話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄戦争

克全

第21話

「先ずは馬鹿殿を成敗しましょう」

「「「「「は」」」」」

姫様が私の為に嬢子団を動かして下さいました。
嬢子団の皆も、喜んで手伝ってくれます。
有難い事です。
全軍一団となって、オハラ子爵家の城に乗り込みました。

城門を護っていた兵士も、強大なギャラハー馬が怒涛の勢いで攻め込んで来るので、城門を閉めるどころか、逃げる事も出来ずに、その場で腰を抜かしていました。
よく見れば、小便を漏らしていました。
情けない事ですが、当然とも言えます。
それほどギャラハー馬が突撃してくる姿は恐ろしいのです。

我ら嬢子団の勢いは凄まじく、三ノ丸の城門を突破した勢いのままに、二ノ丸の城門も通過し、唯一閉じられていた本丸の城門は、ギャラハー馬の蹴りで粉砕して突破しました。
この頃になって、ようやく城内の兵士も私達に気が付いたようで、それこそ蜂の巣をつついたよう騒ぎになっていました。

「何者だ!
ここをオハラ子爵家の城だと知っての狼藉か!?」

「わらわはギャラハー王家の第一王女、マカァ・ギャラハー。
ベイタ・ドゥリスコルから話は全て聞いた。
貴族の誇りを失ったオハラ子爵家を成敗に参った。
いざ、尋常にベイタと立ち会え」

「御待ちください!
ベイタは家族の訃報を聞き乱心したのです。
卑怯な行いをして、イーとその家族を殺した者達はこの手で成敗いたしました。
ドゥリスコル家に関しても、一族の者を取り立てて跡を継がせております。
ベイタから何を御聞きになられたかは存じませんが、マカァ姫に責められるような事は一切ございません」

「ならば、キアン・オハラは斬り殺したのだな」

「何故でございますか。
キアン・オハラは我が後継ぎでございます。
イーとの一件には何の関係もございません。
何よりベイタはキアンの側室でございます」

「戯けが!
わらわが何も調べずにここに参ったと思っているのか?!
ギャラハー王家の力を使い、全て調べ尽くしておる。
そしてここに生き証人もおる」

姫様の御言葉と共に、拷問を受けて全てを自白した者達四人が、馬から突き落とされて転がり落ちた。
その姿はまるでボロ雑巾だった。
ここまでの拷問を姫様がするとは思わなかったのだろう。
その場が水を打ったように静かになった。

「姫様。
脅迫は勿論、拷問をして口にさせた事など、証拠にはなりませんぞ。
ベイタの事は悪いようにはしません。
私に御任せ下さい」

「わらわの大切な嬢子団の一人を、貴様らのような卑怯卑劣な腐れ外道に渡せと言うのか?
馬鹿を申すな!
やりなさい」

姫様の命を受けて、イーヴィンが得意の強弓を放ちました。
弓は狙い通りブライアン・オハラ子爵の右腕に当たり、上腕を半ばから切断しました。


「婚約破棄戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く