話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生

青空鰹

第20話

 「ゼッタイ、ゼェ〜ッタイにぃっ!! ラミュールさんをギャフンと言わせてやるんだからぁっ!!」


 帰り道の道中にそう叫ぶので、通行人の何人かは振り向いてこっちを見てくる。


 「それは絶対に無理ね」


 「なんでそう言えるんですかぁっ!!」


 「私があのお母さんから生まれた娘だから、分かるのよ」


 「もしかして、子供の頃にラミュールにいたずらしようとして、よく返り討ちにされていたから言える。って訳じゃないですよね? って、うわぁっ!?」


 なぜかいきなり胸を鷲掴みにして、恐い笑みを浮かべながらモミモミしてくる。


 「え? えぇっ!?」


 『ゴッ、ゴクリッ!?』


 俺が戸惑っている中で、一部の人は生唾を飲み込む。しかし、こっちはミュリーナさんに対して危機感を感じているので、 百合百合しい。と思わないでくださいっ!!


 「ママァ〜、あのひとママよりもおっきいよ!」


 「コラ! 見ちゃいけません!」


 母親は我が子の教育上よろしくないと思ったのか、子供の目を手で覆っている。でも我が子の言った事を気にしているのか、自分の胸と俺の胸を交互に視線を移して見比べている。


 「・・・・・・ねぇ、エルエル」


 「ハ、ハヒッ!?」


 目の前で胸を揉んでいるミュリーナさんが、余りにも恐いので思わず声がうわずってしまった。


 「私もね。小さい頃、お母さんにイタズラをしようとした事があったのよ」


 「う、うん・・・・・・誰にでも経験があると・・・・・・・・・・・・・思います、よ?」


 「でもね。いざイタズラをやろうとする前に見破られちゃうの。そして、未遂で終わった事なのにお仕置きされるのよ。
 あのお仕置きの恐ろしさ・・・・・・アナタに分かる?」


 ミュリーナさんの身体が震えている! ラミュールさんは自分の子に、一体どんなお仕置きをしていたんだっ!! DVじゃないよね?


 「でも、こうしてエルエルのお胸に顔を埋めていると、あの日の恐怖がウソの様に消えていくわぁ。ハァ〜・・・・・・ホント、癒される」


 ミュリーナはお胸から手を離して、抱きつきながら俺の胸に顔を埋めている。そんなミュリーナさんに対して優しい声で語りかける。


 「・・・・・・ミュリーナ」


 「・・・・・・ん」


 「ただ単にミュリーナさんが私のお胸に、顔を埋めたかっただけですよね?」


 「ばれたぁ〜〜〜」


 満面の笑みを浮かべながら、顔を押しつけているミュリーナさん。俺はその顔を見た瞬間に ホント、腹が立つ。 思ってしまった。


 「だってお母さんの胸は断崖絶壁って言って良いほど、お胸の膨らみがないんだもん。あのお胸でよく私を育てたなぁ〜。って今でも思うもん」


 「育てて貰った実の母親に対して、そう言っちゃいけませんよ!」


 「そうね。本人の目の前で言ってたら、娘である私でさいも容赦なく半殺しにしていたかもしれない」


 「うわぁ・・・・・・」


 ラミュールさんのお胸は絶壁なのは、本人に対して言ってはいけない地雷ワードか。良い事を聞いたような、違うようなぁ〜・・・・・・てか、とにかく帰りたい。


 「〜〜〜〜〜〜ぃぃぃいいいいいいつけたわぁっ!!?」


 大声のする方に顔を向けて見ると、全速力で走ったのかレンカさんが息を切らせていた。


 「レ、レンカさんっ!? どうしてここにいるんですか?」


 「き、聞い、ハァ、ハァ・・・・・・たわよ。ハァ、ハァ・・・・・・エルエル・・・・・・ハァ、ハァ・・・・・・で、メイドで、ハァ、ハァ・・・・・・天使をやってたの・・・・・・ハァ、ハァ、しかも、ハァ・・・・・・パンツチラチラお宿までお持ち帰り! ハァ・・・・・・ハァ・・・・・・聞いたわよ!」


 なにを言っているんだこの人は?


 「もしかして、昨日エルエルがメイド喫茶で天使の様な振る舞いで働いてて、そしてそのままバルデック 公爵夫人にお持ち帰りされた。しかもパンツがチラチラ見える姿で、宿に担ぎ込まれところを目撃したと話に聞いたわよ!  って言いたいんじゃないのかしら?」


 「うんうん!」


 昨日の出来事を話していたのか!? てか良い大人なんだから、言いたい事を相手に伝わるように整理してから話せよ!!


 「私もその姿を見たかったわっ!! じゅるり」


 「じゅるりって、レンカさんいかがわしい事を考えてませんか?」


 「だから今日帝国で作られたメイド服を見てきたわっ!! そして私の中でレボリューションが起きたから、帰って速攻で服の製作に取り掛かったわ!!」


 なんとまぁ、行動力のある人だこと。


 「こ、この人はっ! 有名な服の仕立て屋のレンカ様じゃないっ!!」


 「この人有名なんですか? てか、どさくさに紛れてお胸揉むのを止めてください」


 「ええ、有名よっ!! 魔国の着物作りの名人で、数々の名作を作り出した人なのよ! そして彼女の作った着物は安いものだと金貨十五枚で、高いものになれば金貨三百枚はするのよっ!!」


 「き、金貨三百枚っ!!?」


 おいおい、それが本当なら俺が貰った着物は一体いくらになるんだよ? 後、いい加減その手を離してくれ。


 「しかもぉ、しかもよっ! 魔国の将軍にその腕を認められて、人間国宝に任命されたのよ!!」


 「えっ!? 人間国宝っ!!?」


 「だからあの人が作った着物着て社交界に出れば、注目の的間違いなしっ! 身分違いでも自慢出来るっ!! 貴族が喉から手が出るほど欲しがるそうよっ!!」


 「へ、へぇ〜・・・・・・」


 レンカさんの方に顔を向けて見てみると、 うへっ、うへへぇ〜〜〜・・・・・・じゅるりっ!! とやらしい顔つきで、俺の服に顔を擦りつけていた。


 本当に人間国宝なのか、この人は?


 レンカさんの姿に呆れつつ、両肩を掴んで引き剥がす。


 「どうしてレンカさんは、ここにいるんですか?」


 「決まってるじゃない! 今からw」


 「お断りします!」


 「まだなにも言ってないじゃないっ!!」


 「どうせ、 新作の試着の為に私のお店に来て! って言いたいんでしょ」


 「そうよ! 服の革命に協力してっ!!」


 俺の手を取り輝かしい瞳を向けているのに対して、俺は呆れた顔をしながらレンカを見ていた。


 「お断りします。あと、ミュリーナさんはそろそろ本当に私のお胸を揉むの止めてくださいっ!!」


 「はぁ〜い!」


 満足しているのか、良い笑顔をさせながら手を離してくれる。


 「なんでよっ!!」


 「私、明日から帝国のh」


 「その事はギルド長から聞いているわ! だからこうやって呼び止めてんじゃない!!」


 「仰っている事がよく分かりませんが?」


 もしかして、今日の内に服を仕上げておきたいから。なのか?


 「そうよ! この創作意欲がある内に、作っておかなければ最高の作品が出来ないのよっ!! 駄作になっちゃうわ!!
 例えるならば、シェフがカマドの火を点けたのに、火を消してから さぁ鍋に具材を入れましょう! って言っているものよっ!!
 あれ? 例えているのに意味が分からない!」


 うん。確かにレンカさんの言う通り、その例えは意味が分からない。もっとましな例えをして貰いたい。


 「もっと分かりやすく例えるなら! 野鳥を狩りしに来てハンターが、目の前に美味しそうなターキーがいるのにもかかわらず、狩ろうせずに観察しているのと同じよ!!」


 「う、うぅ〜〜〜〜〜〜ん?」


 ダメだ。例えが分からない! てかこっちにも、ターキー七面鳥がいたんだ。


 「とにかく、この情熱が冷めてしまう前に完成させたいの! ついて来てっ!!」


 そう言いながら俺の手を引っ張ってくるので、全力で抵抗する。


 「むぅ〜りぃ〜でぇ〜すぅ〜っ!! 明日の準備があるので!」


 「そこをなんとか! 半日だけだから!」


 「無理です!」


 「一日だけでいいからぁっ!!」


 「・・・・・・じゃあせめて、四日だけでも」


 「日にちの桁が上がってるんですが?」


 明日の予定を潰すなっ!! 重要な仕事なんだぞっ!!


 「チィッ!? バレたか」


 「普通にバレるわっ!」


 「ねぇ二人共、私に提案があるんだけど、話しても良いかしら?」


 さっきから話もしなかったミュリーナさんが、手を上げながら言ってきた。


 「どうぞ」


 「エルエルは、レンカ様のお店に行くのが嫌なのよね」


 「嫌って言うよりも、明日の為を考えると受けられないだけです」


 口ではそう言うけど、本音は面倒くさいので行きたくない。です。


 「そう、ならこうしましょう。レンカ様がエルエルお家で、服の仕立てをすれば問題ない! ですよね?」


 「はぁっ?」


 ミュリーナさんの突拍子もない提案に、思わず素っ頓狂な声を出してしまった。


 「いやいやいやいや待って! 服を仕立てる為の道具とかを、私のお家に持ってこなきゃいけないから、道具の持ち運びに時間が掛かって無理でしょ?」


 「名案ねっ!!」


 「えっ!?」


 「服自体はもう完成しているから問題ないのよ! 裾とか見た目のバランスとか、細かいところの調整すれば良いだけだから、そんな大きな荷物はいらないのよ!」


 「なんとっ!! ん? サイズ合うのですか?」


 「サイズはエルエルに合わせているから、問題ないわ!!」


 「あ、そうなんですか」


 なんでサイズを俺に合わせて作ったんだ、この人は?


 「そうゆう事なら決まりね! エルエルのお家で会いましょう!!」


 「そうね! ところで、アナタのお名前は?」


 「ここのギルド長のラミュールの娘、ミュリーナです」


 レンカさんはその言葉を聞くと、ニッコリと不敵に微笑む。


 「そうだったので。それじゃあエルエルのお家でお会いしましょう」


 「それじゃあまた」


 そして、レンカさんはミサイルのように俺達前から走り去って行く。


 「え、ええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ・・・・・・」


 結局、俺はレンカさんの仕事をやる事になってるじゃんっ!!


 「さぁ私達も、帰るわよぉーっ!!」


 「もう、やだぁ〜・・・・・・」


 投げやりの状態になっている俺の手を、ミュリーナさんが引っ張って歩き出すのであった。


 ハァ〜・・・・・・あ! てか、こうなるんだったら、依頼を受けてれば良かったんじゃない? そうすればお金を貰えたし。


 今更後悔しても遅かったのは言うまでもない。

「クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く