話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生

青空鰹

第19話

 「・・・・・・でだ、お前に任せたい仕事がある」


 おい、ファミリーネームの問題を無視して話し始めたぞ、この人は。


 「もう聞いていると思うが、魔国の大使であるオウカを護衛して貰う。もちろんバルデック会長の命令だから、お前に拒否権はない」


 「拒否もなにも最初からやるつもりでしたから、そう言わなくても大丈夫ですよ」


 「そうか、明日の朝六時に東門を出て、左側に脇に待ち合わせだ。遅れたらダメだぞ。いいな」


 俺が遅れて来たり、ましてやサボったりすると思っているのか、この人は。それよりも。


 「分かりました。でも、このファミリーネームを直して・・・・・・」


 「何度も言うようだが、私の権限では直す事が出来ない。抗議ならバルデック会長に言ってくれ」


 「そうですかぁ〜・・・・・・」


 こうなったらもう、バルデック公爵様達に抗議するしかないのか。護衛任務が終わったら、すぐに抗議しに行こう。


 「あ、それと。昨日受けたウルフとゴブリンの討伐任務の報告を、したいんですが良いですか?」


 「ハァ〜・・・・・・本来なら受付嬢の仕事なのだが。仕方ない、乗りかかった船だ。私がやろう」


 「お母さん、優しいね」


 「仕事でやっているだけだから、優しいもヒドいもない」


 ラミュールさんはそう言うと、差し出していた総合ギルドカードを取ってカウンターへ向かう。


 「・・・・・・うむ。ちゃんと討伐しているな。後は討伐部位をここに出してくれ」


 「はい」


 そう返事をして、討伐証であるウルフの牙五個とゴブリンの両耳をカウンターに置く。


 「ん、数分は揃っているから問題なし。ウルフの死体の方は、いつも通り解体室へ持っててくれ」


 「分かりました」


 ラミュールは俺がちゃんと任務をこなせたのを確認すると、レジっぽい物からお金を取り出すが、渡す途中で あっ!? となにかを思い出したように言う。


 「そうだ。他にもお前に指名依頼が来ていたな」


 「えっ!? 指名依頼?」


 それって、規律違反じゃないんですか? と言おうとしたら、後ろから変な男の人が出て来たのだ! しかも見事なまでのつるっ禿げ!


 「ギルド長! そいつは納得出来ねぇぞっ!!」


 「なんだ藪から棒に、私はお前とは話していないのだが?」


 突然の乱入にラミュールさんは怒っているのか、声のトーンが少し低い。


 「見事なツルッパゲねぇ〜。ベイガーも最近薄毛に悩んでいるみたいだから、歳をとったらこうなるのかしら?」


 そんな事を言ったらダメだよミュリーナさん。でも、ベイガーさん薄毛に悩んでるのかぁ〜。育毛剤を渡してみようかな? さっきのシャンプーや洗顔が普通なのか、たしかめられるから。


 「たしかに魔国から来た大使を、コイツに護衛させるのは分かります! ですが、他に関してならコイツじゃなくても良いでしょうっ!!」


 俺も同意見だけれども、初対面の人に対してコイツ呼ばわりするのは、どうかと思うよ。っていうか、この人誰なんだ?


 「しかしなぁ〜・・・・・・Cランクに成り立てのお前でも、無理な依頼かもしれない」


 あ、なるほど。俺からすると、この人は先輩か。抗議する理由は分かる気がするよ。


 「俺だって総合ギルドに入った頃から、誰よりも頑張ってようやくここまで来たんだ! なのに、Dになったばかりの女に、指名依頼が入るなんて・・・・・・」


 「う〜ん・・・・・・でもなぁ〜。本当に・・・・・・」


 困った様な声で言うラミュールさんを見て、 あれ? この光景、どこかで見た様なぁ・・・・・・。 と思ってしまう。その隣でミュリーナさんが、なぜかニヤニヤしている。


 「俺、どんな任務でもこなしてみせますっ!! だからその依頼を教えてくれっ!!」


 「・・・・・・そうか、分かった。エルライナ宛に来た依頼を読み上げる。その中でお前がやれそうな依頼があったら、絶対受けて貰うぞ。良いな?」


 「喜んでやるぜっ!!」


 その言葉を聞いたラミュールさんは、カウンターから三枚の書類を取り出した。


 「一つ目の指名依頼は、ファッションモデルだ」


 「ファ、ファッションモデル?」


 「そうだ。レンカという服屋が、新しい服の試着してくれる女性を欲しがっていたらしい。しかしお前は男だから、この依頼は受けられないな」


 あの人かっ!? またなんかヤバい事になりそうだから、行きたくないんですけどっ!!


 「その筋肉質な身体じゃ無理そうね。ていうか私、女装した姿を見たくない」


 ミュリーナさん、俺もそう思うよ。ピーチさんじゃあるまいし。


 「二つ目がカットモデルだ」


 「「「カットモデルぅ〜?」」」


 ラミュールさんの言葉に、思わずハモってしまった。


 「そうだ。髪のないお前じゃ無理だろう」


 たしかに、カットモデルは髪が頭に生えてなければ意味がない。それに俺に頼むって事は、多分求めている人材は女性でしょ。行ってもダメだと思う。


 「最後のは・・・・・・これなら、お前でも出来そうな依頼だ」


 「ほ、本当ですかっ!? お、教えてくださいっ!!」


 食いつきが良いな。それほど指名依頼をやりたいのか、この人は。


 「孤児院の掃除と子供達の面倒見だ」


 「・・・・・・はぁ?」


 「聞こえなかったのか? 孤児院の掃除と子供達の面倒見だ」


 「いや、聞こえてますよ! てかなんで孤児院から、指名依頼が来てるんだよっ!!」


 「理由に関しては、子供達がエルライナの事をだいぶ気に入ったからだそうだ。でも、それっきり全くこないから、依頼を出したらしい」


 ああ、そういえば孤児院を出るとき、子供達が名残惜しそうにしていたなぁ〜。約束の方は・・・・・・・・・・・・忘れてただけだ!


 「ホラ」


 そう言いながら、ハゲ頭に向かって書類を差し出す。


 「え?」


 「え? じゃないぞ。この依頼をやってこい」


 「いや・・・・・・こんなのはEランクの仕事・・・・・・」


 「・・・・・・さっきの言葉はウソだったのか?」


 「へ?」


 マヌケな顔をしているハゲ男に対して、ラミュールさんは少し睨む。


 「私が、お前がやれそうな依頼があったら、絶対受けて貰うぞ。 と言ったら、 喜んでやるぜっ!と言ったはずだが?」


 「いや、その〜・・・・・・俺の様なヤツじゃなく、エルライナさんが、家事をこなせる様な方だと思っていなかったので。そのぉ〜、なんと言いましょうかぁ〜・・・・・・」


 おいおい、さっきとは態度が全然違うじゃないか。


 「やる。と言ったんだ、やれ」


 「あ、でも・・・・・・自分は」


 「掃除や子供に面倒見るぐらいなら、誰でも出来るだろう? だからやれ」


 ラミュールの態度が先程とは違い、威圧感を出していて恐い。


 「あ・・・・・・その、ですね」


 ハゲ男は孤児院の仕事をやりたくないのか、脂汗を垂らして顔を青ざめさせながら、どう弁解しようか考えているっぽい。
 そして反対側のラミュールさんは、 やりますと言え。 と言いたそうに、その人を睨んでいた。


 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・はい、やります」


 男の人はラミュールさんの放つ威圧感に心が折れたのか、 やります。 と言ってしまった。


 ま、まるでブラック企業の上司とヒラ社員のやり取りみたいだ。


 「そうか、それは良かった。手続きの方は受付嬢に任せるから、この書類を持って行け」


 「・・・・・・はぃ」


 ハゲ男は諦めた顔で、ラミュールからその書類を受け取る。


 「そうそう、もしもトンズラしたらどうなるのか・・・・・・言わなくても分かっているな?」


 「も、もちろん分かっています! ギルド長!!」


 そう言うとハゲ男は逃げる様に去って行った。


 「ああ〜、やっぱりこうなっちゃったかぁ〜」


 「ミュリーナさん、もしかしてこうなるのを知っていたんですか?」


 「ええ、お母さんが困った様な話し方をする時は、必ずなにか企んでいるのよ」


 ほうほう、それは良い事を聞いたぞ。


 「ところでエルライナ。この依頼だが」


 「受けません」


 「・・・・・・そうだろうな」


 ありゃ? 腹黒のラミュールさんの割には、あっさりと引き下がるなぁ。


 「しょうもない事でも、本人に断れる権利はあるからな。説得も出来ない」


 ラミュールさんの話を聞いて、思わずホッとしてしまう。


 「しかしこのままでは可哀想だから、いつでも頼めるように、依頼人達にエルライナの家の場所を教えておこう」


 「はい?」


 おいおい、それってマズいんじゃないか? つーか見ず知らずの人に、人の家を教えんなよっ!!


 「お前は今日は帰ってゆっくりすると良い。明日から大変な仕事だからな」


 「ちょ、ちょっと待ってください! 人の家を教えないでくださいよ、私に迷惑が降り掛かるんですからっ! ちょっと、どこに行くんですか! ラミュールさん! 待ってぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜っっっ!!!?」


 「こう見えても私は忙しいんだ。仕事に戻らせて貰う」


 俺の声も虚しく、ラミュールさんはカウンターの向こう側へと消えていったのだった。

「クラス転移したけど私(俺)だけFPSプレイヤーに転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く