話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。

克全

第14話

「どうすればいい」
「御任せ下さい」
「そうか。
手があるのだな」
「はい」

王太子殿下が狂気の命令を下して直ぐに、サライダ公爵家城代はその命令を掴んでいた。
常在戦場の城代は、王太子殿下とメイヤー公爵の言動を直ぐに知るべく、手の者を送り込んでいたのだ。
まあ今回の場合は、愚かな両者が機密保持を行わなかったので、情報が駄々洩れだったのだが。

城代は直ぐに対抗策を打った。
即座に行ったのが、シャーロットに対するカウンター攻撃だ。
国民の誰もが心の底で思っている、シャーロットが王太子殿下の婚約者になったから、水の精霊様の怒りを買ったという噂を流したのだ。

同時に、王太子殿下とメイヤー公爵が地下用水路に毒を流したから、水の精霊様を激怒させたと言う噂だった。
民の心理に沿った噂は、王太子殿下とメイヤー公爵が名目にしている言い分が、嘘であると強く民の心の中に染み渡った。

むりやり死ぬかもしれない戦いに動員される、王太子殿下とメイヤー公爵の領民は、その噂に絶望した。
戦って手柄を立てたとしても、ケチで身分差別をする主人の元では、絶対に報われないのが分かっていた。

しかも、手柄を立てるという事は、水の精霊様の怒りを買う事になる。
そんな事になれば、オアシスの水位が下がるどころか、完全に水が涸れてしまうかもしれないのだ。

それに彼らは知っていたのだ。
先祖代々、言い伝えられてきた禁忌。
オアシスと地下用水路は、騎士や聖職者しか入ってはならない事。
それを王太子殿下が破ったという事実。
雑兵に騎士の服装をさせて、地下用水路を掘らせた事。

自らの行動に恐怖していた雑兵達は、王家の憲兵隊に逃げ込んで、王太子殿下の凶行を証言した。
証言を受けた憲兵隊は心底困惑した。
次の王となる王太子殿下に罪を問う事など出来ない。
だが、逃げ込んだ雑兵の口を封じるのも怖かった。

自分達だけで判断し、責任を取らされる事を恐れた憲兵隊は、宰相府に全てを通報して、丸投げした。
だが、宰相府も困惑した。
臆病風に吹かれたと言ってもいい。
憲兵隊と同じだった。

誰だって自分の身は可愛い。
まして愛する家族がいる者は、臆病になって当然だ。
保身に走る事をなじる事など出来ない。
それは、他の二大公爵家を始めとした、貴族達も同じだった。

そこで、王国も貴族も時間稼ぎをした。
何かと理由をつけて、兵の動員を遅らせた。
実際問題、王国軍も貴族の私兵も、なかなか集まらなかった。
それは当然だろう。
眼に見えてオアシスの水位が下がっているのだ。

誰もが、水の精霊の怒りを買っているのを理解しているのだ。
本当の原因が、王太子殿下とメイヤー公爵である事を理解しているのだ。
それでも彼らに出来たのは、兵の動員の遅延させる事だけだった。

「前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く