話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ピーターパンは帰れない。

師走 こなゆき

7.バイバイ、ピーターパン

 久し振りだね、ピーターパン。

 暑いね、ヒイ、セイ。セミが大合唱のように鳴いてるよ。元気だなあ。八月だから、当然だよね。
あれから一年もたっちゃったんだねえ。……二人は、覚えてるかな? わたしだよ小鳥遊《たかなし》恭子《きょうこ》だよ。

 あのね、今は一生懸命に生きてるつもりだよ。

 大学もね、ちゃんと行ってるよ。親の選んだ大学じゃなくて、自分の選んだ大学に。

 まあ、少しレベル下げちゃったんだけど……ちゃんと、自分で決めたんだよ。

 大学はね……楽しい、かな? レポートが多くて大変だけどね。あはは……。

 あ、そうそう。わたしねもうちょっとで二十歳になるんだ。といっても、まだ一年ちょっとあるんだけどね。二十歳だよ二十歳! びっくりだよね。つい最近、二人の前で大人になりたくないって言ってたのに、もう成人しちゃうなんて。

 ……二人との差が広がっちゃうね。

「おーい、キョーコ? どこ行ったー?」

 男の人のわたしを探す声が聞こえる。

 あーあ、来ちゃったかあ。もう少し居たかったんだけどな。

「あ、見―つけた。って……何してんの?」

 わたしが、道の端で座り目を瞑って電信柱に向かっているのを見て、男の人が声をかける。

「ん、何でもないよ」

 この人はね、シュンって名前なの……あ、付き合ってるとかそんなんじゃないよ。

 大学の同じ学年で、ただの、友達。今日は買い物に付き合ってもらうんだ。

 ……結局、あれから一度も会えなかったね。これからも、会えないのかな? 

 わたし、ふいに二人の事思い出すんだ。夜、寂しい時とか特にね。そういう時にシュンにメッセージを送ると、電話をかけてくれて、文句も言わずに、わたしが返事しなくても話し続けてくれるの。わたしが大丈夫になるまで。

 優しい人でしょ。

 わたしが立ち上がると、シュンは、電信柱の麓を真剣に睨みつけていた。

「どしたの?」

「いや、何か居るのかと思って……もしかして、キョーコって霊感ある?」

 は? 霊感? 何言ってんのこの人。

 わたしが堪え切れず吹き出してしまったのを見て、シュンは少し怒ったようにしかめっ面になった。

「ふふ、ゴメンゴメン。でさ、頼んでたのは?」

 シュンは、ああと言いながら、持っていた近くのコンビニのビニール袋から、ペットボトルの冷たいお茶をわたしに差し出す。わたしはそれを受け取り、バッグに仕舞い込む。

「これもだけど、もう一つは?」

 言われたシュンは、ビニール袋から、缶のオレンジジュースを二本取り出した。わたしはそれを受け取り、蓋を開けて、電信柱の麓に並べて置いた。

「ピーターパンは帰れない。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く