話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄戦争

克全

第22話

イーヴィンが使った矢の鏃は、鏃の部分が二股になってる、狩猟用のモノです。
大雁股と呼ばれる、手の平くらいある大きな鏃で、別名頚落としと呼ばれるほどの鏃なのです。
その矢を使って、狙って子爵の腕を射落としたのです。

イーヴィンの腕前を見た者は、逃げようとは思わないでしょう。
背中を見せた途端、矢で頚を射落とされてしまいます。
もはや誰も何も言わず、一歩も動かないです。
ただ、痛みに泣き叫ぶオハラ子爵の声が響くだけです。

「問答無用。
キアン・オハラとスミス・ドゥリスコルを連れてこい。
さもなくば、この城にいる者を殺し尽くす。
武舞姫の異名に誓って断じて行う!」

人は卑怯なモノです。
今迄散々キアン・オハラとスミス・ドゥリスコルに媚びへつらっていた家臣達が、今度は姫様に媚びへつらい、オハラ子爵、キアン・オハラ、スミス・ドゥリスコルに襲い掛かりました。

ドゥリスコル一族は抵抗しました。
私が姫様の嬢子団に加わっている以上、絶対に許されないと思ったのでしょう。
死に物狂いで抵抗しました。
ですが、相手になる訳がないのです。

私達は猛獣とも言えるギャラハー馬にまたがっているのです。
馬上の騎士と徒士では全く勝負にならないのです。
実力以前の問題で、馬上の騎士が圧倒的に有利なのです。
その上で、実力も段違いなのです。

姫様を護る嬢子団は、コナン王が姫様の為に厳選した一騎当千の戦士です。
忠誠心は当然の事として、どれほど名門の譜代家臣家の出身でも、実力の伴わない者は入団が許されないのです。
一方私のような訳有りの流れ者でも、実力を認められたら幹部に登用して頂けるのです。

そんな嬢子団に、父上亡き後に腐ったオハラ子爵家の者が、敵う訳がないのです。
ですが、腐った者同士の戦いは無様です。
命惜しさに、へっぴり腰で戦うのです。
見苦しい事この上ありません。

「ベイタ。
正々堂々と一騎討ちをやりなさい。
立ち合いは私達がやってあげます」

「ありがとうございます」

「許してくれぇぇえ。
私じゃないんだぁ。
家臣達が勝手にやった事なんだぁ。
私は悪くないんだよぉ」

「情けない奴です。
構いません。
かかって来なければ嬲り殺しにしなさい」

「はい」

キアン・オハラとスミス・ドゥリスコルは、情けなくも地べたに這いつくばって言い訳しています。
しかし、そのようなたわごとを聞く必要はありません。
父上様、母上様、弟妹の敵を討つために、ただでは殺しません。

「婚約破棄戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く