話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。

克全

第53話

「アシュラム様。
どうか私の夫になって下さい。
この国を御護りください」

「急にどうしたのです。
何かあったのですか?
正直に全て話して下さい。
そうすれば本当に必要な手助けが出来ます」

「分かりました。
全てを御話しします」

カチュアは全てを正直に話した。
この辺は清廉潔白な性格がいい方に出た。
それを聞いたアシュラムは、自分と従者の水精霊の考えを話した。
それはカチュアの水精霊にも伝わった。
サライダオアシスの水精霊の仲間の間で激論が戦わされた。

あくまでも清浄潔癖を言い立てる水精霊が多かった。
だが中には、ある程度の汚濁は飲み込むべきだと、考えを改める水精霊もいた。
自分に祈りを捧げる人間と共存共栄した事、火竜や下劣人間以外となら、妥協してもいいと考えたのだ。
そんな水精霊の説得に、遂に多くの水精霊も妥協した。

サライダ王国の民は半数に分けられた。
水精霊への信仰心の強い人間は、水乙女のカチュアから、新たなオアシスに移住するように伝えられた。
多くは元々のサライダ公爵家領民が多かった。
残る事を指示された人間は、他領から逃げてきた者が多かった。

当面の食糧は、元のサライダ王国から運ばれた。
岩石地帯から石を切り出し、新たなオアシスの周囲に街を創り出した。
城壁を造り、難攻不落の王城を創りだそうとした。
清廉潔白な新たなオアシス都市を創り出そうとした。
サライダ王国を、二つ以上のオアシス都市を支配下に置く、かつてのゴライダ王国以上の大国にしようとしたのだ。

「アシュラムの旦那。
オアシスの水位が下がっています。
王都に残った民が騒ぎ出しています。
何とかしないと、このままではカチュア姫の後を追って、新しいオアシスに逃げてしまいます」

「大丈夫だ。
皆が力を合わせて水精霊様に祈れば、減った水は補充することが出来る」

「そうだな。
ここに来た頃に比べれば、遥かに力が増している。
元の水精霊の中には、ここに残ってもいいと言う者もいるだろう。
なあ、アシュラム殿」

「ああ、結構な数の水精霊が、ここに残ると言ってくれている。
少しは水位が下がるだろうが、農園に悪影響を与えることはない。
いや、今迄は出来なかった、漁業も可能になるだろう。
我らを守護する水精霊様は、魚を嫌ったりしないからな」

「そりゃ助かる。
水精霊様に守護された国なのに、食べれられる魚が古い干物だけなんて、何の冗談かと驚いていたんだ」

「ジミーは魚料理が食べたかったのかい?」

「ああ、食べたくて食べたくて、毎日夢を見ていたよ」

アシュラム達は色々と今後の事を相談した。

「前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く