話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。

克全

第11話

「殿下ぁ、このままでぇ、宜しいのですかぁ」
「よい訳があるまい。
メイヤーの馬鹿が失敗するから、余まで愚か者と言われているではないか。
そもそもシャーロット、御前がやると言ったのだぞ」

「そうですがぁ、私もぉ、養父がぁ、あれほど馬鹿とはぁ、思いませんでしたぁ」
「まあ、それは分かっているが」
「次はぁ、必ずぅ、成功させないとぉ、殿下がぁ、馬鹿にされますぅ」
「そうだな。
次は絶対に成功させねばならん」

最初は、時間をかけてサライダ公爵家を潰す心算だった王太子殿下だが、シャーロットの誘導で、今直ぐ自分が直接手を下してでも、潰さなければいけないような気になっていた。

側近を使って集めさせた噂が、自分を馬鹿にするモノばかりだったことも大きかった。
シャーロットに誑かされている側近が、王太子の判断を更に狂わしていた。

「直接ぅ、兵を送る前にぃ、火竜の砂漠をぉ、灌漑しましょうぅ」
「なに。
やってくれるのか?」
「殿下の為ならぁ、やって御覧にいれますぅ」
「そうか。
これでまた余の評判が高まるな」

シャーロットは馬鹿ではなかった。
王宮内での言動は、聡明さを感じさせるモノだった。
だが王太子と二人きりで接する時は、愚かで可愛い女を演じていた。
それが、王太子の自尊心を刺激していた。

そんなシャーロットが、王太子の名声を高めるために、灌漑不可能と言われた、火竜の砂漠を更に灌漑させるというのだ。
苛烈な税を課すことで、一時は多くの税を得ていた王太子直轄領も、領民全てが貧困にあえいでいては、税収が農園収入だけになるのも当然だった。

そんな状態で贅沢な生活が出来るのは、シャーロットが創り出した火竜の砂漠の農園があるからだった。
火竜が住むと言う伝説がある砂漠で、建国以来何度も地下用水路が引かれ、灌漑が試みられたが、その都度オアシスの水を無駄にするだけだった。
その火竜の砂漠の灌漑に成功した事が、王太子の収入を激増させ、後継者としての絶対的な地位を築かせた。

第一王子だったから、王位継承権は一位だったし、後継者争いによる内乱を嫌った父王から、早々に王太子に任じられてはいたが、度々愚かな行動をとっていたので、王太子の地位を剥奪する話まで出ていたのだ。
それが、火竜の砂漠の灌漑に成功した事で、劇的に話が変わった。

愚かで癇性な所はあるが、天下国家の大所高所は、理解している方だと言われるようになった。
全ては、シャーロットが成り上がるためにやった事ではあったが、王太子の名声を高めることになった。
今回のメイヤー公爵の失敗によるとばっちりも、更なる火竜の砂漠の灌漑で取り返そうとしていた。

そして名声を取り戻した後で、サライダ公爵家を攻撃する決意を固めていた。

「前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く