話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

復讐の刃ーー独りになった少年が、世界を血の海に変えるまでーー

ノベルバユーザー520245

【第六話】王族狩り ①

ミッドカオスは自他共に認める超大国である。

領土・人口、共に世界最大最多を誇るこの国は、三大国中で最も強い『数』と『量』の力を持つ。

武芸に携わる者の中には、多数で少数を押し潰すことを卑怯と見なす者も多いが、国対国の戦いにそんな甘いことは言ってられない。

結局は勝てばいいのだ。

勝つことが大事なのだ。

勝たなければ意味がないのだ。

それは従来からずっと定着してきた戦国の価値観で、ミッドカオスに住む者は皆それを自覚している。

この国の王であるバルキー・ローズは、その『数』と『量』こそを武器に、この国をここまで大きくしてきた。

そして、

圧倒的『数』をしっかりとした武器として扱うには、洗練された統率こそが何より必要となる。

バルキーの行う統率は、帝王学を元にした恐ろしく練度の高いものだった。

正直、民が喜ぶような生易しい政治を行ってきたわけではない。

『数』を支える『量』を確保するには金が必要で、民からは容赦なく取り立ててきた。

『数』を常に確保するには子どもが必要で、女性を物のようにも扱ってきた。

『数』の戦略には犠牲が付き物で、弱い者や敵国の虜囚は悉く捨て駒に使ってきた。

バルキーは凶王だった。

その下にいる王族たちも狂っていた。

そしてシェルも……傍目には分からないほどきっちり隠しているが、恐ろしく狂っている。

普段は出さないだけで、シェル自身もそれは、自覚していることだった。

「復讐の刃ーー独りになった少年が、世界を血の海に変えるまでーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く