話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。

克全

第42話

「侍女頭殿。
姫様とのダンスを許可して頂きたい」

「アシュラム殿でしたね。
今日はドラゴニュートを首を持参したと報告を受けています。
それに免じて、不躾な願いですが、姫様に願いだけは伝えましょう。
ですが、踊って頂けるかどうかは分かりませんよ。
姫様は水精霊様の加護を受けておられます。
アシュラム殿に少しでも邪念があれば、水精霊様が嫌います。
手を触れる事も叶わぬのです。
姫様が嫌った訳ではないのです。
姫様に遺恨を持たないように。
分かりましたか」

「分かっております。
例え御断りの言葉をいただくことになっても、私の言葉を姫様の耳に入れて頂けただけで本望でございます。
遺恨を持つなど、滅相もない事でございます」

「分かりました。
少し待ちなさい」

多くの勇者英雄の中でも、選ばれた者だけが、舞踏会に参加出来た。
ドラゴニュートの首を持ち帰った者だけが、舞踏会に参加出来るのだ。
しかも、カチュア姫にダンスを申し込むことが出来る。
だが流石に直接は許されない。
侍女頭を通さなければならない。

カチュア姫には美醜で男性を選ぶような気持ちはない。
問題は清浄を好む水精霊が、邪心に敏感になっている事だった。
王太子の騒動の直後だ。
水精霊が気難しくなっているのも仕方がない。
だがそれがカチュア姫を護ることになっていた。

建国間もないサライダ王国には、王族は三人にしかいない。
王と王妃とカチュア姫の三人だ。
親族であった、前王家のゴライダ家は全滅している。
遠い一族だった、三大公爵家も滅んでいる。
カチュア姫以外に、サライダ王国を継ぐ者はいないのだ。

東西の大国は勿論、中小諸国も王配の地位を狙っていた。
勇者英雄だけではないのだ。
世界中の王侯貴族が、カチュア姫を狙っているのだ。
王配の地位を狙うだけなら、カチュアが殺される心配だけはない。
だが中には、カチュアの命を狙う者がいるかもしれない。

カチュアが死ねば、サライダ王国に後継者はいなくなるのだ。
血縁のない養子を押し込むことも可能になる。
もっと現実的な方法としては、後継者が必要なキャスバル王に、側室や妾を薦める方法がある。
悪辣な方法を使うなら、自分の子を宿した女を、キャスバル王の側室に送り込むと言う方法もある。

そんな事が起こらないように、城代は細心の注意を払った。
カチュア様を護って下さいと、水精霊様に願い奉った。
水精霊に否やはなかった。
水精霊こそが、誰よりもカチュアを大切にしていた。
だから、少しでも邪心のある者はダンスが許可されなかった。

そんな激烈な条件の中で、アシュラムはダンスを許可された。

「前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く