閉じる

45歳のおっさん、異世界召喚に巻き込まれる

よっしい

第401話 兎に角服と下着は用意してもらわないと

おっさんの異世界売買でブラやショーツ、肌着を購入してもいいけど、今後の事を考えると、候補となるアイテムは、ちゃんと用意してもらわないとね。

「ちょうど今はここに催促している店の面々も来てるから・・・・そもそも要求してきたアイテムは、黒い服・あれは同郷のために用意した。なので、早々放出はできない。これに関しては・・・・まあ、防御力のある服、だけど、今領地の店にも似たのを扱ってるはずだから、とりあえずはそれで代用して。問題は靴だ。あれは完全のオリジナル。あれは売らないから、そのつもりで。売るなら凄い金額になるとだけ伝えてほしい。」

ここで一呼吸置いた。

「え?そんなんで冒険者が納得するとは思えないよ?」

オリアーナがそう言うけど

「だけど・・・・まず女性向けの、下着の補正機能、こっちは・・・・僕が付与しないと現状できないから、数に限りがある。それと、流石に何でもかんでも僕がするのもなんだと思うから、付与するアイテムはあらかじめ各支店で用意してほしい。まあ、実際は工房で作るから、領地に発注して、用意してもらうんだけど・・・・問題は十六夜の要求する服だね。着物。あれはこちらで用意は難しいから、十六夜で用意してほしい。あとは・・・・」

のどが渇いたので一息つく。

「で、旦那さま?旦那様以外で付与する手立ては考えないのですか?」

「ああ・エノーラ、あれは僕のスキルで付与してるから、無理だ・・・・」

「ですから、何かしらの手立てで、魔道具を作り、魔石か何かを原動力で、出来ないものかと思いまして。」

??そんなの無理だろう?


「あのそれは、旦那さまがスキル由来の付与をしているのを、魔道具経由で扱える魔道具の作成をするというのですか?つまり・・・・旦那さまが新たな魔道具を作る、と言う。」

今この場で一番発言力があるのがリュシエンヌ。

何だかんだで息子が跡継ぎとなるから、おのずと正妻に近い立ち位置。

本当ならメーネアやエルヴィーラが担うべき立ち位置なのだが、お互い王族としての務めを優先しているため、こうなっている。

だけど・・・・あれ?魔道具作れば行けるのか?

おっさん的には、カトリーンにしてもらいたいんだよね。

今、おっさんのスキルを譲渡したのはカトリーンとメーネアの2人。

メーネアはインダルチャンス王国で、事実上国を動かしているので、身動きができない。

だが、カトリーンは?

あ、それか・・・2人からスキルを一時的に取り去って、誰かに付与するのも手だな。

「なあ・・・・魔道具は現実的に厳しいが・・・・」

俺は皆に相談を始める。


スキルの事、カトリーンとメーネアに譲渡したスキルを、必要な人に譲渡する・・・・その人に・・・・あれ?おっさんの持ってるのと合わせると3人行けるのか?誰かいないか・・・・と。

ここで色々問題が。

おっさんの妻達の誰かにしてもらうのがその・・・信用問題で一番なのだが・・・・
ぶっちゃけ子供が小さいから厳しい。

また、エノーラみたいに最近妻に加わったけれど、店の責任者なので、これ以上の業務をこなすのは不可能・・・・

どうするか・・・?

え?もっと妻を増やし、そのうちの何人かにさせればいい?誰だよそれ言ったの?

その・・・・すまん、この場のおっさん以外のほぼ全員から言われちゃったよ・・・・

未だ異世界の女性の思考についていけない時がある・・・

          

「45歳のおっさん、異世界召喚に巻き込まれる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く