閉じる

45歳のおっさん、異世界召喚に巻き込まれる

よっしい

第180話 時間がかかるが、少しずつ前進してる?

まあ、次のゲートが拡大するのが何時になるのか分からないけど、前回と同じ1か月ほどなんだろうか・・・・
それまでに準備をしないとね。

おっさん、異世界通販でドラム缶をいくつか買ってみたんだよ。
小さいので内径が400ミリほど。何とか人が通れる大きさかな?
確か円周率がπ・・・・おっさんの時は3.14で習ったけど、今は3で計算?
400ミリなら円の全長が1256ミリ・・・・
これより小さいドラム缶だと、内径が285ミリ?円の長さは・・・・895ミリ。
さらに小さいと?内径が229ミリ・・・・719ミリ・・・あ、これは通れないな。
現実的に内径が285ミリはおっさんが通るのも難しい・・・・肩が通らないし、骨盤も怪しいし。
変形させて平べったくしたら行けるかな?
色々試してみよう。

400ミリほどの奴なら余裕で通れるんだけどね。

あとは・・・・これ、収納カバンから直接出しちゃえば広がるのかな?
それと、無理やり穴をこじ開けるのに、拡大させる道具が必要かな?そんなのどういったのがいるのだろう?
バールを数本使う?拡げて維持しないといけないけど、固定する方法が思いつかない・・・・。

・・・・
・・・
・・


結局おっさん、バールで無理やりこじ開けるのと、ドラム缶を無理やり通すやり方しか思いつかなくてね。
一瞬、カトリーンにゲート内で竜化してもらおうと思ったけど、何が起こるか分からないから止めたよ。
万が一カトリーンに取り返しがつかない事態が起こってしまったら後悔しても手遅れだからね。

おっさんさらにひと月様子を見たら、またあのゲートの中心が広がってね。
あーこれ2つ用意して、向こう側から開けてもらったら行き来できるんじゃない?とか考えたんだけどね、リスクがありすぎて止めたよ。
妻までこちらに来てしまって、帰れなくなったら元も子もないからね。

で・・・・おお!穴が広がる?
広がるけど固定できないから駄目だね。
今回もカトリーンに来てもらってて、手伝ってもらってるんだけど、何とかね、直径30センチほどまでは広げたんだけど、これ以上は広がらなくてね。
で、一度小さなドラム缶をゲートの広がってる所から出したんだけど、小さい奴はそのまま出せたよ。
ただ、小さすぎておっさん・・・・人は通れないんだけどね。
で、おっさんが通れそうなのを出してみたけど・・・・出したとたんにひしゃげてしまってね。
とてもじゃないけどおっさんは通れない感じ。
でも、子供なら通れそうな広さになったかな?

あ、そうそう、このドラム缶、ゲートの出入り口の高さ?は実はそんなにたいしてなかったから、ドラム缶の高さは30センチほどなんだよね。
なので、取り敢えずおっさん片腕と頭が向こう側に出せてるんだよ。
めっちゃ身体を斜めにしてるけどね。
で、全部通ろうと思うと・・・・肩の骨をどうにかしないといけない感じかな。
ただ、やはりというかあまり長持ちしなくてね、おっさん兎に角必要かと思ったものを妻に渡して今回は引き下がったよ。
次回は、直接ゲート使って、妻に今回渡した道具で穴をあけてみてもらおうかと思ってね。

そして、今回はおっさん無理しなかったから大丈夫と思ったんだけど、またもや精神力が枯渇してダウンしちゃったらしい。

「45歳のおっさん、異世界召喚に巻き込まれる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く