話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生

青空鰹

第4話

 こうして美羽さん達が参戦の、お泊まり会が始まった。

 「それでねぇ。エルちゃんが助けてくれたんだよ!」

 ああ〜懐かしい。オークからリズリナさん達を助けた時、そんな感じだったなぁ。

 「そうなんですかぁ。ホント、エルライナなら、なんでも出来そうな気がするわ」

 「戦えるし、料理は出来るし、なによりも強いし頼りになるし」

 「そんな事はありませんよ」

 現に魔法が使えない人間なんだから。

 「そんな事を言っちゃってぇ。本当は嬉しいんでしょ?」

 うん、その通り。だから必死に堪えているんだよ。

 「そういえば、ダイキって子はどうしたの?」

 「ん。大輝ならグエルって人に連れて行かれた」

 「なんでも、飲み会しようって事らしいわ。まぁ大輝の事だから、楽しんでいるんじゃないかしら」

 日本じゃ未成年って事で飲めないんだけど。この世界は15歳が成人だからなぁ・・・・・・って、ちょっと待てよ。

 「大輝くんって、お酒が好きなんですか」

 「ん〜・・・・・・どちらかと言うと、苦手な方だった気がする」

 「お酒よりも場の雰囲気を楽しむタイプで、飲むよりも楽しく話をする方かも」

 「ああ〜、そうなんだ」

 お酒が苦手でも、大輝くんが楽しそうにしてるのなら、気に掛けなくてもいいか。

 「それよりも、エルライナは気になる人はいるのぉ?」

 「気になる人ですか?」

 気になる人。この場で言うと、好きな人って事になるよな。

 「気になる人はいませんよ」

 「じゃあ、例えば好みのタイプは?」

 「歳上のダンディな人」

 「ええっ!? そうなの? キースとデートしていたって話を聞いていたから、てっきり好みだと・・・・・・」

 「あれはキースさんに無理矢理デートに誘われただけです!」

 あの時はだけは、断れなかったんだよ!

 「そうなんだぁ。じゃあ、エルライナの事を気にしていた兵士達は、諦めなきゃいけないわね?」

 「え? どうして兵士達の話が出てくるんですか?」

 「それはだって、兵士達の間で人気よ。アナタ」

 「それにエルライナは戦の女神って言われているのよ。戦いを始める前に、アナタに祈りを捧げるのよ」

 マジですか?

 「祈る時も、エルちゃんの名前を出してるのよ。もしかしたら握手とか求められるかもしれないよ」

 それもマジですか!

 「エルライナのファンは沢山いるからねぇ」

 「うん。大輝もその一人。だから会うたびに嬉しそうな顔をしているし、なによりも終わった後に嬉しそうに身体をクネクネさせてるから、正直言って
ウザイ」

 「私もその姿を見るたびに、キモいから止めて。 って言いたくなる」

 うん、そうだろうね。

 「大輝くんはともかく、美羽さんや伊織ちゃんは、誰か好きな人がいるの?」

 「大輝」

 おう、ストレートに言うね伊織ちゃん。

 「えっとぉ〜・・・・・・大輝?」

 「なんで疑問系なんですか?」

 「いやだって、なんだか最近、変になって来ているから」

 う〜ん。コメントしづらいなぁ。とにかく、良かったね大輝くん。美羽さん達に嫌われなくて・・・・・・好感度は低いけど。

 「リズリナさんは気になる人いるの?」

 「エルちゃん!」

 そう言って抱きついて来たので、呆れた顔になってしまう。

 「なんで私の名前が出てくるんですか?」

 普通は異性でしょ。

 「ええ〜! 二回も助けられて、好きにならない方がおかしくない?」

 「う〜ん?」

 異性の人ならともかく、同性の人に助けられて好きになるものなのか?

 「それにさっきも言ったけど、エルちゃんと一緒になればこの家に住めるし」

 前言撤回! 最低だこの人!

 「エイミーさんは、誰か気になる人いますか?」

 「婚約者がいるんだけど、今この状況だから中々会えないのよねぇ」

 「えっ!?」

 「ウソッ!?」

 いや、なんでミュリーナさんが驚いているんだよ。

 「エイミー、アナタ婚約者がいたの?」

 「ああ〜。ミュリーナには話していなかったわねぇ」

 「素敵な男性でしたよ」

 あ、リズリナさんは会った事あるんだ。

 「クゥ〜ッ!? さては私に取られると心配したから、話さなかっ他のね!」

 「いいえ。話す機会がなかっただけよ。だからそんな恐い顔をしないで」

 うん。ミュリーナさんが悔しそうな顔をしてる。

 「早く良い人を見つけろ。って、私だって分かっているわよ! でも良い人がいないから、こんな事になっているんじゃない!
 だったら、良い人を紹介しなさいよ! クソババァ!?」

 そう言って、暴走を始めるミュリーナさんを見て、俺達はドン引きしてしまう。

 ああ〜。これは聞くまでもなさそう。

 「まぁ、良い人がいたら紹介しますよ」

 「そんな事言って! どうせ嫌味でしょ!」

 そう言うと俺の胸に飛び込んで来た。しかも、胸を揉んでいる。

 「この胸か! やはりこの胸が兵士達を魅了をするのかぁ!?」

 「ちょっ! 止めて下さいよっ!! てか、胸を揉むのを楽しんでいませんか?」

 「あ、バレた?」

 バレたじゃないですよ! バレたじゃ!

 「・・・・・・やっぱり、大輝も胸の大きい娘が好き?」

 「う〜ん。そこら辺は確認してみないと分からないわね」

 大輝くん気をつけろ。男としての器が試されるぞ。それと、もう胸を触るのを止めて欲しい。

 「ちょっと失礼」

 美羽さんはそう言うと、俺の胸に触れて来た。

 「ちょっ、なにをしているんですかっ?」

 「う〜ん。やっぱり胸が大きいと触り御ごちが良いわね。それに手の形に合わせて・・・・・・」

 「ちょっと、止めて下さいよ!」

 「良いじゃない。女の子同士なんだから」

 ムッ!? ミュリーナさんと同じ事を言うか。だったら!

 「それなら私も触る!」

 そう言ってから、近くにいるミュリーナさんと美羽さんの胸に手を置く。

 「キャッ!?」

 「ひゃぁっ!?」

 うむ、自分の胸しか触った事がないから分からなかったけど、人によって違うんだなぁ。

 「美羽さんの方は、肋骨に当たりますね」

 「嫌味を言ってるの?」

 いや、そういうわけじゃないからさ。手を緩めてくれるかな? 痛いよ。 

 「う〜・・・・・・」

 伊織ちゃんは自分の胸を見つめて触っていると、エイミーさんに肩を置かれた。

 「同情ならいらない」

 「そう?」

 なんだろう。伊織ちゃんに睨まれている気がしてならない。

 「私が男だったら、とんでもない事が起きていた気がする」

 「そうね。そろそろ止めてくれないかしら」

 ミュリーナさんに言われた通りに胸から手を離すと、イスに座り直す。

 「そういえば、夕ご飯を考えていなかった。どうします?」

 「またすき焼きが食べたい」

 すき焼きを食べたいか。

 「寿司をご所望」

 伊織ちゃん。それは俺だけが苦労するから却下するよ。

 「私は・・・・・・みんなで食べられるものなら、なんでも良いわ」

 美羽さんマジ天使です!

 「良い子ぶっちゃって、そう言っておけば、エルライナが自分の好きなものを作ってくれるってるんでしょ?」

 「そ、そんな事はありませんよ」

 ウソだ。だって目が泳いでいるもん。

 「ハァ〜・・・・・・結局、皆さんは私が作る前提で話してませんか?」

 「うん。だってエルライナが作る料理は、美味しいしねぇ?」

 「そうよ。下手したら、そこら辺で店よりも美味しいわよ」

 「すき焼き美味しかったなぁ〜」

 それは作ってくれと言ってるんですか。リズリナさん?

 「パスタは?」

 麺とソースがあれば完成するシンプルなやつ。

 「却下。どこでも食べられる」

 「主食だから、食べ飽きてる」

 「お米と合う料理をお願いします」

 そう来たか。だったら、あれを作ろうか。

 「今日の夕ご飯はあれにしますか」

 「え? なにを作るの?」

 「それは出来てからのお楽しみ。美羽さん、手伝ってください」

 「え? 私切るだけしか出来ないよ」

 「切るだけで良い料理なんで大丈夫ですよ」

 あの料理に難しいところはないしな。

 「そう。なら手伝うわ」

 俺は料理をする為に、美羽さんを連れて台所へと向かうのだった。

「クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く