話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自称聖女の従姉に誑かされた婚約者に婚約破棄追放されました、国が亡ぶ、知った事ではありません。

克全

第22話:移民受け入れと神種

「何時も負担をかけてすまないな、セシリア。
 また宝石を創りだしてもらわなければいけなくなってしまった。
 市場と闘技場と歌劇場の税収でうるおっていたのだがなぁ」

「仕方ありませんわ、父上。
 ウィルブラハム公爵家やジェイムズ王国からだけの難民ならともなく、大陸中から多くの民が救いを求めてやってきたのですもの。
 食糧が足らなくなるのは仕方がない事ですわ」

「これは私の慈母聖女という噂のせいかもしれません。
 ごめんなさいね、セシリア」

「いえ、母上に慈母聖女の役割を押し付けたのは私です。
 私こそ母上に大きな負担をおかけしてすみません」

「いえ、そんなことはいいのよ。
 母親が娘の盾になるのは普通の事です。
 セシリアが気にするようなことではありませんよ」

「ありがとうございます、母上」

「それでだ、セシリア。
 食糧を宝石で購入するのはいいのだが、このままでは大陸中の食糧が値上がりしてしまって、もっと多くの民がこの地にやってきてしまうだろう。
 ある程度食糧を購入するのは仕方がないが、できるだけ自給自足できるようにならなければいけないと思うのだが、どう思う」

「はい、父上の申されると通りだと思います。
 今は牧草地で家畜を飼い、乳やチーズを食料にしています。
 ですが今家畜を放牧している場所を来年は畑にします。
 大陸中の商人や旅人が多くの種を持ってきてくれましたから、この地にあう成長が早く収穫量の多い穀物があるでしょう」

 本当はヘルメスの尻を蹴って神界の種を持ってこさせたのですけどね。
 雄弁と計略の神だというのなら、神々を説得して持って来いと怒鳴ってやりましたし、盗人の神だというのなら、神界から種を盗むくらいの覚悟をしろと面罵してもやりましたから、必死だったのでしょうね。

「そうか、セシリアがそういうのならこの一年の我慢だな」

「はい、ですが最初の収穫はもう直ぐだと思います。
 まだ土地が痩せているので並の収穫量しかありませんが、人や家畜の糞尿を撒いて豊かになった土地なら、普通の五倍は収穫できます」

「五倍は凄いな、最初の収穫はほとんど全部新たな畑の種にしなければいけないだろうが、それだけの収穫が見込めるとなると、値段を釣り上げるために買い占めている商人も、損をしないように早めに穀物を売りに出すだろう」

 確かに普通なら父上の申される通りなのですが、売り惜しみや値段の釣り上げをしている商人は、ヘルメスが悪夢を見せて殺してしまっていますから、普段のような暴騰はしていないのですよね。

 それにしても、恐怖のあまり死んでしまうような悪夢とは、いったいどのような夢なのでしょうね。

「自称聖女の従姉に誑かされた婚約者に婚約破棄追放されました、国が亡ぶ、知った事ではありません。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く