話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。

克全

第8話

「閣下!
襲撃犯が捕まりました!」
「ふん。
所詮下民だ。
役に立たなくて当然だ。
だがこれで、腑抜けのキャスバルは震えあがっているだろう」

犯行失敗の知らせを受けたメイヤー公爵は、最初は歯牙にもかけていなかった。
失敗した領民の事など、何とも思っていなかった。
むしろサライダ公爵に恐怖を与えられたと、ほくそ笑んでいたほどだ。
策は謀臣に丸投げしていたので、事の重大さに全く気が付いていなかった。

「閣下、いかがいたしましょうか」
「いかがも何もないわ!
この愚か者が!
地下用水路に毒を流して、タダで済むわけがないであろう!」

「そうは申されましても、私も何人もの仲介人を間に挟んでおりまして、どのような方法を取るかまでは存じておりませんでしたので」
「言い訳など聞きたくない。
さっさと証人を始末しろ」

「はい。
直ぐに手の者を使って、密かに始末いたします」
「さっさとやれ。
一分一秒でも早く、口を塞ぐのだ」
「御意」

メイヤー公爵は馬鹿だった。
公爵として、堂々と犯罪者を逮捕させればよかったのだ。
抵抗するように誘導して、皆殺しにすればよかったのだ。
そうすれば、真っ黒に近い疑いは残っても、証人がいなくなる。

だが、いつもの謀略と同じように、密かに始末をつけようとした。
それでは、即座に軍や警察を動かすよりも時間がかかってしまう。
それに犯罪者ギルドは、身内の結束が固い。
犯罪者の集まりだからこそ、仲間内で助け合わないと生きていけない。

それは、身内以外は信じていないと言う事だった。
特に貴族士族からの依頼は、裏切られる事を前提に受けていた。
その為に最初から、依頼人を殺す事も、アジトから逃げ出す事も考えていた。
今迄は、全ての依頼を成功させて、莫大な利益を手に入れ、犯罪者ギルドを強大にしてきた。

しかし今回の依頼は、成功しても失敗しても、自分達が始末されると確信していた。
王太子と公爵令嬢の婚約破棄騒動は、その日の内に耳にしていた。
今回の依頼が、それと連動している事は、馬鹿でも分かる事だった。
だが、その場で断ることは出来なかった。

その場で断れば、直ぐに刺客が派遣されるだろう。
いや、軍が派遣されると考えたのだ。
それでは逃げる事も出来なくなる。
だからいったん依頼を受けて、時間稼ぎをする事にした。

犯罪者ギルドの身内ではない者を使って、襲撃は行わせる。
犯罪者ギルドの面目にかけて、最凶の方法を使って、襲撃を行わせる。
成功すれば、犯罪者ギルドの名を高めることが出来るだろう。
本拠地を移すことになっても、依頼に事欠くことはないだろう。

メイヤー公爵の手の者が犯罪者ギルドを襲撃した時には、既に犯罪者ギルドの本拠はもぬけの殻だった。

「前世水乙女の公爵令嬢は婚約破棄を宣言されました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く