話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

追放されたら親友が神だと言ってきた

ReiNiaras

第二話 追放

僕は裏庭の作業が終わりいつもの休憩所で休息をとっていると
数名の衛兵が入ってきて
「ノア・ライアス


貴様を横領・暴行・殺人未遂・職務怠慢・贈賄などの罪で逮捕する」
そういって僕を捕まえた


「僕はそんなことしてません
一体誰がそんなこと」
僕は必死に抵抗したが


「うるさいこの大罪人」
そういって僕は殴られた


そして僕が連れていかれた先は謁見の間だった
そこには国王や宰相、近衛騎士団長などの姿があった
しかし、ルークはいないようだ




「おい貴様自分が何をしたのかわかっているのか」
国王はそういってきたが僕は
「何もしてません」
そういった


すると
「確かに彼は何もしてませんよ」
僕の上司はそういって
「仕事もね」
そう付け加えて笑った




すると陛下が
「お前はいつも自分の騎士としての職務は果たさず休息所に入り浸っているようだな」
そういった


僕は
「いえそんなことは」
そういたが
「じゃあなぜ今日も休息時間外に休息所にいたんだ」
そう返された


どうやらあの時間に来たのはわざとだったらしい
「それはただ他の仕事が長引いたから」
僕は理由を伝えようとしたが
「お前らだれかこいつが仕事しているところを見たことがあるか」


国王がそういうとだれも答えず
「ほらだれも見たことがないようだぞ
これ以上嘘をつくようなら処刑だ」


そう言われたので俺はもうなにもいえなくなった
そしてその後
「もういい罪状を読み上げるのも無駄だ
よって判決を言い渡す
お前は国外追放だ」
そういって俺は国外追放が決まった


俺はそのあと手荒に扱われながら馬車に乗せられた
その後一日馬車に揺られていた




そして一日後
「おい降りろ」
そういわれて降りるとそこは魔の森だった


そして後ろで馬車が出発した
ここは魔の森でも相当深い場所だ
そして剣を持っていないため魔法しか戦うすべがない


なので精一杯外に向かって逃げているのだが


「ぎゃ~」
「ガルルル」


すぐに魔物が寄ってくる
「なんで」
俺はそういいながら魔法で必死に倒していく






そしてそれをおよそ1日ほど繰り返したとき
「ファイアーボール


あれ
ファイアーボール」
なんど詠唱しても魔法が放てなくなった


ついに魔力が底をついたのだ
「あと少しなのに」
僕は一生懸命外に向かって走った


しかし
一匹の狼の魔物が追いついて


「ガルゥ」


ドン、ガラガラ


一瞬強い力が僕の体に加わったあと僕は横に吹き飛ばされた


「げほ、げほ」
僕は体に力が入らずただ魔物が近づいて来るのを待つしかなかった




するとブラックベアーが近づいてきた
(まあ一発で死ねるか)
僕はそんなことを考えていた
そしてブラックベアーが手を振り上げた時


「エアカッター」
魔法を唱える声が聞こえて目の前のブラックベアーが真っ二つになった



「追放されたら親友が神だと言ってきた」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く