話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

復讐の刃ーー独りになった少年が、世界を血の海に変えるまでーー

ノベルバユーザー520245

【プロローグ】①

世界は真っ赤に染まりきっていた。

空も、地面も、人も。

何もかもが赤かった。

空は絵の具のような不気味な赤色に支配され、地面には斬られた人間の血が染み渡り、死体は焼かれ、紅蓮の炎が街中を覆っていた。

世界は既に半死だった。

生きている人間は元々の何割にも満たないほど少数で、誰も彼もが絶望に打ちのめされている。

光はか細く、闇は限りなく深い。

彼らの目には、世界を呑み込まんとする巨大な黒い竜巻と、世界に向けて放射される巨大な赤い炎が映っていた。

風が吹けば体を裂かれ、熱いと思えば体が焼かれる。

安息の地など、この世界中のどこにも存在していなかった。

どこにいても、風と炎が身を襲う恐怖からは逃れられないのだ。

死が常に側で待機している中で、殺される前に自殺を選んだ者も少なくない。

"その男" も、この地獄の中で絶望する1人だった。

この地獄を引き起こした当人たちを前にして、男はただーーただ見ていることしか出来なかった。


「なんだこれ……」


男は呆然と呟いた。

男の目の前には無数の死体が転がっている。

死体は炎で焼かれ、地面は血で真っ赤に染め上がっていた。

人の肉が焼ける悪臭と血の鉄臭さで、状況としては最悪と言っていい。

死に溢れたこの世界で、男の意識は今にも狂いだしそうだった。

いや、もしかしたら既に狂っていたのかもしれない。

死んだ人間の中には自分の同僚や上司が沢山いたはずなのに、現実感が無さ過ぎて涙の1つすら出てこないのだ。

男はふと空を見上げ、この状況を作り出した元凶に目を向ける。

黒い風を纏った死神。

人を何万と殺した殺人鬼。

歳は10代か20代か。

あまりにも若いそいつは、長大な刀を手に持って、風で空を飛んでいた。

目は爛々と赤く光り、人間離れしたオーラを放っている。

そいつは、その化け物は、涙を流しながら世界に向けて刃の雨を降らせていた。

触れれば人を斬り裂く風の刃を何千と放ちながら、そいつは世界に向けて憎しみと怒りをぶつけていた。

男はその様子を、まるで他人事であるかのように見つめることしかできない。

浮世離れしたその現実を、悪夢の中にいるような心地で見ていることしかできない。

自分に順番が回ってくるのも時間の問題だ。

男は既に、生きることを諦めていた。

「復讐の刃ーー独りになった少年が、世界を血の海に変えるまでーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く