話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

婚約破棄戦争

克全

第4話

アイル皇国は千年の歴史を誇る大帝国だった。
多くの分家王家や属国王家が臣従する大帝国だった。
だが千年の歴史は、皇国を腐敗させ弱体化させた。
近年では諸王の力が皇家を圧し、政を壟断するほどだった。

一時は名声を堕としたイーハ王だったが、得意の権謀術数と、皇家とギャラハー王家が力を持つ事を嫌った、他の王家、大貴族、大臣、中堅貴族まで味方に引き入れるのに成功した。
その上で、オシーン皇太子を脅迫した。
皇太子の地位から降りないと、皇帝陛下の身が危険だと。

自分がやると言う言質は与えず、大貴族が陛下を狙っていると言う。
内乱の危険があると諫言の形をとって言うのだ。
マカァ姫がルアン皇子に狙われるともいう。
マカァ姫に懸想したルアン皇子が、何時マカァ姫を襲うかもしれないと言うのだ。

マカァ姫を護るためには、皇太子の地位から降り、婚約を解消して、大魔窟に隠棲する方がいいと諫言するのだ。
そうすればマカァ姫は本国に帰るから安全だし、皇帝陛下も天寿を全う出来ると言うのだ。
そしてなりより、マカァ姫を取り合う内乱が起こらないとまで言うのだ。

早い話が取引だった。
オシーンの命まではとらない。
皇帝陛下を殺さない
マカァ姫を襲わない。
内乱は起こさない。
その代わり皇帝の地位をルアン皇子に譲れと言うのだ。

ばかばかしい話だが、権力闘争をマカァ姫の奪い合いと言う、下世話な争いにすり替えて、自分達の謀叛を隠そうとするのだ。
その方が民には面白おかしく伝わり、皇位継承と権力闘争と言う、自分達の悪事を史書から消せるとか考えたのだ。

オシーン皇太子は熟考した。
思いつく限りの策を考えた。
皇帝陛下は勿論、コナン王とマカァ姫がどう動くかも考えた。
長年かけて育てた側近にも相談した。

側近の中には、戦えば勝てると断言した者もいた。
親衛騎士団・近衛騎士団・一般騎士団の七割と、コナン王率いるギャラハー騎士団が味方すれば、必ず勝てる断言した。
オシーン皇太子も勝てるだろうと考えた。
だがその時は、多くの民が巻き込まれて死ぬとも考えた。

側近の中には、暗殺すればいいと言う者もいた。
確かに可能かもしれないと、オシーン皇太子も考えた。
だが同時に、それでは今迄と同じだとも考えた。
皇帝の地位を暗殺と言う安易で暗い方法で手に入れたら、誰もが何時暗殺されるかもしれないと言う疑いを持つ。

それではコナン王とギャラハー王家が離れるともかんがえた。
だから、一番民の犠牲が少なく、正史に堂々と書き記せる方法を取ることにした。
オシーン皇太子は、父である皇帝陛下と、義父となるコナン王を信じた。
誰よりも、妻となるマカァ姫を信じて皇太子の地位を降り、大魔窟に赴いた。

「婚約破棄戦争」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く