話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生

青空鰹

第7話

 薄暗い通路をトウガさんの後ろをついて行く様にして奥へと歩み進んで行く。そして突き当たりに着くとトウガさんは立ち止まり、目の前の独房を指をさした。


 「この中にオオノがおる。近づいて見てみるんじゃ」


 トウガさんの言う通りに独房へ近づくが、中が暗くてよく見えないのでライトを取り出して照らしたら、すぐにその行動に後悔してしまう。


 「ッ!?」


 独房の中にいる大野の姿は見るに耐えない姿をしていて、簡易的な木のベッドの上で横たわっていた。


 「あの姿じゃ逃げられないと思うのじゃが、念のため独房に入れておる」


 「身体の方は?」


 「傷口の一部がまだ化膿しておるが、時期に良くなると医者は申していた。しかし、オウカ様に聞いていると思うのだがぁ・・・・・・」


 「生活に支障が出る話は、聞いています」


 そう会話していると、大野が首だけ動かしてこちらを見て来た。


 「お前が・・・・・・エルライナ、だな?」


 荒い息づかいをさせて話しかけくる大野。恐らくその荒い息づかいの原因は、寄生型モンスターに肺と喉をやられてしまったからかもしれない。


 「ええ、私がエルライナです」


 「お前・・・・・・俺達と、同じ・・・・・・世界の住、人だろう?」


 そう言ってくる大野の対して、俺は睨んだままだんまりする。


 「クフフッ、ゲホッ!? ゲホッ!? ・・・・・・銃を使って、いる時、点で・・・・・・もう、分かって、る」


 「でしょうね? だからなに? 私は用件を聞きたいんだけど?」


 「お前、の・・・・・・ほん、とうの・・・・・・名は?」


 つまり大野は俺の前世の名前を聞きたいのだろう。


 「答える義理はないと思っているので、諦めてください」


 「そう・・・・・・か」


 ん? しつこく聞かれるだろうなって思っていたけど、あっさりと引き下がったな。まぁ良いや。


 「私から聞きたい事があるんだけど、答えてくれるかしら?」


 「な・・・・・・んだ?」


 「アナタと一緒に来た子供達の事を教えてくれないかな?」


 そう聞くと俺を見つめたまましばらく黙った後に、話し始めた。


 「いや・・・・・・だ。と・・・・・・言った、ら?」


 「回れ右して帰ります」


 一応ボクシングでいうところのジャブ並の軽い脅しだが、この人に通用するか?


 「・・・・・・アイ、ツらは・・・・・・最、低な、ヤツ・・・・・・らだ」


 「敵に寝返ったアナタが言える言葉じゃないでしょ?」


 トウガさんが余計な事を言うんじゃない! と言いたそうに見つめてくるが無視する。


 「そう、だな・・・・・・でも、アイ、ツらは・・・・・・俺か、ら、見て・・・・・・も、ヒドい・・・・・・ヤツ、らだ」


 「どうして?」


 「ア、イツ、ら・・・・・・は、最初、は、良かった・・・・・・だが、時間、が、経っ・・・・・・ていく、に、つれ・・・・・・気が、大き、くなっ・・・・・・て、来た」


 「ボロが出たんじゃないの?」


 どうせアイツらの事だから、猫被りをしていたに決まっている。


 「そ、う・・・・・・かも、な。今、じゃ・・・・・・迷、惑、ばかり、か・・・・・・けて、いる・・・・・・連、中に、なって・・・・・・いる。一部、は・・・・・・違、うが・・・・・・な」


 ん? 一部は違うが?


 「真面目な子もいるの?」


 「ああ・・・・・・で、も・・・・・・迷、惑を、かけ、ている・・・・・・連、中に・・・・・・あ、頭を、なや・・・・・・ませ、て、いた、か・・・・・・らな」


 「その子達が不憫ね」


 迷惑をかけている連中せいで自分達にまで迷惑を被っていそうだな。いや、絶対にそうだ。


 「ああ・・・・・・今、思、えば・・・・・・そ、いつ、ら・・・・・・の、力、になれ・・・・・・ば、良かっ、た・・・・・・の、かも・・・・・・しれな、い」


 「そうかもね」


 大野はこの数日間独房の中で後悔し続けて、今になってやっと自分が愚かな事をしてしまったのに気づいたみたいだ。


 「次、は・・・・・・お、れの、番・・・・・・だ」


 「ん?」


 「お、前の・・・・・・名、前は?」


 なるほど、前世での名前を聞きたいのか。


 「私とアナタは、一度会ってますし、アナタの事を良く知っています。記憶を辿ってみれば、私の事を思い出すはずですよ」


 「・・・・・・・・・・・・そう、か」


 彼はそう言うと反対方向に顔を向けた。


 「その身体は自分の行いが生んだ結果です。今の姿を戒めとして受け止めて生きて行きなさい。行きましょう、トウガさん」


 「あ、ああ」


 来た道を戻ろうとした時だった。


 「俺、も・・・・・・倉、も、と、の様・・・・・・に、転・・・・・・生し、てれば・・・・・・こんな・・・・・・」


 「性根が腐っているアンタじゃ無理だよ」


 俺が振り向いてそう言った瞬間、大野のすすり泣く声が独房の中から聞こえて来たのを背に、出口に向かって通路を歩んで行く。


 「トウガ様、エルライナ様。もうよろしいのですか?」


 独房へ続く通路を出た瞬間、監視役の人に声をかけられた。


 「ああ、もう話は済んだ。仕事に戻ってくれ」


 「ハハッ!」


 兵士さん達はそう返事をすると、自分達の持ち場へと戻って行く。


 「エルライナ殿」


 「なんでしょうか?」


 「その・・・・・・失礼だと思うのじゃが、ヤツと会ってみてどう思ったのじゃ?」


 「ちょっと可哀想だな。って思いました」


 ああなってしまったのは 自業自得だ。と言えば終わりなんだけれども、さすがにあそこまで痛々しい姿を見ると、気持ちがね。


 「後、その。お願いがあるんですけど、聞いて貰ってもよろしいでしょうか?」


 「ん? 話しておくれ」


 「明日、明後日の準備の為に買い出しに行きたいんですけど、私に護衛をつけて貰えないでしょうか?」


 今日総合ギルドに行って、懲り懲りしたわ。


 「ああ〜、やはりそうなったかぁ」


 「トウガさん、こうなる事を予想していたんですか?」


 「ああ、勇者達の時も散々な目にあったそうじゃから、お主もこうなるだろうと思っていた」


 ん? 待てよ。トウガさんが予想してたって事はぁ〜・・・・・・。


 「もしかしてオウカさんも、こうなる事を予想していたかもしれない?」


 「そうかもしれぬ」


 せめて忠告ぐらいして欲しかったよ、オウカさん。


 「まぁそれは置いといて、私は部屋の方へ戻りますね」


 「ああ、分かった」


 お互いに手を振りながら別れて、自分の部屋へと戻った。


 「ただいまぁ〜!」


 そう言ったが誰も お帰り。 と返事をしてくれない。まぁ普通はそうか。


 「暇だから明日買う物をピックアップしておこうかな?」


 一人で行くのであれば買い出しなんてやらないのだが、大輝くんやオウカさん達の様な人達と行くのであればまだしも、他の人が同行するとなると自重しなきゃいけない。


 一応ボールペンとメモ帳を取り出して、思い浮かんだ物から順番に必要な物を書いていく。


 「調理器具一式。テントはぁ、買った物を使えば良いからいらない。
 タオルの方は多目に買っておこう。小分け用のお皿を買わないと。器タイプとヒラ皿タイプを二枚づつ買おう。なければストアから買って間に合わせればいいか。後は洗ざ・・・・・・ん?」


 廊下側の襖から熱い視線を感じたのでそちらの方に顔を向けて見ると、殿様が襖から顔を出していた!


 「ヒィィィイイイイイイイイイイイイッッッ!!?」


 俺は生まれて初めて、生的な意味で危機感を感じ取っていた。


 頭出している時点で隠れる気ゼロじゃんっ!! てか、この人懲りてないのっ!?


 「エルライナどのぉ〜、今時間があるかのぉ〜?」


 「これから温泉の方に行こうと思っているので、殿様とお付き合いしている暇はありません」


 「なら妾と共にお風呂を共にするのは、どうかのぉ〜?」


 「・・・・・・ハァ?」


 なにを言っているんだ、この変態親父は。ポリスメェーン呼ぼうか? あ、でも異世界だから無理か!


 「それに妾の方は準備が出来ておるからのぉ〜」


 「準備?」


 準備って、まさかおい!


 危険を感じ取ったので、後ずさる様にして殿様から距離を取った。


 「フッフッフッ、妾と、ぉぉぉおおおおおおおぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおおおおおっ!!?」


 変な奇声を上げたと思ったら、顔が引っ込んで行った。なんか、ホラー映画で見た事がある展開。


 「・・・・・・まさか」


 そう言いつつ奇襲に警戒つつ襖に近づいてから開くと、なんと殿様のフンドシを引きづっているお妃様がいるではないか。


 「我の殿が失礼を仕りました」


 お妃様はペコリと頭を下げるが、殿様の方は俺に助けてと言いたそうな目で見つめてくる。


 「いいえ、お妃様のおかげで助かりました。あの、私から提案があるのですが、聞いて貰っても良いでしょうか?」


 「どないな提案ですか?」


 お妃様の耳元でコショコショと殿様に聞こえない様に説明したら、OKが貰えた。なので明日買い物に行く予定を潰して、お妃様に提案した事をやる運びとなった。

「クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く