話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄戦争

克全

第25話

「随分と剣術が盛んね」

「はい。
ここの領主、キラン・バーン子爵家は、はぐれ魔獣の討伐で武名を上げた、剣が得意な騎士上がりの子爵です」

「聞いたことがあるわね。
オキャラン王家が主導したはぐれ魔獣の討伐で、常に先陣を切っていたと言う、猪突猛進の騎士だよね。
でも騎士から子爵とは、凄い出世ね」

「はい。
我がギャラハー王家が常に魔獣退治で活躍しておりますので、対抗するのに英雄が必要だったのでしょう。
キランの名が広まるように御膳立てした、芝居のような討伐でございます」

「モアには何か含む所があるようね。
詳しい事情を教えてくれる?」

妾達が立ち寄った貴族領では、盛んに剣術の訓練が行われていました。
その激しさは、少々のケガなど恐れていないかのようでした。
正直のこの地の領主を評価していたのですが、モア・オフラハーティには何か遺恨があるようで、表情にも言葉にも険がありました。

話を聞くと、それも仕方がないモノでした。
剣に誇りを持つ者。
貴族士族であれば、絶対にやってはいけない事。
それを平気でやり、立身出世の糸口にしたのがキラン・バーンでした。

モアのオフラハーティ家と、キランのバーン家は、共に皇家に仕える騎士家だったそうです。
普通の騎士家は、剣ではなく槍を主力にします。
騎士の誓いでは剣を捧げますが、実戦では間合いが大切なので、少しでも長い武器が有利なのです。

ですがオフラハーティ家とキランのバーン家は、馬上でも剣を主戦力とする珍しい家だったそうです。
その珍しさが、剣の誓いと相まって、オキャラン王家のイーハ王の目に留まったそうです。
そこで、イーハ王の前で御前試合をする事になったそうです。

最初モアの父ダラ・オフラハーティは、イーハ王の命に逆らったそうです。
ダラ・オフラハーティは、自分の剣は皇帝陛下に捧げたモノで、いくらオキャラン王家のイーハ王の命であろうと、酒席の座興にされるのは我慢ならんと言い放ったそうです。
誇り高きことです。

ですがキラン・バーンは、これを出世の好機と考えたのだそうです。
事もあろうに、まだ幼かったモアを誘拐して、人質に取って勝負を強要したのです。
しかもわざと負けろと脅したのです。
卑怯極まりない事です。

産後の肥立ちが悪く、モアを残して母親は亡くなっていました。
祖父は魔獣との戦いで名誉の戦死を遂げていたそうです。
祖母は祖父の死に気落ちしたのか、祖父を追うようになくなっていたそうです。
モアは、ダラにとってただ一人の肉親だったと言うのです。
そんなモアが人質に取られて、ダラがまともに戦えるわけがないのです。

「婚約破棄戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く