話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。

克全

第39話

カチュアが寝込んだ事で、サライダ王国は騒然とした。
全ての民が、水精霊様の御加護を失うのではないかと恐怖した。
余りの騒動に、城代は正直に全てを話した。
加えて民を諭した。
もっとドラゴニュートが好むモノを作れと。

人を喰うより美味しい酒造れ。
人を喰うより美味しい羊や山羊を育てろ。
カチュア御嬢様の優しさに甘えるなと。
御嬢様が優しいから、水精霊様の加護を御受けできるのだ。
水龍様の仲裁を得られたのも、御嬢様の優しさの御陰だ。

だが御優しいからこそ、傷つきやすく脆い心を御持ちなのだ。
お前達が御嬢様に頼り切れば、御嬢様は心労で倒れてしまわれる。
現に倒れてしまわれた。
このままでは水精霊様の加護を失うぞ。
またドラゴニュートが跳梁跋扈するぞ。

それが嫌なら、御嬢様の心労を取り除く努力をしろ。
そう叱咤激励した。
民は奮起した。
ドラゴニュートが人間よりも美味しいと思うモノを創り出そうとした。
寝食を忘れて努力した。

だがこの話は、尾鰭が付いて世界中に広まってしまった。
サライダ王国が、美味しい酒と肉を求めていると。
それだけならよかったのだが、ドラゴニュート退治の話まで広まってしまった。
カチュア姫の婿になれると言う話と一緒に。
城代一世一代の不覚だった。

火竜やドラゴニュートと争わないために、民に全てを話した。
なのに、ドラゴニュートを斃そうとする者を集めてしまった。
ドラゴニュートとの共存共栄を願っていたのに。
自分がそれを破るきっかけになってしまった。
城代は責任を取りたかった。

だが、自分以外にサライダ王国を指揮出来る者はいなかった。
死ぬことは勿論、役目を辞する事も出来なかった。
忸怩たる思いで、城代の役目を続けるしかなかった。
だから水精霊様に祈った。
全ての罪を告白して、火竜との間を取り持ってもらいたいと願った。

だが、水精霊と火竜は天敵だった。
一段上の存在である水龍は公平だったが、水精霊は火竜が嫌いだった。
自分を穢した人間の子であるドラゴニュートを忌み嫌っていた。
だから仲裁などしなかった。
むしろ各地の仲間を通じて、ドラゴニュートを退治する人間を集めた。

色んな思いが交錯して時が動いていた。
火竜もカチュアと水精霊の動きを把握していた。
城代の失策も分かっていた。
だが気にしていなかった。
むしろ歓迎していた。

愚かで下劣な人間の種から生まれた子は、可愛いが弱過ぎた。
竜を退治するほどの強い人間の種なら、もっと強い子を産めるかもしれない。
そんな望みを持っていた。
だから強い人間が挑んでくるのは大歓迎だった。
期待外れなら、子供達の餌にすればいいだけだった。

火竜・水精霊・カチュアの望み通り、多くの強者が集まってきた。

「前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く