閉じる

45歳のおっさん、異世界召喚に巻き込まれる

よっしい

第403話 メーネアと久しぶりに会う

一度どうするか、皆縁のある領地なり実家なりに向かい、今後どうするかの確認をしてもらいに戻ってもらった。

特に十六夜とリュシエンヌだ。

普段リュシエンヌはおっさんお正妻の立ち位置なので、普段領内から単独で出る事はほとんどなく、久しぶりにロートレック領に向かってもらう事になった。

まあ、ゲートで移動なんだけどね。

で・・・・おっさんもやる事がある。

スキルを所有しているメーネアとカトリーンに、スキルを貰い・・・・いや、譲る相手・・・・ジョスリーヌと月女の予定だが・・・・を連れ、譲渡してもらう予定。

だが、万が一スキルを使ってるなら・・・・考えないとだから・・・・

「じゃあ暫く留守にするから、頼むよ?」

「畏まりました、侯爵さま。」

ジスラン君にそう言い、先ずはインダルチャンス王国のメーネアに会いに行く。

前もって連絡はしていて、すぐに会えるとの事だったので、先に向かう。

と言うか随分会ってないな・・・・

・・・・
・・・
・・



ああ、そうそう、メーネアに最初ついてったウェンディだが、結局シラカワ領内の工房にこもりっきりになっちゃったんだよな。

プライベートのゲートで、何かあったらすぐメーネアの所に来れるようにしてるんだけど。

で、今は隣国との情勢が落ち着いたせいか、ナターリヤがメーネアに付き従っている。

「父上!」
8歳ぐらいの男の子が飛び込んでくる。
「大きくなったな!」
おっさんの異世界での最初の子供。
メーネアの産んだ子だ。
今後はインダルチャンス王国を背負う立場にある。

今は国王になるべく、帝王学を学んでいるらしい。
そして、メーネアに会う。
もう30後半のはず・・・・
だが、全くそうは見えない。

流石に歳はいったが・・・・30後半には全く見えず・・・・

「お久しゅうございます、旦那さま。」

・・・・
・・・
・・



暫らく家族水入らずの時間を取らせてもらった。
あ、因みにこの場にはメーネアたっての願いでウェンディと子供もいる。
ウェンディの子供はメーネアの子供と同じように育てられているみたいで、後々はインダルチャンス王国の公爵になるらしい。

ナターリヤはこういう席が性に合わないようで、会ってくれなかった。

ああ、ウェンディとはよく会ってるからか、ある程度経つと、子供たちを引き連れ、どこかへ行ってしまった。

「旦那さま!」
メーネアが抱きついてくる。
おっさんも思わず抱きしめる。ってまあ妻だし?

そして・・・・
つやっつやなメーネアが、ご機嫌だった・・・・もうとんでもなかった、とだけ言っておこう・・・・
結局、スキルは使っていない・・・・引き継ぐ予定は今のところないので、一旦誰かに譲渡するのは了承を得た。
「この国にも、もっと本格的なシラカワ商会の店を出していただきたいです。」

「今のでは駄目?」
「各都市に出してほしいのです。やはりあの下着は・・・・・ご婦人方に相当好評ですし、シャンプー、とリンス、特にリンスが好評で・・・・」

今工房ではリンスを作らせている。

クエン酸を使った奴だ。

おっさん的にはリンスとコンデショナーの違いが分からないが・・・・

まあ、髪の毛がしっとりする。

やはり油では・・・・

ちょっと暫くはメーネアと話し合わなければいけないな。ああ、オリアーナも連れてこよう。

「45歳のおっさん、異世界召喚に巻き込まれる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く