話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄戦争

克全

第3話

アイル皇国は千年の歴史を誇る大帝国だった。
多くの分家王家や属国王家が臣従する大帝国だった。
だが千年の歴史は、皇国を腐敗させ弱体化させた。
近年では諸王の力が皇家を圧し、政を壟断するほどだった。

だが、流れが変わった。
オシーン皇子が誕生して以来、皇家に忠義の心が戻ってきた。
オシーン皇子とギャラハー王家のマカァ姫の婚約が交わされてからは、イーハ王の権勢に動けなかった心有る騎士や徒士が、表立って皇家の為に働きだした。

まだ幼いマカァ姫は、オシーン皇子の魔獣討伐に同行するようになった。
当然マカァ姫の侍女は勿論、ギャラハー王家の騎士や従士も参加するようになった。
特に騎士は、雄大なギャラハー馬に騎乗した。
それは皇家の馬よりも立派だった。

マカァ姫は、自分の馬よりもオシーン皇子の馬の方が小さい事を、とても心苦しく思った。
そこで皇都にるギャラハー馬の中で、一番立派な馬をオシーン皇子に譲ることにした。
だがこれがひと悶着起こす事になった。

「こんな立派な馬はオシーンにはもったいない。
余がもらってやる。
どけ、下郎」

第二皇子のルアンが、むりやりマカァ姫がオシーン皇子に送った馬を奪おうとした。
これが馬丁を激怒させた。
馬丁は、ただ者ではなかった。
ギャラハー王家の第二王子ケビンだったのだ。

ケビンは大兵剛力の戦士で、ハルバートの名手だ。
可愛い末妹が、婚約者のオシーン皇子に贈った大切な馬だ。
何かあってはならないと、自ら納入に当たっていたのだ。
それを奪おうとしたのだから、怒らせないはずがなかった。

ギャラハー王家の者は武骨な者が多い。
例え相手が誰であろうと、武人の面目の為なら、地位に関係なく戦う。
相手が皇家であっても平民であっても違いはない。
皇家の皇子でろうと手向かうが、同時に平民とも正々堂々と立ち合うのだ。

そんなギャラハー王家のケビン王子を、ルアン皇子が馬鹿にしたのだ。
許す訳がないのだ。
ルアン皇子はボコボコにされた。
今迄は権力を笠に、全て思い通りに振舞ってきたが、初めて殴られ、意識まで失った。

目が覚めたルアン皇子は、馬丁を出せと、王都のギャラハー王家屋敷に向かった。
自分だけでなく、後見のイーハ王にも援軍を依頼した。
城門前で喚き散らすルアン皇子に、コナン王とケビン王子が現れた。

「ギャラハー王家がオシーン皇子に贈ったギャラハー馬を、むりやり奪うなど、喧嘩を吹っ掛けたも同然。
その喧嘩、買わせてもらおう」

コナン王はイーハ王に白手袋を顔に叩きつけた。
ケビン王子はルアン皇子に白手袋を顔に叩きつけた。

イーハ王は恐れおののいた。
ルアン皇子の乱行は聞いていたが、相手はただの馬丁だと思っていたのだ。
それが、王子では相手が悪い。
しかも、白手袋を顔に叩きつけられた。

一対一の決闘を避ける手立てはない。
いや、武人の面目を潰して、乱戦に持ち込むことは可能だ。
イーハ王に武人の誇りなど塵ほどもない。
だが、勝てないのが分かっていた。

臆病で卑怯な本質が、相手の強さを正確に理解させていた。
王都にいる全勢力を結集しても、今目の前にいるわずかなギャラハー軍に勝てない。
イーハ王は逃げた。
ルアン皇子の馬の手綱を引いて逃げた。

皇帝は、イーハ王が弱気になっている間隙をついてオシーン皇子の立太子の礼を執り行った。

「婚約破棄戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く