話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生

青空鰹

第6話

 なんだかんだあったが、みんなサッパリとした顔でお風呂から出て来た。その後は二つの部屋に別れて就寝準備に入るのだが・・・・・・。

 「ねぇみんな。私聞きたい事があるんだけど、聞いても良いかなぁ?」

 「ん? 何かしら?」

 「なんで私のベッドに入っているのかなぁ?」

 俺の部屋にはリズリナさんとミュリーナさんがいて、客室の方には美羽さんと伊織ちゃん。それにエイミーさんがいる。

 「「まぁまぁ」」

 「まぁまぁ。じゃないよ!」

 せっかく二人の為に布団を用意したのに、これじゃあ意味ないじゃん! 後、ミュリーナさんが俺の胸を揉んで遊んでいるし!

 「二人共、眠る気があるんですか?」

 「うん、あるよ」

 「私はもう少し楽しんでから寝るから。気にせず眠って」

 いやいや! 揉まれているのは俺なんだから、気にしない方がおかしいって!

 「とにかく、ミュリーナさんは私の胸を揉むのを止めてください!」

 「ええ〜っ!? いいじゃないのぉ。女の子同士なんだからぁ」

 そういう問題じゃないんですよ。そういう問題じゃねぇ!

 「そうですよ。エルちゃんの胸を揉むのは羨ましいけど、気になって眠れなくなっちゃいますよ」

 「それもそうね」

 ミュリーナさんはそう言うと、揉むのを止めてくれた。

 「全く。これだけ胸があるのに告白しないなんて、世の中の男達は目がないのかしら?」

 「ミュリーナさん。私、男性から告白を受けた事ありますよ」

 「そうなの?」

 「そうだよ。私、エルちゃんが告白されてるのを見た事あるもん」

 そうだな。リズリナさんと遊んでいる時に、告白された事が何度かあったな。

 「それであっさり断れて終わるのがオチになってたよ」

 まぁ、身も知らない男性と付き合うのは、俺嫌だもん。

 「ハァ〜・・・・・・エルライナの心を射止める男性は、どこの誰なのかしらねぇ〜」

 「どこかの貴族かも」

 「ひょっとしたら、王族かもしれないわよ」

 「いやいやいや、私を無視して勝手な話をしないでください」

 つーか、なんで貴族とか王族が出てくるんだよ。

 「そうね。エルライナが誰と結婚をするのか、その時までのお楽しみにしておきましょうか」

 「賛成! それじゃそろそろ寝よっか」

 「おやすみ!」

 「おやすみ」

 リズリナさんとミュリーナさんはそう言うと、目を閉じてしまう。

 結局二人共、勝手に話をして眠っちゃったよ。

 「・・・・・・おやすみ」

 そう言ってから、俺も眠りに着いたのだが。

 む? むむむ? なんか身体が変だぞ。

 そう思いながら目を開けて見てみると、なんと黒い影が三つも増えていた!

 「んんんっ?」

 目を凝らして見てみると、なんとエイミーさんに美羽さん。それに伊織ちゃんだったのだ!

 なんでこんなところにいるっ!? しかも俺にピタッと張りついてるし!

 「これじゃ動けない」

 そう言ったら、脚にくっついていた美羽さんが寝返りをしようとしたのか、脚を引っ張って来た。

 イヤイヤイヤイヤッ!? 待ってくれ! そんな事をしたら、俺の脚が洒落にならないって!

 なんとか抵抗して防いだものの、今度はリズリナさんの手が俺の顔に覆い被さって来た。

 「ワプッ!?」

 なんなんだよ。もぉ〜!

 そんな事を思いながら、リズリナさんの手を退けた。

 これじゃ、安眠出来ないぞ。

 この状況に危機感を感じたので、ベッドから出てリビングへと向かい、ソファーの上で横になった。

 ここ、俺の家だよな? 家の主人の俺が、なんでこんなところで寝なきゃいけないんだ?

 そんな事を思っていたら、すぐに微睡み、眠りに着いた。

 ・・・・・・ん? 誰だ? 身体を揺すってくるのは?

 身体を起こして見てみると、笑顔のリズリナさんと目が合った。

 「おはよう。エルちゃん!」

 「おはよう、リズリナさん。朝早いんですね」

 「エルちゃんが朝早いって聞いたから、起きるのを合わせたんだけどぉ」

 ああ、俺に合わせて起きたのね。

 「いえ・・・・・・・もう少し遅い時間に起きてます」

 時間を見てみると、五時丁度。後、三十分は眠りたかった。

 「エルちゃんどうするの? このままトレーニングに行くの?」

 「何も口にしないでトレーニングするのは良くないので、少し食べてから行きますよ」

 そう言ってから起き上がり、チョコと牛乳を飲んでからトレーニングウェアに着替えて髪を一つに纏めた。

 「それじゃ、行って来ます」

 「帰ったら髪を梳かしてあげるからねぇ!」

 リズリナさんの声を聞いた後、外で準備体操をしてから、いつものトレーニングに励んだ。
 そしてトレーニング終了後に、リズリナさん達から おかえり。 の言葉を受ける。

 「シャワー浴びてくるよ」

 「それじゃあ、私が身体を洗い流してあげようと思って」

 「汗を流すだけなので要りません!」

 って言うか、なんでやらしい顔をしているのかなぁ?

 「そうなんだ。なら身体を拭いてあげるね」

 「それは・・・・・・お、お願いします」

 なんだろう。断ったら泣きそうな気がする。

 「やったぁ! これでエルちゃんに、少し恩返しが出来る!」

 恩返し? ああ、そういえばリズリナさんを二回も助けたもんな。

 「別に気にしなくても良いんですけど」

 「エルちゃんはそう思うかもしれないけど、私にとっては大きな事だからね。朝食は私が作るから、楽しみにしててね!」

 「あ、はい」

 ・・・・・・恩に関しては、そういう事にしておこう。

 ニコニコ笑顔で見つめているリズリナさんを他所に、シャワーを浴びに浴室の方に向かうと、美羽さんとバッタリ会った。

 「おはよう、美羽さん」

 「おはようエルライナ。リズリナは?」

 「リズリナさんならリビングにいますよ。伊織ちゃんを見てない気がするんですけどぉ。もしかして、まだ眠っていますか?」

 俺がそう聞くと、美羽さんは欠伸をしてから答える。

 「ああ、うん。伊織なら、まだ寝てるわ。もしかして、もう朝食が出来てるの?」

 「確認しただけなので、そのまま寝かせてて大丈夫ですよ」

 それに今起こしたら、可哀想だし。

 「それじゃあ、私は汗を流しにお風呂場に行きますね」

 美羽さんは、俺がトレーニングウェアを着ている事に今気づいた様子を見せると、横に動いて進める様にしてくれる。

 「お風呂を堪能してね」

 「シャワー浴びるだけなので、出るのは早いですよ」

 そう言うと俺は浴室に向かい、シャワーを汗を流した。

 「・・・・・・こんな幸せな日々がいつまで続くんだろうか」

 髪を乾かしながら前世の事を思い出していたら、ふと言葉に出て来てしまった。

 弟は死んで、ろくでもない両親も死んだ。その上、虐めていた連中はこの世界に来たのだけれども、自業自得なのか、自分の足元がおぼつかない状況に立たされていが、中にはまともな人達がいたのは嬉しかった。

 「魔人達の根城に行く時、彼らも来るのかな?」

 そうだとしたら、ただの荷物になるんじゃないか? それに一番気になるのは、岡野と猪瀬の二人だ。

 「岡野の方は再起不能気味だから大丈夫だと思うけど、猪瀬の方は戦う前から足を引っ張ろうとしないよね?」

 また城壁の様な事を言い出したら、顔をグーで殴り倒そうか。

 そんな事を思っていると洗面室のドアを開く音がしたので、振り返って見る。

 「あ、エイミーさん。おはようございます」

 「おはよう、エルライナ」

 こっちにくるって事は、もしかしてお風呂に入る気なのか?

 「エイミーさん。私はお風呂から出たので、入っても大丈夫ですよ」

 「ああ、違うわ。アナタの髪を梳かしてあげようと思ったから、ここに来たのよ」

 俺の髪を?

 「そんな事をしたら、リズリナさんが怒っちゃいますよ」

 「良いのよ。リズリナはミウと楽しく料理をしているから。きっと忘れているわよ」

 エイミーさんはそう言うと俺の後ろに立ち、ブラシで髪を梳かしてくれた。その後リビングへと行ったら、リズリナさんが怒ったのは言うまでもない。

「クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く