話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

【連載版】断罪の不死者〜転生した俺は最愛との約束を果たす為旅をする〜

ノベルバユーザー519900

目覚め

 「……じ……主人!」
 「うぅ……ん……」
 「おぉ!気が付いたのだな主人よ!」
 「……ここは?」


 目を覚ますと其処は、見覚えのある場所だった。


 「主人達がミノタウルスと戦った十階層なのだ」
 「そうか……でもどうしてここに?確か……」
 「十一階層で罠に掛かった主人は、仲間達の逃げる隙を作る為に一人残った。……ここまでは覚えておるな?」
 「あ、あぁ、それで?」


 十一階層に居たのに、そう応えようとしたのに、それを遮るようにリリムが話し出した。


 「死んだのだ」
 「……え、それだけ?……い、いや死んだのは分かるよ?俺も覚悟してた事だし、でも、ほらもっとないの?……こう、何というか死闘を繰り広げたとか」
 「無いのだ!それだけなのだ!」
 「際ですか…」


 はぁ……でもそうか……分かりきっていたことだが、俺一度死んだんだ。
 まぁ、そのお陰で思い出した。


 そう、俺は転生したんだった


 「どうしたのだ?主人よ」
 「ん?何が?」
 「何か憑き物が取れたような顔をしてるのだ」


 リリムには、話すべきだよな。
 それにリリムには余り隠し事をしたくないからな。
 もし、隠し事してるのバレたら絶対拗ねるだろうし。


 そう思い、俺は打ち明けた。


 俺が転生者で、生前は勇者としてこの世界に召喚された事。
 そして、この世界の現状など知りうる限りの全てを彼女に話した。


 それを聞いた彼女は――


 「へぇー」
 「へぇって、他に何か言う事とか無いのかよ。てか簡単に信じるんだな」


 「うーむ、そうだなぁ、一つ気になるのは、何故主人は記憶を失っていたのかと言う点なのだ」
 「あぁ、それについては多分、フォーリアが関係してると思う」


 恐らくフォーリアは、俺が転生した事に気付き、俺から記憶を奪ったのかもしれない。
 でも奴が関わったのはそこまでだ。
 こうして俺が記憶を取り戻した事には、気付いていないだろう。


 「成る程なのだ……あ!主人の話を信じるのは、主人が死より蘇ったのは確かなのだ。なにせこの目でちゃんと見たのだからな!
 だから、その話を信じる以外ないのだ」
 「そうか……ここまで運んでくれた事もそうだが、ありかとな、それに心配させたみたいだし」
 「な、何を言っておるのだ!別に心配なんてしてないのだ!」


 そう言う彼女の瞼は赤く腫れていた。
 それを見るに、明らかに心配してくれたのは確かだ。


 「別に否定しなくてもいいのに」
 「う、うるさいのだ!」
 「まぁ、とにかくありがとな。……それより俺の制服結構ボロボロじゃ無いか?所々布が無くなってるし」
 「そりゃあそうだろう。あのチョウチン魔物に食われてたのだからな」
 「え?マジ?」
 「マジなのだ!しかし、飽きたのかそれとも元々そこまで食欲がなかったのか途中で食事を辞めてしまったのだ」
 「俺、美味しくなかったのかな」
 「あの時は、妾も自らの死を覚悟したのだ。
 召喚者が死ぬと、妾も自然と消滅してしまうのだ」


 おいスルーするなよ


 「だが、妾が消滅する事は無かったのだ。何故だと疑問に思っていたら、食べ残しの主人の身体が少し光ったのだ。
 そしたら欠損部分から骨が再生し、肉が生え始めたではないか!……うぇ、今思い出してもあの光景は、なかなかに気持ち悪かったのだ」
 「え?やだ何それ怖い、てか食べ残しっていい方酷くない?」

「【連載版】断罪の不死者〜転生した俺は最愛との約束を果たす為旅をする〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く