話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。

克全

第35話

「随分と思い切った事をする」

「水龍様でございますか?
どうか、どうか、願いを御聞き届け下さい」

「駄目だ」

「何故でございますか。
力弱き人の願いでございます。
どうか御慈悲を持ちまして、御助け下さい」

「我から見れば、火竜も力弱きモノだ」

「水龍様から見れば、人も火竜も力弱きモノでしょう。
ですが人間から見れば、火竜は圧倒的な強者でございます。
とても人が対抗出来る存在ではありません」

「それは違う。
人の中にも、我に匹敵するほどの強者はいる。
神に祈る前に、同種の強者に頼むのが筋だ」

「本当でございますか?
そのように強い人間がいるのですか?!」

「いる。
この世界は広い。
竜殺しの人間はいる」

「では、その方を探し出せば、火竜から人を護ることが出来るのですね」

「出来るだろう。
だが、人にはそれほどの価値はない。
我から見れば、人よりも火竜の方が純粋だ」

「そんな!
多くの人が火竜の為に苦しんでおります。
それを純粋と申されるのですか?」

「そうだ。
火竜は生物の本能として、生きる為に弱い者は喰っているだけだ。
子を産み育てる為に、必死で生きているだけだ。
そこに何の悪意もない」

「ですが、それでは、人は救われません」

「当然だ。
人間は救われるには悪辣すぎる。
救われないような我欲と悪意で、同種の人間を虐げた。
そなたの国の惨状も、同種の人間の欲望が原因だ。
火竜の所為ではない。
そもそも人間が精霊を穢さなければ、火竜は何も出来なかった」

「はい。
申し訳ありません。
私と同じ人間の愚かな行いが原因です。
その事、言い訳のしようもありません。
ですがそれも弱いからでございます。
体も心も弱いのが人間なのです」

「それでは言い訳にもならないな。
それを言えば、火竜も数が少ない弱さがある。
子を残したくても、交尾する相手を見つけられない。
だから人との混血のドラゴニュートを産んだ。
それも火竜の弱さ故だ」

「では、このまま人は火竜の子に喰われるだけなのでしょうか。
助けては頂けないのですか」

「依怙贔屓はしない。
火竜にも味方しないが、人にも味方しない。
だが、命懸けの祈りには応えよう。
共存の知恵を授けてやろう」

「火竜と共存できるのですか?!」

「火竜ではない。
火竜の子だ。
火竜の子が人を食べるのは、他に食べる物がないからだ。
精霊に祈りを捧げるように、火竜の子に食べる物を捧げればいい」

「何を捧げればいいのでしょうか?」

「人が減った分、羊や山羊が余っているだろう。
それと、酒を造るがいい。
竜は酒が好きだ。
火竜の子も、酒があれば、人を喰う数が減るだろう」

「ですが、火竜の子が増えれば、また人を食べるようになるのではありませんか」

「ドラゴニュートが増えた分、羊と山羊を増やせばいい。
人が増えれば、酒も沢山造れる」

「あの地で、力を失った精霊様と一緒に、それだけのことが出来るでしょうか?」

「大丈夫だ。
心から祈りを捧げれば、精霊は力を取り戻す」

「御教え有り難うございます。
火竜とドラゴニュート達と、共存する道を探してみます」

「前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く