閉じる

45歳のおっさん、異世界召喚に巻き込まれる

よっしい

第476話 白金があるはずの階層をスルーしてしまう

まあ・・・・魚は今はいいと思い、スルー・・・・で、次の階層、43層は・・・・18層が銀だったから・・・・次はどうなる?

そう思っていたんだが・・・・

地味な色合いの岩だらけ。
銀しか出ないのか、この階層も?
銀はなあ・・・・おっさんのイメージでは、錆びるから扱いにくいんだよな・・・・
といったのしかないので、できれば勘弁願いたいのだった・・・・
注)銀のさびと言われてるのは、一般的な鉄のさびとは別物です。酸化するわけではなく、黒っぽくなってしまう・・・・除去はできます・・・・
それを知らないおっさんだった・・・・

で・・・・ここには白金がほんのわずか産出するのだが・・・気が付かずスルーしてしまった・・・・

そして、誰も面倒な鉱石の採掘をしないので、次の階層へ行ってしまった。

で・・・・リザードマンがいた。
結構な数が出現するが、このメンバーではリザードマンに勝機はなく、次々に仕留めていく。

そして、次の階層、45層。またもや魔物が混合で現れたようだが・・・・
「なあ!調査なんだから!何が出現したか確認ぐらいさせろよ!」

おっさん声を張り上げ訴えたが・・・・
訴えるも虚しく、瞬殺だった・・・・
これどう記載すりゃあいいんだよ!

「まあ、このぐらいの階層じゃないと、手ごたえがねえな!」

皇帝はご機嫌だ。
「何しちゃってくれるんだよ!これじゃあ話にならんわ!調査にきてるんだぞ!ボス部屋に何が出現したか、貴重な資料になるはずなのに・・・・何しちゃってくれるんだよ!」
おっさん皇帝を思いっきり怒った。
だが・・・懲りない皇帝。
「まあいいじゃないか!少しぐれえわからんところがあるのも、冒険者にとってはいい緊張感になるだろうよ!」

「それ違うだろ!生存率を上げるために、中堅から上級冒険者が、綿密な下調べの後、ダンジョンに挑むんだ!だからこういった資料は大事なんだよ!どんな魔物も瞬殺!の高レベル冒険者ならいざ知らず!普通はそんな高レベルの冒険者なんかそうそう、いないんだからな!」

もうおっさん我慢するの・・・あまり我慢してないって?もうあきらめ、皇帝に怒りまくる。何度も言うがおっさん怒ってるんだよ?

だが・・・・懲りない阿呆がここにいる・・・・

「なあクィンシー、初心者冒険者助けるんなら、あのくそおやじの暴走止めろよ!」

「なんで俺がそんなことを・・・・」

「お前あの皇帝の息子だろ!」

「だからって関係ない!」

気が付けば俺とクィンシーは取り残されていた・・・・
おい!なんでみんな居なくなるんだよ!

「45歳のおっさん、異世界召喚に巻き込まれる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く