話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

復讐の刃ーー独りになった少年が、世界を血の海に変えるまでーー

ノベルバユーザー520245

【第四話】三谷恭司 ①

ビスを殺せなかったとはいえ、退けることに成功した一行は、取り急ぎ先に進むことにした。

再び一塊になり、先へ進む。

恭一郎の息子である『三谷恭司』もまた、その後ろを付いていった。

他の子どもたちは修吾と恭一郎に抱えられている中、彼と『柊優香』は違う。

抱えられている子どもたちとは違い、瞬動を会得している2人は、自らの足で恭一郎と修吾に付いていっていた。

今のところは何とか付いていけているが、それは恭一郎と修吾が自分たちに合わせて速度を落としてくれているからだろう。

恭司は子どもの割に現実的だった。


「当主様……我々は、このまま進んでも宜しいのでしょうか?ビスはこの先からやってきました。このまま進むのは却って危険かもしれませんが……」


先頭で修吾が恭一郎に話し掛ける。

子ども2人に足を合わせている分、それくらいの余裕があった。


「……そうだな。一度、様子を見るか」


恭一郎が受諾すると、先頭の2人はピタリと足を止め、修吾が周りの木を足場にして素早く駆け上がっていった。

木の上から遠くを見通すためだろう。

恭一郎は下に残り、子どもたちのために残ってくれているのだ。

恭司と優香はその間に休む。

2人の体力で瞬動を使い続けるためには、休息はほんの少しでも必要だった。


「ッ!!アレは!!」


修吾の声が聞こえる。

何か見つけたのだろう。


「どうかしたか!!」


恭一郎が答えると、修吾は一瞬にして下に降りてきた。

瞬動でいきなり現れた修吾は、かなり慌てた様子で口を開く。


「子どもたちと一緒に、当主様もその目で見てください!!大変なことになっています!!」


そう言われ、恭一郎はすぐに動いた。

子どもを抱えたまま木の上に上がり、修吾もその後ろに付いていく。

恭司と優香もその後を追った。


「何……だ、コレは……」


全員で木の上に立つと、そこから見えた景色に思わず絶句した。

こんなことはあり得ない。

こんなことがあっていいはずがない。

勝って知ったるはずのこの日本の森に、いつの間にか広大な広場が形成されていたのだ。

ちょうど自分たちの進もうと思っていた方向の彼方先で、焼け焦げたような黒く広大な円が見える。

あの黒さには覚えがあった。

先ほどまで我が身に降り掛かっていたのだ。

忘れようはずもない。

アレは、いくつもの雷が落ちた跡だ。

「復讐の刃ーー独りになった少年が、世界を血の海に変えるまでーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く