話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自称聖女の従姉に誑かされた婚約者に婚約破棄追放されました、国が亡ぶ、知った事ではありません。

克全

第16話:慈母聖女4

 母上が聖女になる決意をしてくださってから二カ月。
 ブゼル大荒野は劇的な変化を見せました。
 私の商会が大陸中から集めていた種の一つを使って、茶色かった荒野を広大な緑の大草原になったのです。

「慈母聖女様じゃ、慈母聖女様が来てくださったぞ」
「おお、おお、おお、御尊顔を見ることができた」
「ひかえろ、慈母聖女様を立ってみるなど失礼過ぎるぞ」
「土下座じゃ、土下座するのじゃ」

 私が噂を広めた事で、母上に聖女の地位は盤石になりました。
 この能力がヘルメスはら得られたモノなら少々複雑な気持ちになります。
 でも実際に役に立つのなら使わないという選択はありません。
 使えるモノは親でも使えと前世では言われていました。
 それに、それで不幸な民が救われるのなら母上の納得してくれます。

「おばあさん、何か困っている事はありませんか。
 食べ物に困っていませんか。
 住む家に困ってはいませんか」

「おお、おお、おお、ありがとうございます、慈母聖女様。
 以前と比べればまるで天国のようでございます。
 もう飢えることなく毎日美味しいミルクとパンを食べることができます。
 冷たい夜つゆやすきま風に震える事もなくなりました。
 悪人の暴力に怯える事もなくなりました。
 全部慈母聖女様のお陰でございます」

 このおばあさんの言う事が貧民や難民の総意なのでしょうね。
 元からの領民はそれなりの生活をしていましたが、母上が救われた民はその日の食事にも事欠く人達がほとんどでしたからね。
 悪人の暴力というのは領主や配下、犯罪者ギルドの連中でしょうね。
 領主や配下は防いでいますが、犯罪者ギルドは気にしていませんでした。
 直ぐに調べさせないといけませんね。

(それは気にしなくていいぜ、全部俺が追い払っていたからな)

(また貴男が勝手に手出ししたのね。
 いったい今度は何をやったのよ)

(何怒っているんだよ、我が愛しの聖女セシリア)

(余計な事を言ってないで自分がやらかした事を言いなさい。
 犯罪者ギルドにどんなことをやったの、嘘偽りは許さないわよ)

(我が愛しのセシリアに嘘をつくわけがないじゃないか。
 それに別に何もやっていないよ。
 盗人と賭博の神としてやっていい事とやってはいけない事を、夢の中で伝えたやっただけだよ)

 そうでした、ヘルメスは盗人と賭博の神でもありましたね。
 それに夢の中に現れて人を意のままに操る事もできたのでしたね。
 そんなヘルメスなら、犯罪者ギルドのいる信者を使って私達にちょっかいを出させなくするくらい簡単な事でしたね。

(それくらいならいいけど、まさか夢の中で私の事を自分の聖女だと言ったりしてないわよね!)

(……)

「自称聖女の従姉に誑かされた婚約者に婚約破棄追放されました、国が亡ぶ、知った事ではありません。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く