話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ピーターパンは帰れない。

師走 こなゆき

7-2

「ここって……交通事故とか?」

 わたしは、静かに頷く。

「知り合い、だったのか?」

 わたしは、首を横に振る。

「知らない、近所に住んでいただけの双子の姉弟だよ」

 それを聞くと、シュンは納得できないように首をかしげていた。

「じゃあ、行……」

 わたしが振り返りその場から立ち去ろうとしたが、シュンはなぜか電信柱の前から動かない。

「えっと……どこの誰だかは知らないけど……ってそれはお互い様か。えっと……その、きっと、キョーコは大丈夫だっ。今も、これからもしたたかに生きていけるよ。だってよう、今だってこうやって俺を奴隷の様にさ……いや、そう言うことじゃなくてだな……だからっ! 俺が……いや、お兄さんが保証するよ。心配しないで、な。おれに任せてほしいんだ」

 ……なにか勘違いしてるみたいだけど、まあ良いか。

「何してるの? 暑さで変になっちゃった?」

 そう言うと、なぜかシュンは満足そうに、こちらに笑顔を向けた。

 ね、優しい人でしょ。

「……ありがとね」

 できる限り小さな声で、シュンに聞こえないように呟く。

「んー、何か言った?」

 聞こえているのかいないのか、シュンが聞き返す。

「何でもないよっ」

 シュンに向けた顔はおそらくニヤけていて、嬉しいのを隠せていない。

「さ、行こっか」

「行くって、どこへ」

「だから、買い物だって。ショッピング。前のレポート手伝ったから今日は付き合ってくれるんでしょ」

 わたしはシュンに背を向け歩き出した。

 じゃあ、そろそろ行くね。ヒイ、セイ。

「手伝ったって、ちょっと資料探して貰っただけじゃ……」

 シュンが納得いかなさそうに、ぼそぼそとつぶやく。

「何か言ったぁ?」

 振り返り言うと、少し離れてしまったシュンは、小走りに近づいてくる。

「納得いかねえ……」

 シュンがまた、ぼそりと呟いた。

 さよなら、ヒイ、セイ。

 バイバイ、ピーターパン。

「ピーターパンは帰れない。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く