

 うん、そうだよね。

 「五日もあれば治るって。つーか、まさかあんなに連れ回されるとは、思ってもみなかった・・・・・・アイタタタッ!?」

 ありゃま。頭痛に襲われているみたいだね。

 「今日はもう宿に帰って横になった方が良いよ。それと、送って行った方が良い?」

 「はい・・・・・・一人では帰れそうにないので、お願いしても大丈夫ですか?」

 「準備をするから・・・・・・ん?」

 俺がイスから立とうした瞬間、美羽さんと伊織ちゃんが大輝くんの側についた。

 「大輝を送るのは私達でやるんで、大丈夫です」

 「ん・・・・・・だからエルライナは、家でゆっくりしていて大丈夫」

 あ、なるほど。そういう事ですか。

 「同じ宿に泊まってる美羽さん達に任せれば、間違いないですね」

 「そうそう。それじゃあ行きましょうか、大輝!」

 「私達が看病してあげる」

 「ああ、うん。ありがとう二人共」

 「「いえいえ、お構いなく」」

 なんか顔に恐さを感じる様な気がするけど、気のせいだ! 気のせいって事にしておいた方が幸せだよ! うんっ!!

 自分に言い聞かせる様にして、大輝くん達を見送った。

 「さて、今日はなにをしようかなぁ?」

 とりあえず、朝に出来なかったトレーニングでも、今から始めようかなぁ?

 「もしかして、 トレーニングでもやろうかなぁ? って考えてない?」

 おう、ミュリーナさんに思考を読まれてしまった。

 「そんな顔をしなくても、私達は邪魔をする気はないわよ。行ってらっしゃい」

 「良いんですか?」

 「ええ、行ってらっしゃい」

 「じゃあ、お言葉に甘えて」

 自室でトレーニングウェアに着替えると、玄関前で準備体操をする。

 「洗い物とかは私達方でやっておくからねぇ」

 「ありがとうございます! ミュリーナさん!」

 「いえいえ、私達の方がお世話になっているんだから、これぐらいの事はやらないとねぇ〜! それじゃあ、くれぐれも怪我にならない様にね」

 彼女はそう言うと、ドアを閉めた。

 さて、俺もトレーニングをしに行きますか。

 ジョギングを始めてちょっと経った時に、見覚えのある顔が目に映った。

 「あれはぁ・・・・・・グエルさん?」

 ドアの前でなにをしているんだ?

 「頼む! 俺が悪かったから、許してくれぇ!!」

 『私と子をそっちのけにして呑み明かすなんて、父親として恥ずかしくないんですかっ!?』

 「いや、恥ずかしいと思っているよ。でも、俺にも付き合いってもんがあったからさぁ」

 『アナタの事だから、お酒を一杯飲んで次にまた次にと飲んでいたら、最終的に夜を明かしたんでしょ?』

 グエルさんは痛いところを突かれたのか、身体をビクッとさせていた。

 「あ、いや・・・・・・途中で俺も止めようと思ったけどぉ〜」

 『ふぅ〜ん。また誘いを断れなかった。なんて言い訳を使うの?』

 「あっ!? そんな事は言わない!」

 『じゃあ、何て言うんですか?』

 「そのぉ〜、勇者が居たから歓迎会を開いてなぁ・・・・・・飲んでいたら、いつの間にか夜を明かしてたんだ」

 グエルさん、その言い訳は通用しないと思う。

 『・・・・・・言い訳はもう良いです! 少し外を歩いて、酔いを覚まして来なさい!』

 「そんなぁ〜! 反省しているから、家に入れてくれぇっ!!」

 情けなく項垂れているグエルさんに近づくと、足音で気づいたのか振り向いた。

 「エルライナ・・・・・・」

 「二日酔い用のお薬を渡しておくので、水と一緒に飲んでください」

 「エルライナぁ〜」

 優しいんだなぁ! って言いたそうな顔をしているけど、そうは言わせませんよ!

 「そ・れ・とぉ! 私も子供と奥さんがいるのに、朝まで飲み明かすのは良くないと思っております! なので、反省をしてくださいっ!!」

 肩を落としているグエルさんを無視して、振り返ってトレーニングに戻るのであった。

「クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く