話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

私(わたくし)、ヒュドラになりまして。

オオタ タク

第6話 ゴリ

凄い加速度で落下してる。
迫ってくる白い塊はモフ毛玉でしたー!
何ソレ?

「ドォォォォオオオンッ―――!!」
オハズカシイ。おっきな体ですもんで。

記憶的にダメージ感じてしまってたけど、
現実的には全くと言っていいほど
衝撃は通っていない。マジノーダメ。
この高さから喰らってないなら、
常時スター状態なんじゃね?
ヤッタ~!強キャラ確定!!
生存確率上がりまくりよっ!

あっ、忘れてたわ。白いの。
慌てて視線を向ける。
そこには、2足歩行でズングリムックリな…

“でっかいゴリラが立ってた。”

間違いなくゴリラ。
紛う事なくゴリラ。
これはゴリラ。
ゴリラ of ゴリラ。

しかもでかい。普通じゃない。
私の体高(首・頭除く)より頭一つ高いって事は
体長70~80m近くあるんじゃね?

うん、キン○コン○とか
ウル○ラ怪獣とかかな?
でも、印象は怖いと言うより、
優しい感じをツブらな瞳で演出してる。

ゴリラは何も言わずに
ジッとこちらを見ている。
仲間になりたいのかな?

「えっと。どちら様ですか?」
沈黙に耐えかね、つい声をかける。

すると、すぐさま
「いや、こっちのセリフだから。
向こうの山で一休みしてたら
急に黒い塊が山から飛び出てきてさ。
転がってったからビックリしたよ。」
との返答がある。

白い塊に黒い塊よばわりされました。
因果応報。驚かせてゴメン。

ん?向こうの山?山っつった?
周りに山ないよね?ずっと森だよ?
遥か遠くに霞がかった奴があるけど、
まさかアレの事じゃないよね?

不自然な内容に真偽を問おうとした時、
逆に意外な質問を投げかけられた。

「多頭竜っぽいけど、
竜じゃなくて蛇に近いよね。
ヒュドラかな?
お兄さん?お姉さん?性別は?」

ガーンだな。
とうぜん男だと思い込んできたが、
女の子!そういうのもあるのか。

特段ウソをつく必要性も
感じなかったので正直に

「男だと勝手に思い込んでたけど
もしかしたら女の子かもですね
蛇なら中性ってのもあるかも。」
と、適当に返す。すると、

「フーン。」
と、さほど興味なさそうに
相槌をうったゴリオは、
腕組みしたまま徐(おもむろ)に
私の右側面に回り込む。

その動きを見て『何してんのコイツ。』と
思いながらも傍観していた。
が、次の瞬間、

「フン。」
私に電流走る。
前置きなしの左フックがフルスイングで
どてっ腹に叩き込まれていた。

「ギャッ!!」
うっそやろコイツっ!
いきなりレバ撃ち
【肝臓(レバー)を拳で撃ち抜く】
して来やがった!!
イカレてんのか!

「何してんねん!!」
当然の抗議を浴びせるが、
本人はシラをこき

「女の子じゃない?
『ギャ』って言ったから。
男なら『ガッ』とか『グワッ』とか
言うんじゃない?」
と、勝手な論を講じる。

知るかバーカ!
殴った件は放置かよ!
先ずはソコだろっ!
土下座しろ!土下座!!

それに、なんだその判定基準は。
ちゃんと考えろよ?
男の子だって『ギャ』ぐらい言うだろっ!

測定方法がワンパンって、
DQN(ドキュン)の権化かお前は。
しかもその判定結果は、
お前の勝手な妄想だろうが!

はい、ヤバい奴特定しました。
ブロックします。ゴリラはNGです。

物理攻撃効かないとはいえ、
知識として痛みはイメージできてしまうし、
そもそも見ず知らずの相手に出会って数分で
消える高速パンチを叩きこんで来る
おバカさんとは速攻でおサラバよ。

「あっ、もうダイジョウブでーす。
アザっした~。」
流れるように
ク○イジーでサ○コなゴリラから
離れようとするが、

痛いゴリラはさも当たり前の様な
ツラしてついてくる。

”何としても撒かなければ”

この時点で私は
麻痺毒や昏睡毒の事を考えていた。

「私(わたくし)、ヒュドラになりまして。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く