閉じる

45歳のおっさん、異世界召喚に巻き込まれる

よっしい

第523話 進んでみる事に

「どうなっても自己責任だから!それが嫌なら、ゲート出すから各自で戻って!」

おっさんそう言ったんだけど・・・・
何を今更、みたいな顔をされちゃったよ。

「ここまで来てそれはないぞシラカワ!俺も行く!」

クィンシー、行く気満々だな!
「あんたにも責任の一端がある事を忘れないでほしいなあ?」

「うぐ・・・・いいじゃねえか!つうかシラカワの嫁も何人か参加してただろ?」

すいません嫁候補と、嫁・・・・つまりは確定含め半分がそうでした・・・・

「コジローごめんね?まさかこんな事になるとは思ってのなかったのよ?」

「いいんだよウェンディ・・・・実際初めて放ったんだろ、おっさんの剣の力を。」

「ええ・・・本当に素晴らしいわ!」
ご満悦のウェンディだ。
「しかし・・・・本当にでたらめな力だな!」
ナターリヤがそう感想を述べる。
「そうかい?」
「ああ・・・・それに、帰ったらさっそく新たな剣を打つつもりだろ?」

はい・・・・何だかとんでもない素材手に入れちゃってるから、色々したいです・・・・

「「「ごめんなさい!」」」

ああ・・・・3人の娘さん悪くないのに・・・・
「いや、そもそも君達はおっさんの剣の事知らなかっただろ??」

「はい。ですが・・・・だからと言ってこの結果は・・・・」
「気にしたら負け!悪いのは言い出しっぺで、号令かけたあの阿呆だから。」
おっさんは皇帝を指し示したよ。
「今更ですが、本当に皇帝陛下とため口なんですね?」

「ああ?いいんだよ。あいつも中々ため口張れる奴がいないんだよ。だからせめておっさんぐらいはね・・・・」

「ですが、クィンシーさんも随分ため口ですよね?」

「ああ、親子だからな。本当ならあいつに皇位を継がせたいらしいけど、正室の子じゃないからというのもあるし、クィンシー本人が継ぎたがらなくってね。」

「はあ・・・・そんなものですかね・・・・あ、皆さんしびれを切らせてますよ?」

「わかった。じゃあ行くか。あ、君達3人はおっさんから離れないように。カトリーン、ウェンディ、ナターリヤ、それぞれ3人に張り付いておいて。エルヴィーラは皇帝から離れないように!クィンシーてめえは勝手に判断しろ!」

おっさん適当な指示を出したけど・・・・

「何勝手に仕切ってやがんだ!」

また皇帝の駄目出し・・・・

「あんたの仕出かしたこの緊急事態を、おっさんが何とかしようとしてんだよ!それともあんたがどうにか出来るのか?」

おっさんがそう言ったら・・・・皇帝は口笛を吹きつつ
「さあ行こうか!」

とか言って逃げた。
またかよ。
「あ、リューク君は嫁さんしっかり守ってあげなよ。何があるかわからんからね。」

「はい!シラカワ様そうします。」

さて、この奥はどうなってるのか・・・・何ともない・・・・訳ないよな?

「45歳のおっさん、異世界召喚に巻き込まれる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く