話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Bluetoothで繋がったのは学校1の美少女でした。

穂村大樹

第71話 気持ちの変化

修学旅行というイベントを気楽に過ごす予定だった俺は結局忙しない時間を過ごしていた。

時刻は日付を跨いで午前1時。風磨との晩酌を終えた俺はベッドに寝転がりながら頭の後ろに両手を回して考え事をしている。
風磨と2人晩酌を楽しんでいたとき、風磨に突拍子もない質問をぶつけられた。

「祐奈ちゃんのこと、好きなんだろ?」

この質問に対して俺は「はい」と返事することも「いいえ」と返事をすることも出来なかった。

風磨にそう聞かれて思い出したのだが、俺は楓の事で悩んでいたんだった。

『祐となら結婚しても良いかなーって思うよ』

楓にそう言われた俺は楓の事が頭から離れなくなっている。
それを思い出した俺は頭の中が一杯になり考えがまとまらない。

電気は消灯し暗くなった部屋の中、カーテンの隙間から差し込む電灯の儚い灯りさえも邪魔に感じて目を瞑る。そうする事で考え事が捗った。

俺は今まで恋愛に興味を持つことは一切なかった。興味を持つ事がなかったと言うよりも、自分には恋愛なんて程遠い話だと諦めていたと言う方が正しいだろう。

しかし、今日の風磨と花宮を見て俺も同じように恋をしたいと感じた。
俺が学校生活を過ごして行く上で女子とあまり関わりを持とうとしなかったのは、アニメ好きな男を好きな女子なんていないと思っていたから。

しかし、改めて考えてみれば俺のそばにいる2人の女の子、祐奈と楓はどちらもアニメが好きだし、楓に至っては本物の声優だ。

そうなると、アニメ好きな男子を好きな女子なんていないという理由で恋愛から遠ざかる必要は無いのではないかと思った。

まあ仮にアニメ好きと言う欠点が無くなったからと言って、自分が付き合えると思っているほど自分に自信はない。

楓に、祐となら結婚しても良いかなと思う、と言われたときは嬉しかった。

しかし、大人気声優の日菜と付き合ったり結婚するなんて現実的にあり得ないし、恐れ多いと思い恋愛に発展することはなかった。

だから俺は最近祐奈のことを意識するようになっていたのだろうか。

今回の修学旅行ではアニメの聖地巡礼でも出来れば良いと考えていたが、風磨と花宮に感化された俺は恋愛をしたくなっている。

あぁ恋愛がしたい。恋愛がしたいよぉ。

とは言っても祐奈が好きなのか、楓が好きなのか、答えが出せていない自分には恋愛をする資格なんてないと思う。

今までなら考えなかった恋愛の事を考えさている間に疲れ切った俺はいつのまにか眠りについていた。

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く