閉じる

45歳のおっさん、異世界召喚に巻き込まれる

よっしい

第646話 遼太郎と小次郎は

小次郎の妻、友里奈が和佳と珠について・・・・老いない事についての話をしていたころ・・・・

小次郎の息子、遼太郎と、小次郎は・・・・

早速精霊を呼び出していた。

今遼太郎の目の前には、2体の精霊が顕在化している。
もっと顕在化してもいいのだが、今は2体で様子を見る事に。

で・・・・遼太郎と同じぐらいの年齢の姿の精霊と、和佳みたいな大人な精霊が・・・・

「お・・・・親父!すげえよ!」

自分好みの女性が現れたからもう興奮しまくりの遼太郎。

大人な精霊はなんとなく和佳に似ているが・・・・まあ、日本人の姿なので、しかもさっき和佳を見てたからね・・・・

もう一体は高校生ぐらいの少女の姿で顕れたようだ。

因みに刺激が強すぎるから、ちゃんと服・・・今はバスローブを羽織ってるんだよ。
流石に遼太郎の前で裸で現れちゃったら、色んな意味で大変だからね・・・・

「アークマスター、それにマスター、顕在化させていただきありがとうございます。」

「わ・・・・これが人間の姿・・・・ありがとー!」

高校生ぐらいの姿の精霊は・・・・性格も明るそう。そして早速遼太郎に抱き着いてるよ。

「貴方がマスターね?私はまだ名前がないの。よかったら後でつけてね?で・・・・どう?私。」
「うひょおお・・・・・なあ親父、この子抱き着いちゃってきたけど、いいの?」

「まあハグぐらいいいんじゃない?」

「まじ?じゃあお言葉に甘えて・・・・うわ・・・・やーらけ――!」

「まあ、マスターったら♪」

・・・・どうしよう・・・・

【どうされますか、アークマスター?一応私は年上ポジションらしいのですが?】

和佳にちょっと似た美人さん精霊・・・・むう・・・・遼太郎もなかなか良い好みだのう・・・・とか思いつつ・・・・

【そうだなあ・・・・遼太郎はね、学校で女の子とお付き合いしたいんだよ。だけどまあ、おっさんの息子ってばれると、どうも長続きしなくてさ・・・・】

【アークマスター、その件はもう解決済みです。おそらく学校でマスターに対してのそういった行為はなくなるでしょう。そして、モテる事間違いなしですわ。】

【そうならいいんだけどね・・・・あいつ変な自信の失くし方してるから、君達2人でもっと女性との会話を慣れさせてやってほしいんだよ。】

【承りましたわ、アークマスター。それと、肉体関係になった方がよろしいでしょうか?】

・・・・あいつはまだ高校生・・・・

【あまり積極的に、とは言わないけど、くれぐれも避妊は忘れずに・・・・これは今後の遼太郎の為でもあるからね?】

【承知いたしましたわ・・・・あ、もう一体は・・・・おとめしますか?】

・・・・何してんだよ?

【流石にエッチはまだ駄目だよ?色々まあだあるからさ・・・・】

【では止めてまいります。】

【頼むよ・・・・】

おい、いくら相手が精霊でもナニしちゃったら駄目だからな!

          

「45歳のおっさん、異世界召喚に巻き込まれる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く