話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

私(わたくし)、ヒュドラになりまして。

オオタ タク

第5話 完全なるパワープレイ

ちょっぴり心が折れかけてるけど、
やっぱ、どうしても外に出たい。
寝返り一つ打てない場所で
身動きとれないのは
置き物と大差ないと思うんすよ私(わたくし)。

あっ、“わたくし”って一人称は
品があっていいな。
唐突に自我が目覚めたから
人柄やら言葉遣いやら
精神的に安定して無かったんすよね。

そんな私が先ほどの魔法実験を受け、
新たに拵(こさ)えた脱出計画は三つ。


1.毒針を小島に敷き詰めていって高さをだす

2.粘毒を少しずつ小島の上で固めていって高さをだす。

3.首を放射状に広げて壁につっかえ、
4から5本を交互に上下させ攀(よ)じ登る。

うーん、1番か2番っすね。
3番は勢いよく毒魔法を打ち出してる際に、
偶然かなり首が伸びる事に気が付いただけで、
曲芸みたいな事すると首痛めそうだし、
単純にキツそうなんでやりたくない。
まっ、最後の手段つーか、
基本3番は無しっすね。

そして、この後私は痛感するんす。
”フラグ”っていう存在を。

さっそく1番,2番を実現するため
実地検証に勤しんでみたんすけど、
まー、
針はバラバラと纏まらないわ、
粘毒はグチャグチャで固まらないわ、
で、あえなく失敗。笑えない。

合わせ技で針を粘毒で固定しようとしたんすけど、
粘度高くても凝固はしなかったんで、
体重支えられる程の強度は出なかったんすよね。

試行錯誤を繰り返すも
小島が散らかるだけで一切ダメ。
マジお手上げ。

あぁ、なんてこったい。
最後の3番しか残ってないジョノイコ。
とりあえず伸ばした首が全て壁に届くのか…。
出来ましたよ普通に。

だから私は、「フラグだったなぁ。」と、
迂闊な発言を自虐的に後悔しつつ、
溜息交じりに登頂開始したんす。



伸ばした頭を頂点にして線で結んだら
見事な正九角形ができるほど
均等な感覚で放射状に広げていく。
いくら首が九つあるとはいえ、
伸ばした状態で全体重を支えるのは
かなりきつい。

それでも1,8-4,5,6と2,3-7,8の組み合わせで
対角線上にセットをつくり交互に動かす。
体を気持ち下げては反動をつけて跳ね上げ、
より高いポジションの手がかり(頭がかり?)
を確保していく。

胴体は2足歩行のような姿勢となり、
ぶらんとだらしなく垂れ下がる格好。
まるで蜘蛛の巣の真ん中に付けた錘の様な状態。
そうやって必死に少しずつ吊り上がっていく。

やっぱ九つの首を支えているだけあって、
丸々とした胴体は

「かなり重ぉぉぉぉい!」
「いかんでしょ、コレ。厳(いか)ついって。」
「これで上までいったら壁に額が研磨されて、
比喩なしに“つるつるデコ助野郎”になってまう!」

そんなこんなで愚痴りながらも
一気に駆け上がっていく。
ここまで、首だけじゃなく頭部にも
かなりの負荷がかかってる筈だが、
脳への圧迫は一切感じない。

もしかして、頭自体には脳みそないんじゃね?
目や口の器官としての役割ってだけで…そりゃそっか。
ヒュドラって首切られても異常な再生能力で
また生えるんだっけ。
そんな部位にブレインあるわけないよね?
めっちゃ天然だわ。恥っず。

さらに登り9合目まで辿り着いた時に事態は急変する。

「うぉぉぉぁぁぁぁあああ!
やっべぇぇぇっっっえええ!!
めっちゃプルプルしてる!!
めっちゃプルプルしてるやん!クビ!!
おっも!急にメチャ重!!
もう体感100倍ぐらいなっとる!
あと少しなのに!もうちょっとなのに!!
もうあと先っちょだけ!先っちょだけだから!!
上がれ!!上がらんかぁぁぁぁあああ!!!」

可動限界は目前。
半数の首だけで支える余力はもう無い。

だけども、諦めたくないんす。
ここまで来れば絶対に成功させたいんすよ。

苦肉の策で9本の頭を壁に着けたまま、
反動付けて無理やりズリ上がる。

「フスっ!フスっ!フスっ!フスっ!フスっ!フスっ!」

愚痴はもちろん
軽口も叩けない。
出せるのは執念の唸り声だけ。

「ダァァァっっっス!!。」

なんとか崖の上限一杯まで到達すると、
その勢いのまま片側4本ジャンプし、
残りの5本を何とか縁にフックする。
直ぐに全部の首で尺取り虫のように前進する。

そして、最後の気力を振り絞り
胴体の前足もかけて体を外に放り出す。

死闘の末、ついに私は牢獄からの脱出に成功した。

「登ったどぉぉぉおおお!
どやさぁぁぁぁあああ!!」

急斜面を転がり落ちながら
私は嬉しさのあまり絶叫していた。

改めてヤバかったす。
外は急勾配(きゅうこうばい)の山だったけど、
もし、場所が平地に造られた
落とし穴形式だったら終了だったす。

何故ならココら一帯ツルツル鉱石で出来てんすもん。
さらにツイてたのは外側がゴツゴツの岩肌だったんで、
頭を引っ掛ける取っ掛かりがあったんすよ。
内側は真っ平だったんで同じなら危なかった。

とにかく安堵して山の斜面を
ゴロゴロ転がってたんすけど、
落ちてく所のそばに違和感を感じたんすよ。

裾野に森が広がってるんすけど、
緑色の中に不自然な白い塊が見えたんす。

“おわかりいただけただろうか。”

3カメさんはその姿をバッチリ捉えていた。

「私(わたくし)、ヒュドラになりまして。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く