話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

私(わたくし)、ヒュドラになりまして。

オオタ タク

第3話 おっ?詰んでね?コレ。

弱り目に祟り目ってのは
良く出来た言葉ですね。
ようやくヒュドラである事実を
飲み下せたと思ったら、
今度は置かれた状況で
さらなる追い打ちを
かけてくるんですもん。


周りは正円かってほどキッチリ丸く、
淡い紫色した見事な毒池。

“池”って言ったのは
景観がそこそこ良いからで、
毒以外の露出部分は透明感のある
煌(きら)びやかな鉱石だから、
“沼”って印象を全く受けない。

その中央にある
これまた正円の小島に自分がいて、
周囲は“池”に囲まれてる。
この小島は誂(あつら)えた様に平坦。

まるで、つるピカ頭の
眉間に六つ痣(あざ)がある、
オレンジの道着を着た人が
気○斬とかいう技で
水平に整えたよう…。

広さは自分の体より一回り大きくて
ギリギリっちゃギリギリ。
池の外周はそのまま反り立つ
断崖絶壁になっており、
体感300m級がそびえ立ってる。

全体の形状を例えるなら、
伊豆諸島にある青ヶ島の二重カルデラに
毒を溜めたイメージに近い。

でも自然に出来たというよりは
人工的に造られたって感じの均一な造り。

小島から外壁までの距離も
等しく100mぐらいあって、
デカい図体のお陰で
そこまで距離は感じない。


まぁ、置かれた環境は
ざっとこんなモンですかね。
改めて考えると、
完全に詰んでんなコレ。
池の底が見えないから
外壁に近づけるかさえ微妙だし…。
自分が国家や大陸単位で
組織的に封印くらってるまで
あるわぁ。コレ。

とりあえず何とかしないと
身動きとれないですから、
しばらく考えて幾つかの
脱出計画を企てた。
思いついた案は以下の三つ。

① ヒュドラだったら
   毒液無限に生成できる?
   それを池に溜めていって
   嵩(かさ)増しすれば、
   いつか自分の体も持ち上がって
   崖の上まで辿り着けるやん!
   でも、浮かない体だったら
   溺れて一発お陀仏作戦。

② 外壁や小島の素材は濃い紫色だが
   水晶みたいで簡単に割れ易そうだから、
   物理的に砕いて穴をあけていく。
   さらに削って崩った破片が池に溜まって
   足場になったら悠々歩いて壁抜けれるやん!
   でも足の裏に鉱物の欠片が刺さったら
   大怪我するかも作戦。

③ 何とか外壁まで辿り着き、
   頭突きで壁に穴を開けながら
   ロッククライミング形式で
   崖の上まであがる
   (四つ足では短すぎて多分無理)。
   スポーティーだから体力づくりにも
   健康にもいいやん!
   でも頭にパンチドランカー的な
   後遺症が残るかも作戦。

一番現実的なのは②っすかね。
①は浮いたとしても毒を溜めるのに
時間がかかり過ぎるし、
③は脳みそヤバい。

とりあえず、
池底に足が着くかだけでも
検証する価値はあるかも。
外壁まで容易に近づけるだけで
格段に難易度は下がるはず。
試しにできる所まで池に入水して検証しよ。

恐る恐る後ろ脚から慎重に
毒へと浸かっていk…
《ズリっ!》
思いっきり滑りコケて腹打ちを喰らう。

「ぐふぅ!」

そのままズルズルと池へ自由落下していく。

「うっそぉ!ギャーーーッッ!!落ちる!
 尻(ケツ)からズリ落ちる!!」

その瞬間、
反射的に首を伸ばして小島の縁へ
辛うじて頭を引っ掛ける。

「全然とどかへん足!ぜんぜんやん!
 体もぜんぜん浮かへんやん!!」

毒池は底深く、後脚で着地点を探ろうが
掠(かす)りもしない。
ジタバタと首や前脚で藻掻(もが)いた後は、
命からがら元居た場所へ滑り込む。

「ヒューッ!あぶなっ!落ちたら終わってたわ!
 諦める前に試合終了するトコだわ!!」

脆いと思われた鉱石部分は、
水晶の様な質感を放ってやがるクセに、
『摩擦係数0か!』ってぐらい滑るうえ、
巨大獣の爪をもってしても
傷ひとつ付かないほど硬かったのだ!
硬度高すぎじゃろがい!!ふざけんなっ!!!

脆かったら脆かったでヤバかったけど、
見た目に反してマジ固すぎない?
何すかコレ?

オリハルなんちゃらとか、
アダマンなんちゃらとか、
ヒヒイロなんちゃらとか、

そういう妄想いっぱい夢いっぱいの
鉱物なんじゃないのコレ?

放心とも落胆ともつかない感情が心に蔓延し、
『ぽかーん。』という擬音が耳元で響く中、
爪で壊れない鉱石、
足が届かない池、
体が浮かない毒
のせいで
とりあえず全ての望みが絶たれた所でもうダメ。
お疲れ私。

「私(わたくし)、ヒュドラになりまして。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く