話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ピーターパンは帰れない。

師走 こなゆき

6.わたしも、どこか隠れようかなっ。

「じゃーんけーん、ぽんっ」

 目を開いた瞬間、わたしの目に飛び込んできた風景。

 昨日も見た、真っ暗な空に、月面のような風景。辺りを見回すと、昨日よりものが増えている。そのほとんどは、何かよく分らない物の残骸。不時着したらしい、イカ型のロケットが地面にめり込んでいる。あ、中から、二足歩行のウサギが出てきた。

 じゃんけんをする、ヒイとセイの二人。グーとグーであいこ。

「なんで、じゃんけんしてるの?」

 私が尋ねると、二人は同時にこちらを向いた。

「あのね、おねえちゃんが来るの見えたから」

「先に、何をするのか、決めておこう、かと」

 そう言ってすぐ、また向きなおりじゃんけんを再開しだした。

 うーん、やっぱり、わたしの意見は聞かないのかぁ……。

 なかなか決着のつかない二人。置いてけぼりにされ、すこし退屈になったわたしは、寝転がり空を見上げてみた。

 真っ暗な空。いくつもの星が、ワイヤーで吊られたように浮かんでいる。夢の中にも現れたイカ型のロケット。その窓から、猫らしき生物が手を振っている。わたしは、手を振り返し「こんばんはニャー」とつぶやく。イカ型のロケットに乗った猫らしき生物は、少し微笑んだ気がした。

「やったー、勝ったぁ」

 どうやら、決着がついたらしい。起き上がってみると、ヒイが歓声を上げている。その横で、セイが恨めしそうにに睨みつけていた。

「おねえちゃん、かくれんぼだよっ」

 かくれんぼ、懐かしいなあ。わたしも小さい頃はよく……あれ、やったことあったかな? まあ、いいや。

 まだ睨み続けているセイ。さすがに二日連続はかわいそうに感じた私は、そばに駆け寄った。

「ねえ、セイはなにして遊びたかったの?」

「かけっこ」

 かけっこって、走るだけ……だよね?

「えっと……ごめんね、わたしさっきまで走ってきたからさ、走るのはもう良いかな……なんて……」

 我ながらなんてカッコ悪い言い訳。それでも、ヒイは小さくうなずいてくれた。

「じゃあ、最初はあたしが鬼の役するね」

 そう言うと、息つく間もなく、ヒイは数をかぞえ出した。

 セイも、それを分っていたのか、走って離れている。

 さっきまで、泣きそうだったよね? ね?

  わ、わたしも、どこか隠れようかなっ。どこが良いかな。

 とりあえず走りながら、辺りを見回してみる。あの、墜落したイカ型のロケットの中は……わたしの身長の半分くらいしかないし、小さすぎてダメだ。じゃあ、月面にありそうなクレーターは……近くに来たら見つかっちゃうなあ。

 クレーターの横で、マンガなどでありがちな、タコみたいな宇宙人が笑顔で手? らしき触手の一本を振っていたので、わたしも笑顔で手を振り返した。

 ……もう、ここでは何が起きても驚かない気がする。

 とりあえず、ここでいいかなあ。

 三角形のよくわからない建物の残骸の中で、壁にへばりつき、出来るだけ小さい形でしゃがむ。

 目を閉じて、耳を澄ませる。

 おそらく、この世界では風は吹いていない。風を感じないし、風の音も聞こえない。それ以前に、ほとんど音がない。黙ってしまうと、自分の呼吸する音、鼓動の音が聞こえてしまうくらいに静寂した世界。

 足音が聞こえる。ヒイが探しに来たのかな?

 速くなる鼓動の音。ああ、わたし今、ドキドキしてる。

「ねえ、セイとおねえちゃん知らない?」

 ……誰と話してるの? 近くにいた宇宙人さん?

「そっかぁ、知らないかぁ」

 わたしからすれば、ヒイが一人で話してるようにしか聞こえない。わたしは話したことがないけれど、もしかしたら宇宙人さんたちは、何らかのコミュニケーション方法を持っていて、それで会話しているのかもしれない。

「ピーターパンは帰れない。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く